読書感想文の原稿用紙参考元 http://puti-chiebukuro.com

 

夏休みの課題の読書感想文に悩まされている中学生の方は多いですよね。

 

中学生の多くの方が、

  • 何を書けば良いか分からない
  • 本を読むのが面倒
  • 最初の2~3行でつまずく

などなど挙げたらキリがありません。

 

今、社会人の方々も同じように、中学時代に読書感想文に悩まされてきました。

 

ただ、ちょっとしたコツとヒントがあれば、読書感想文は上手く書けるようになります。

 

そこで今回は、中学生の読書感想文の書き方について、

  • 本の選び方は?
  • タイトルの付け方は?
  • 5つの書き方のコツ

3つに分けて紹介していきます。

 

是非、参考にしてみて下さい。

 

Sponsored Link

 

本の選び方|中学生の読書感想文

本参考元 http://wakuwaku-days.com

 

中学生の読書感想文の一つ目の難関本の選び方について紹介します。

 

中学生の多くが本屋に足を運んでも、どれにすれば良いか結局分からない。

 

中学生の読書感想文の本の選び方は、

  1. 本の主人公と共感できる本
  2. 映画化、漫画化された本
  3. あらずしを読んで、面白いと思った本
  4. 有名人が書いた本
  5. 好きな作者が書いた本

などなど、日常生活の中で比較的、目にする、触れ合う機会が多い本を選ぶことをおすすめします。

 

下記の記事で中学生に、読みやすい本をまとめているので是非、参考にしてみて下さい。

中学生の読書感想文におすすめの本2018|読みやすい本15選!

 

また最近では、Amazonや楽天Booksのサイトで、実際に本を読んだ方のレビューを参考にするのも良いかも知れません。

 

 

 

タイトルの付け方|中学生の読書感想文

読書感想文の原稿用紙参考元 http://chishikibox.com

 

中学生の読書感想文の2つ目の難関タイトルをどうするか?ですよね。

 

タイトルから読書感想文を書く方もいますが、一般的には、タイトルを付けるのは、読書感想文を全て書き終えてからタイトルを付ける事をおすすめします。

 

例えばタイトルの付け方として、

  • 「○○」という本を読んで
  • 作者が一番訴えたかった事
  • 自分が一番印象に残ったセリフやフレーズ

などなど、特に決まりはありません。

 

読んだ本のテーマや内容を、シンプルにタイトルにしても良いですよ。

 

例えば、仲間がテーマの本なら、

  • 友達の大切さ
  • 仲間とは?
  • 友情を築くために必要な事

など、関連した言葉を使う事です。

 

また、夢や未来の話がテーマの本なら、

  • 自分の将来の夢
  • 自分の人生とは
  • 夢を持つことの大切さ

など、自分事に置き換えてタイトルを付けていくと良いですよ。

 

Sponsored Link

 

 

書き方のコツ|中学生の読書感想文

中学生の読書感想文の書き方のコツ参考元 https://s.yimg.jp/

 

それでは実際に、中学生の読書感想文を、どのように書いていくか?説明していきます。

 

書き方の手順としては、

  1. 付箋を貼る
  2. ノートに心情を書き出す
  3. 本を選んだ理由
  4. 本の簡単なあらすじ
  5. 自分が印象に残った事
  6. 感じた事や思った事
  7. まとめ

このような流れで読書感想文を書いていきます。

 

 

付箋を貼る、ノートに書く|書き方1

付箋参考元 http://information-box.com

 

まず読書感想文を書く為に本を読みながら、

  • 付箋を貼る事
  • ノートに気持ちを書き出す

本を読んだ後に振り返り易いように、事前に準備をしておく事をおすすめします。

 

この時、貼り付けていく付箋に、

  • 印象的なシーン
  • 心に残ったセリフ
  • 作者が訴えたい場面

など、一言メモを書いておいて下さいね。

 

 

本を選んだ理由|書き方2

まず、中学生の読書感想文の冒頭には、自分が本を選んだ理由を書きます。

 

シンプルに思った理由で大丈夫ですよ。

 

例えば、

  • 自分の好きな作者だから
  • 表紙と帯に興味を持った
  • 好きなジャンルだから

など、出来る限り前向きな理由にしましょう。

 

そしてこの理由に対して、「何故、そう思ったのか?」という事を書き加えていけば、5~10行程になります。

 

 

本のあらすじ|書き方3

続いての中学生の読書感想文の段落は、本の簡単なあらすじ(ストーリー)を書きます

 

あらすじ(ストーリー)を書く事で、読み手である先生も自分がどんな本の感想文を書くのか?という事を伝える事が出来ます。

 

 

印象に残った事、感じた事|書き方4

続いての中学生の読書感想文の段落は、読みながら付箋を貼り付け、簡単にノートに書きだした内容に沿って印象に残った事とそれに対する感じた事や思った事を書き出します。

 

しかし、感じた事や思った事だけだと、単調な感想文になってしまいますので大切なポイントは、

  • 自分はなぜそう思った理由
  • 自分ならどうするか?
  • 自分の過去との比較

などなど、主人公・作者と自分を比較する事で、質の高い読書感想文になり読み応えのある文章へと変わります。

 

Sponsored Link

 

 

最後のまとめ|書き方5

最後の中学生の読書感想文の段落は、本を読んでどうしていこうと思ったか?という事を書き出していきます。

 

例えば、本を読んで、

  • こんな考え方が出来るようになった
  • こんな目標が出来た
  • この部分を未来に活かしていきたい

など、自分の将来にどう繋げるのか?という事をテーマに書いていく事で、読書感想文がキレイにまとまります。

 

 

こちらの記事を読まれた方は、下記の記事も参考にしています。

中学生の読書感想文におすすめの本2018/|読みやすい本15選

 

 

 

あとがき|中学生の読書感想文の書き方

本参考元 http://chishikibox.com

 

読書感想文を書きあげて、最後に誤字脱字が無いか?を必ず確認して下さいね。

 

また日本語が、おかしな文章になっていないか?等も合わせて確認して下さいね。

 

読書感想文を書くコツは何より、頭で考えすぎないでまずは手を動かして何でも良いので文字にする事です。

 

今回は、中学生の読書感想文の書き方について、

  • 本の選び方は?
  • タイトルの付け方は?
  • 5つの書き方のコツ

3つに分けて紹介しました。

 

是非、参考にしてみて下さい。

Sponsored Link