小学生低学年の読書感想文を書くコツ

参考元 https://cdn-ak.f.st-hatena.com

 

小学生の夏休みの宿題で、多くのお子さんが頭を抱えるのが読書感想文ですね。

 

特に小学生に上がりたての1年生を含めた低学年のお子さんは、どう読書感想文を書いたらいいのか?

 

悩む子も少なくないですね。

 

そんな時に親御さんが、少しヒントをあげたりお手本を見せてあげたりすると、お子さんも読書感想文が書き易くなりますよ。

 

そこで今回は、小学生低学年の読書感想文の書き方について、

  • 準備物
  • 本の選び方
  • 付箋を貼る
  • 4つの文章構成

この4点に分けて紹介していきます。

 

もし、お子さんが読書感想文を、どう書くか悩んでいたらアドバイスの参考にしてください。

 

Sponsored Link

 

準備物|低学年の読書感想文の書き方

読書感想文の準備物

参考元 http://www.kosodate-smile.com/

 

まずは読書感想文を書く前に、準備物を揃えておきましょう。

 

必要な物は、

  1. 鉛筆
  2. 消しゴム
  3. 大きめの付箋(ふせん)
  4. 原稿用紙

この4点をまずは用意して下さい。

 

 

おすすめの作文用紙|小学生低学年

ほとんどのお子さんが学校で、原稿用紙については、提出用の紙を配られていますがもし指定がなく、自分で用意しなければいけない場合はこちらの「作文用紙」がおすすめです。

 

14字×14字で、マス目が大きく、小学生の低学年のお子様でも、とても書きやすくて人気がありますよ。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

本の選び方|低学年の読書感想文の書き方

小学瀬低学年の女の子が読書感想文を書く

参考元 https://moomii.jp/

 

続いて、小学生低学年の読書感想文に重要な事は、本を飽きずに読み切る事ですよね。

 

絵本や児童書などを中心に、

  • お子さんが興味のある本
  • 読みやすくて楽しそうな本

などがおすすめです。

 

どんな本が良いか迷っている方は、下記の関連記事を参考にして下さい。

 

(関連記事)

小学生(低学年)の読書感想文におすすめの本14選

 

もし本に全く興味を示さない場合は、

  • 昆虫
  • 動物
  • 恐竜

などの図鑑の読書感想文でも良いと、されている小学校も多いですよ。

 

ただ図鑑を使った読書感想文は、小学生低学年までで高学年のお子さんはできるだけ、児童書などにしましょう。

 

Sponsored Link

 

 

付箋(ふせん)を貼る|低学年の読書感想文の書き方

付箋6種類

参考元 https://cdn.mamari.jp

 

小学生低学年のお子様が、読書感想文を書く中で難しい事は本を読み終えた時に、

  • 「面白かった」
  • 「よく分からなかった」

など色んな感想が出ると思いますが、読書感想文にしていく為の、読んだ感想を掘り起こす作業です。

 

親御さんからお子さんに対して、

  • 「どこが一番面白かった?」
  • 「どこが、分からなかった?」
  • 「何が一番心に残ってる?」

など、お子さんと会話してみてください。

 

そして子供と一緒に、

  • 印象に残っている箇所
  • 驚いた箇所

付箋を貼っていきましょう

 

付箋を貼っていく際のポイントは、

  • 「一番面白かったところ」
  • 「一番心に残ったところ」

メモを書いて貼っておくと、あとで読書感想文を書くときに、見返しがし易くなりますよ。

 

また、付箋を貼る注意点は、1箇所、または2箇所に絞りあまりにも多すぎると、読書感想文を書く時に困りますよ。

 

 

 

4つの文章構成|低学年の読書感想文の書き方

小学生低学年の読書感想文を書くコツ

参考元 https://cdn-ak.f.st-hatena.com/

 

それでは実際に、小学生低学年の読書感想文を書く作業に入っていきます。

 

まず文章の構成は大まかに、

  1. 題名と名前(2行)
  2. 始まり:本の説明と本を選んだ理由(約6行)
  3. 話の中心:付箋を貼ったの部分について(約15行)
  4. まとめ:感想や今後に活かしたいこと(約4行)

4つに分けて書いていきます

 

また、各項目で段落を分けると、先生も読み易くて印象が良いですよね。

 

 

題名|読書感想文の構成1

小学生低学年の読書感想文のタイトルの付け方

参考元 http://www.city.kakamigahara.lg.jp

 

