有田みかん参照元:http://www.kisyuzanmai.com/

 

皆さんはみかん、好きですか?

 

みかんと言えば、どのみかんが頭に浮かびますか?

  • 愛媛?
  • 和歌山?
  • スーパー?
  • 露店?

そして「有田みかん」ですよね!

 

しかし全国で有名なブランドなのは知っているけど・・・

 

どうして人気なの?いつから買えるの?

 

なんて思いますよね。

 

そこで今回は有田みかん(和歌山県)が人気な理由を徹底解説します。

 

また愛媛みかんとの違いやおすすめや品種・購入できる時期についてもご紹介させていただきます。

 

Sponsored Link

 

そもそも有田みかんって何?

有田みかん参照元:https://www.farms.jp/

 

そもそも有田みかんって何なのでしょうか。

 

有田みかんは旬の季節になるとあちこちでスーパーなどで販売をされたり、ネットでも購入できるほど全国各地で人気がありますよね。

 

しかし「有田みかんを知らない」という方や「どこのみかんかまではわからない」という方もいらっしゃるかもしれません。

 

そこでここでは、そもそも有田みかんって何なのかについてご紹介させていただきます。

 

 

全国で有名なみかんブランドの1つ「有田みかん」。

 

有田みかんは「和歌山県」で生産されているものです。

 

みかんの全国生産量の「約一割」を占めているのが有田みかんです。

 

簡単に申し上げるとスーパーなどで販売されているみかんの種類の「10個に1個」は有田みかんと言えるほど有名なんですね。

 

現在有田みかんの生産量は約9万トンでMサイズ100gのみかんとすると9億個も生産されていることになります。

 

全国で宅地化が進み、生産量の減少があるなかでも、有田みかんは例年と変わらず生産があり人気が続いています。

 

和歌山県は、有田みかんや紀州梅など様々な名産物を聞きますが、果樹王国紀州和歌山を代表する有田みかんは「全国のみかんの中でも一番のブランド」と言っても過言ではないでしょう。

 

おすすめの有田みかんは、こちらをクリックして頂くと下記にジャンプします。

 

 

 

有田みかんが人気な理由は?

ありたみかん参照元:https://www.kiijiya.com/

 

有田みかんが人気な理由はどのようなことが考えられるのでしょうか。

 

有田みかんは生産量約9万トン、全国のみかんの10個に1個は有田みかんというほど人気になっています。

 

その理由はどのようなことがあげられるのでしょう。

 

いくつかご紹介させていただきます。

 

 

有田みかんが人気な理由:歴史が長い

有田みかんが人気な理由として「歴史が長い」です。

 

有田みかんは450年という栽培の歴史があります。

 

紀伊国屋文左衛門が嵐のなか船でみかんを江戸に運んだ話は有名ですよね。

 

現在では「有田みかん」というブランドとして全国各地で販売をされていますが、スイーツなどとして百貨店や高級スイーツ店などでも多く販売されています。

 

歴史が長く、様々な分野で活躍をしていることにより人気になっているんですね。

 

 

有田みかんが人気な理由:糖度が高いから

有田みかん参照元:https://item.rakuten.co.jp/

 

有田みかんが人気な理由として「糖度が高いから」です。

 

有田みかんは「糖度が高い」ことによって甘味が強く美味しいみかんになっています。

 

つづいて糖度の高い理由も補足説明させていただきますが、様々な好条件によって有田みかんは糖度が高くて美味しくなっています。

 

 

有田みかんの糖度が高い理由:栽培に適した気温だから

参照元:http://www.town.aridagawa.lg.jp/

 

有田みかんの糖度が高い理由として「栽培に適した気温だから」です。

 

有田みかんを生産している地域の年間平均気温は16.5℃で、冬も暖かく雪が積もることも滅多にありません。

 

この気温はみかんの栽培には非常に適した気候で、この栽培に適した気温によって美味しい有田みかんができているので人気なんですね。

 

 

有田みかんの糖度が高い理由:雨が少ないから

有田みかん参照元:https://www.city.arida.lg.jp/

 

有田みかんの糖度が高い理由として「雨が少ないから」です。

 

有田みかんを作っている地域は「雨が少ない」というところが特徴です。

 

年間降水量は約1700mm、特にみかんの甘さが決まる7月頃の暑い時期は雨が降りにくいです。

 

雨が降りにくい理由は、山々に囲まれて雨雲が山に遮られるからです。

 

すぐ近くの地域で雨が降っていても有田の地域では雨が降らないことも多々あります。

 

それによって夏の暑さに強く、乾燥に強い甘くて美味しいみかんができることによって、有田みかんは糖度が高いのです。

 

 

有田みかんの糖度が高い理由:風に強いから

有田みかん参照元:https://store.shopping.yahoo.co.jp/

 

有田みかんの糖度が高い理由として「風に強いから」です。

 

みかんの木は他の果物よりも風に強く、もし木が倒れたとしてもみかんが枝先から落ちないほど風に強いところが特徴です。

 

山々に囲まれていることにより、風の影響をあまり受けない地域でもありますが、この美味しい有田みかんが食べれる人気の理由は風に強く、しっかりとしたものができることも理由の1つでしょう。

 

 

有田みかんの糖度が高い理由:水捌けが良いから

有田みかん参照元:http://picbear.online/

 

有田みかんの糖度が高い理由として「水捌けが良いから」です。

 

有田みかんは土質によって栽培をわけており、

  • 赤みが濃くなる古生層
  • 色つきが早い中生層

にわかれています。

 

また微量に鉄分も含まれており、雨が降っても有田川へと流れるので水捌けが非常に良く、栄養が果実に引き締まったみかんになるのが人気の理由です。

 

 

有田みかんの糖度が高い理由:石垣階段だから

有田みかん参照元:http://wakayamapr.ikora.tv/

 

有田みかんの糖度が高い理由として「石垣階段だから」です。

 

全ての場所ではありませんが、有田みかんは石垣を積み階段のようにして栽培をしています。

 

石垣を積むことで

  • 日光を反射させる
  • 太陽の熱を保温する
  • 水捌けを良くする

これらのようなメリットがあるので傾斜園にしていることが多いです。

 

石垣を積み、作業効率もあげることによって旬の季節に美味しい有田みかんを収穫できるので人気になっています。

 

 

有田みかんの糖度が高い理由:美味しい時期に収穫するから

みかん参照元:http://www.sapporo-market.gr.jp/

 

有田みかんの糖度が高い理由として「美味しい時期に収穫するから」です。

 

有田みかんは10月頃になるとみかんの収穫、出荷をはじめます

 

この時期は気温が比較的高いので

  • 甘味よりも酸味の強い品種
  • 見た目の良いみかん

が全国に出回ります。

 

11月には早生みかんを収穫し、12月頃まで収穫と出荷がつづきます。

 

時期によって味の違いが多少はあるものの、一番の旬の時期に収穫をすることによって美味しいことにより人気になっています。

 

 

有田みかんの糖度が高い理由:一部は手作業だから

有田みかん参照元:http://www.sapporo-market.gr.jp/

 

有田みかんの糖度が高い理由として「一部は手作業だから」です。

 

機械により、

  • 収穫
  • 選別
  • 箱づめ

などをしているところもありますが、現在でも個人で収穫をし販売をしている農家もあります。

 

この際に機械でなく手作業で収穫をして選別をし、箱づめをすることによってより新鮮で美味しいみかんを傷つけることなく発送することができます。

 

それにより、美味しいみかんが食べれるので人気になっているのです。

 

おすすめの有田みかんは、こちらをクリックして頂くと下記にジャンプします。

 

時間を短縮されたい方は上記からジャンプするのがおすすめです。

 

 

Sponsored Link

 

有田みかんの時期や種類は?

みかん参照元:https://murauchi.muragon.com/

 

有田みかんの時期や種類はどのようなものがあるのでしょうか。

 

有田みかんと言えば1つのブランドですが、いくつかの時期や種類があります。

 

そこでここでは、有田みかんの時期や種類についてご紹介させていただきます。

 

 

有田みかんの時期や種類:極早生

みかん参照元:https://www.satofull.jp/

 

有田みかんの時期や種類として「極早生」です。

 

最初の収穫をするみかんを「極早生」と言います。

 

極早生は

  • ゆら早生
  • 日南早生

から始まります。

 

9月になると徐々にみかんに色が付きはじめ緑色が薄くなりはじめます。

 

見た目は酸っぱさがありそうですが、中身はしっかりとしていて美味しいみかんの種類です。

 

 

有田みかんの時期や種類:早生みかん

有田参照元:http://www.takaishigaki.com/

 