小学生低学年の読書感想文なので、題名を難しく考える必要はありません。

 

単純に本のタイトルと組み合わせて、題名を付けていきましょう。

 

一般的な題名の付け方は、『「本のタイトル」を読んで』という、シンプルな題名で大丈夫です

 

また、1行目に題名を書くときは、2マスもしくは3マス空けて、題名を書くようにしましょう。

 

そして2行目の下側に、「何年何組と名前」を書きましょう。

 

学校に提出する宿題なので、小学校名は必要ありません。

 

 

始まり|読書感想文の構成2

続いての、小学生低学年の読書感想文の書き方は、文章の始まりの部分です。

 

まずは、

  1. 本の紹介
  2. 選んだ理由

この2点を書きましょう。

 

書き始めは、マスを1マス空けてから、書くようにして下さいね。

 

 

本の紹介|感想文の始まり1

例えば、

  • 私は(僕は)、「〇〇」という本を読みました。
  • この本は、お魚がなかまと海をぼうけんするお話です。

このように簡単な本の紹介で大丈夫ですよ。

 

 

本を選んだ理由|感想文の始まり2

続いて本を選んだ理由を書きますが、

  • ぼうけんのお話がおもしろそうだったので、この本を読みました。
  • むかしお母さんが読んでくれた本だったので、自分で読んでみたいと思いました。
  • 表紙の絵が可愛かったので、この本を読もうと思いました。

など正直な理由を書きましょう

 

小学生低学年の読書感想文に、間違いはないので、本当のきっかけや理由を書いて全く問題有りませんよ。

 

 

話の中心|読書感想文の構成3

続いて、小学生低学年の読書感想文の書き方で、1番重要な部分になります。

 

お子さんが本を読んで、

  • 心に残ったこと
  • 疑問として残っている事

等、思ったままの言葉で書き出します。

 

小学生低学年なので、比較的自由に書いて大丈夫ですが、ある程度枠組みを決めておくととても楽に書けますよ

 

例えば、

  1. 場面の紹介
  2. 理由
  3. 自分の考え

順に書いていく事をおすすめします。

 

またそれぞれの部分で、

  • 「場面」を更に詳しく書く
  • 「理由」を複数書く
  • 「自分の考え」を多く書く

といった工夫が必要になります。

 

ただあくまで、読書感想文なので出来るだけお子さんが思った感想を長めに書いていくと、先生も「この子はよく読んでるな!」という印象になりますよね。

 

親御さんが子供から、いかに感想を引き出すか?という事も、とても重要になってきますね。

 

 

まとめ|読書感想文の構成4

小学生低学年の読書感想文の書き方で、最後の肝心なまとめです。

 

子供が選んだ本を読んだ上で、

  • 今後に活かせそうなこと
  • 自分が思ったこと
  • 感じたこと
  • 登場人物と自分との比較

などこちらも感じた事を、そのまま書き出していきましょう。

 

例えば、

  • 「本のタイトル」を読んで、わたしは「ありがとう」を言うことが大事だと思いました。
  • 今までのわたしは、周りのことを気にせず自分のことばかり考えていました。
  • 「主人公」のように、人を笑顔にできる人になっていきたいです。

など、最後のまとめは、先生も要チェックしている箇所なので、お子さんの本心や素直な気持ちを書くことを心掛けたいですね。

 

Sponsored Link

 

 

小学生の夏休みの宿題の関連記事

小学生の夏休みの宿題のイラスト参考元 http://atopikkonatural.com

 

こちらの記事を読まれた方は、下記も参考にされています。

 

 

 

あとがき|小学生の読書感想文の書き方

小学生低学年の男の子が読書感想文を書くイラスト

参考元 http://小学生.jp.net

 

いかがでしたか?

 

正直、小学生低学年なので、完璧で論理的な読書感想文は全く必要ありません。

 

しっかりと本を読み、

  • 自分の思ったこと
  • 感じたこと

など、文字にして書くという事が、何よりも重要ですよね。

 

ただ、基本的な書き方を理解しないと、

  • 書きたくても書けない
  • どう書いたらいいか分からない
  • やる気が出ない

など読書感想文を書く前から、つまずくお子さんも多いですよね。

 

お父さんお母さんが一緒になって、子供の夏休みの手助けをしてあげて下さいね。

 

今回は、小学生低学年の読書感想文の書き方について

  • 準備物
  • 本の選び方
  • 付箋を貼る
  • 4つの文章構成

この4点に分けて紹介しました。

Sponsored Link