有田みかんの時期や種類として「早生みかん」です。

 

早生みかんは有田みかんの中でも一番勝負どころの時期に収穫されるものです。

 

11月頃に収穫をされるのですが

  • 宮川早生
  • 興津早生
  • 田口早生

などがあります。

 

早生みかんは皮が薄く、甘味がますます強くなる時期のみかんです。

 

 

有田みかんの時期や種類:中生、晩生みかん

有田参照元:https://item.rakuten.co.jp

 

有田みかんの時期や種類として「中生、晩生みかん」です。

 

12月になると普通のみかんとして知られる「中生、晩生みかん」が全国に出回ります。

 

中生みかんは

  • 向山

晩生みかんは

  • 青島
  • 丹生

などの品種があり、この時期が最も農家の忙しいときで出荷は1月頃までつづきます。

 

 

ポイント

これらのような、品種や種類があるのですが一番のおすすめは「天照園の有田みかん」です。

 

是非、有田みかんを食べる機会がありましたら選んでみてくださいね。

 

おすすめの有田みかんは、こちらをクリックして頂くと下記にジャンプします。

 

時間を短縮されたい方は上記からジャンプするのがおすすめです。

 

Sponsored Link

 

和歌山の有田みかんと愛媛みかんの違いは?

みかん

 

和歌山の有田みかんと愛媛みかんの違いはどのようなことがあるのでしょうか。

全国で人気のある和歌山県の有田みかんと愛媛県の愛媛みかんですが、食べるときには違いも分かった上で購入したいですよね。

そこでここでは、和歌山の有田みかんと愛媛みかんの違いについていくつかご紹介させていただきます。

 

 

和歌山の有田みかんと愛媛みかんの違い:糖度

和歌山の有田みかんと愛媛みかんの違いとして「甘さ」です。

 

みかんはやっぱり甘いものが美味しいですよね。

 

有田みかんは「糖度が高い」ことによって甘味が強く美味しいみかんになっています。

 

有田みかんの中でも極上の甘さが人気になっている平均糖度が「14~15度」もあり超高糖度です。

一方で愛媛みかんも甘いことで知られていますが糖度はおおよそ「13~14度」になっています。

ほんの少しの違いではありますが、有田みかんの方が甘さが強いということが分かりますね。

 

 

和歌山の有田みかんと愛媛みかんの違い:値段

和歌山の有田みかんと愛媛みかんの違いとして「値段」です。

 

みかんはブランドによって「値段」が大きく異なります。

 

みかんを食べるときにはせっかくなので美味しくて高品質なものを食べたいですよね。

 

和歌山県で収穫されている有田みかんは時期により、多少の値段の違いはありますがおおよそ「10kgあたり3,000~5,000円」です。

 

しかし「愛媛みかんは雨や台風の影響」により不作になり、2018年現在で「8000円~10000円以上」と価格が急騰しています。

 

 

 

和歌山の有田みかんと愛媛みかんはどっちがおすすめ?

有田みかん

 

和歌山の有田みかんと愛媛みかんはどっちがおすすめでしょうか。

 

みかんは甘くて高品質、せっかく食べるならばより美味しいものを選びたいですよね。

 

では、和歌山の有田みかんと愛媛みかんはどっちがおすすめなのでしょうか。

 

結論として個人の意見になってしまいますが、おすすめなのは「有田みかん」です。

 

有田みかんは

  • 水捌けの良い環境
  • 夏に雨が少ない環境
  • 好条件の気候

これらのような環境で育っています。

 

そして有田みかんの産地周辺は山々に覆われているので、各地で雨がふっても有田みかんの産地には雨が降ることはほとんどありません。

 

年間を通して寒くなることも、少なく冬も雪が積もることもあります。

 

これらのような高立地、好条件な気候が揃っているので甘くて美味しいみかんを食べることができるのです。

 

また、石垣階段での園地で育っているので水を含みにくく水捌けが抜群で、栄養たっぷりの美味しいみかんに育ちます。

 

雨が少ない環境であったり、暖かい気候で育った有田みかんは「甘味が強く美味しい」のが特徴なんですね。

 

また、みかんとしてだけでなく

  • ゼリー
  • ジュース

などとしても楽しむことができます。

 

Sponsored Link

 

 

有田みかんの中でもおすすめが天照園の有田みかんの理由は?

有田みかん

 

有田みかんの中でも特におすすめなのが「天照園の有田みかん」です。

 

天照園の有田みかんの問い合わせはここをクリック

 

和歌山県有田の取りたての一番のみかんと言えば「天照園の有田みかん」です。

 

気候の良い地域で農薬を使わず自然の形で栽培している天照園の有田みかん

 

自然の恵みを詰め込んで大きく育ち、健康的で大人気の独自ブランドのみかんです。

  • 品質の高さ
  • 味の濃さ
  • 味のバランス

では有田の中でも一番を誇るでしょう。

 

有田みかんの中でも最高に美味しいみかんが収穫され、最高のブランドとも言える「天照園の有田みかん」。

 

天照園の有田みかんは、水捌けの良い石垣階段を利用した園地なので水っぽくなることもなく、どれも高い品質のみかんです。

 

それではわかりやすく天照園の有田みかんを徹底解説していきます。

 

 

有田みかんの中でもおすすめが天照園の有田みかんの理由:品質

有田みかんの中でもおすすめが天照園の有田みかんの理由として「品質」です。

 

天照園の有田みかんはなんと言っても「高品質」なところが魅力です。

 

無農薬で自然の恵みだけで育った天照園の有田みかんはまさに絶品です。

 

ノーワックスなのに、ツヤのある見た目で本当に美味しいです。

 

 

有田みかんの中でもおすすめが天照園の有田みかんの理由:味

有田みかんの中でもおすすめが天照園の有田みかんの理由として「」です。

 

みかんにはアタリハズレがありますが、天照園の有田みかんはきちんと選別をされたものみを全国に出荷しています。

 

数に限りがあるほど人気になっているのですが

  • 味の濃さ
  • 味のバランス

は天照園の有田みかんにしかないものなので、おすすめなのです。

 

 

有田みかんの中でもおすすめが天照園の有田みかんの理由:糖度が高い

有田みかんの中でもおすすめが天照園の有田みかんの理由として「糖度が高い」です。

 

有田みかんの糖度が高い理由は、先ほどご紹介させて頂きましたが、その有田みかんの中でも随一の糖度を誇るのが天照園の有田みかんです。

 

糖度だけではみかんは語れない!と言われる方もいらっしゃいますが、ご安心ください。

 

この天照園の有田みかんは酸味と糖度のバランスが絶妙なのが、一番の人気の理由のようです。

 

 

 

また天照園みかんはすぐに毎年売り切れてしまうため、下記のフォームから申し込みができますが、11月から販売開始の様なので、現在は予約という形になるようです。

 

天照園↑天照園みかんの購入はこちらをクリックしてください↑

 

 

 

有田みかんを購入できる時期は?

有田みかん参照元:https://furu-po.com/

 

有田みかんを購入できる時期はいつなのでしょうか。

 

有田みかんは「食べたい!」と思っても購入できる時期は決まっています。

 

有名な品種だとあっという間に売りきれになってしまうので旬の時期には手に入れたいですよね。

 

そこでここでは、有田みかんを購入できる時期についてご紹介させていただきます。

 

有田みかんはおおよそ「10~1月上旬頃」まで約99日程度で一斉に出荷をします。

 

旬の期間中は毎日1,100トンものみかんが全国へと出荷をされています。

  • 10月の肌寒くなってきた時期に食べることのできる極早生では甘味と酸味のあるみかん
  • こたつで暖まりながら12月頃には甘味の強い有田みかん

を食べることができます。

 

限られたシーズンで見た目や糖度がほんの少しだけ違うみかんを味わうこともできますので是非食べてみてください。

 

 

 

この記事を読んで頂いた方へ

こちらの記事を読まれた方は下記の記事も参考にされています。

 

(みかんに関連する記事)

 

 

 

あとがき

みかん参照元:https://item.rakuten.co.jp/

 

みかんと言えば和歌山県で生産されている「有田みかん」です。

 

有田みかんは、全国のみかんの生産量の1割も占めるほど有名になっています。

 

味や品質、全てにおいて有田みかんは一番です。

 

是非、10月以降のシーズンになれば食べてみてくださいね。

 

今回は有田みかん(和歌山県)が人気な理由を徹底解説しました。

 

また愛媛みかんとの違いやおすすめや品種・購入できる時期についてもご紹介しました。

 

Sponsored Link