夏休みの宿題は順調に進んでいますか?

 

得意な主題もあれば、

苦手な宿題もあるので、

苦手な宿題は、

さっさと終わらせたいですよね!

 

中でも、

読書感想文が苦手な中学生は、

割と多いのでは?

 

今回は読書感想文の中学生の書き方と、

中学生の読書感想文の書き方を紹介します!

Sponsored Link

読書感想文の中学生の書き方

まずは読書感想文の中学生の書き方を、

紹介しましょう!

 

たっぷりの宿題の中でも、

一番手強くて面倒なのが、

読書感想文って人も多いですよね。

Students holding stacks of books

参照元http://f.tqn.com/

結論から言うと読書感想文は、

読書を通じて自分の気持ちを表現するための、

1つのツールです。

 

「僕はこう思う!」、「私はこう思う!」と言った、

自分の思ったことをどストレートに書けば、

かなり気持ちもスッキリしますし、

文章を通じて感情を表現するという、

新たな快感を見つけれる瞬間かもしれませんね。

 

読書感想文の書き方と言った、

スキルよりも自分が選んだ本を読んで、

何を感じてどう思ったかが一番重要なので、

その点を意識しながら中学生の読書感想文の書き方を、

参考にしてみてください!

 

 

読書感想文の中学生の書き方×手順

dokusyokansoubun cyugakusei kakikata

参照元http://www.greatschools.org/

•どんな本を読めばいいのかわからない

•書き方がわからない

•何を書けばいいかわからない

でも、わからなくて当然なんです。

 

学校で詳しく読書感想文の書き方なんて、

教えてもらってないですよね。

そこで大事なのはこちら!!

 

1テーマを決める(感動系・伝記系など)

2本を読む

3感想文を書く

大きな手順は、

この3つになります。

 

 

読書感想文の中学生の書き方×テーマ

dokusyokansoubun cyugakusei kakikata

参照元http://www.nationalbook.org/

まずは、テーマを決めます。

 

どんな本にも、

それぞれテーマがあります。

 

例えば、

1.友情

2.家族のあり方

 

などなど。

このテーマの中で、

自分が共感しやすいと思ったタイプを選びます。

 

皆さんが「わかる、わかる」の,

共感が出るテーマを選ぶのが、

読書感想文の中学生の書き方のコツです。

 

うーんなんだか、

決まらないなって人は、

映画やドラマの原作を選ぶのも、

一つの方法です。

 

というのも、

映像でイメージが湧きやすいので、

感想文が書きやすいといったメリットがあります。

 

 

読書感想文の中学生の書き方×実際に本を読む

dokusyokansoubun cyugakusei kakikata

参照元http://media3.s-nbcnews.com/

この本なら読書感想文を書けそう!

と、感想文を書いてみたい本が決まったら、

後は読むだけ!

 

「本も決まったし、後は読むだけ・・・」

 

読書って・・・・

苦手っていう中学生のお子さんは多いですよね。

 

もちろん、最初から最後まで、

きちんと読むのが一番いいんですが、

•もう時間がない!

•さっさと終わらせたい

 

・・・そんな中学生の皆さんに、

オススメなとっておきの方法が!

 

全部読む時間がないって人に、

オススメする方法は、

 

☆最初にあらすじと解説を読む☆

あらすじと解説を最初に読むと、

その本の中心になるポイントが分かります。

 

ポイントがわかったら、

まずその部分を読んでみましょう。

 

それから、その部分につながる、

導入の部分を読むと、

大まかな流れは掴めるはずです。

Sponsored Link

中学生の読書感想文の書き方

読書感想文の中学生の書き方を紹介しましたが、

中学生の読書感想文の書き方として、

更に紹介していきましょう!

 

読書感想文と聞くと上手く書かなければいけないとか、

ちゃんと真面目に仕上げないといけないと考えがちですが、

全くそんなことはありません。

dokusyokansoubun cyugakusei kakikata

参照元http://greatbooksacademy.org/

まるで自分が映画監督やドラマのプロデューサーになった気分で、

自分の中で沸いた読書感想を1つのストーリーに見立てて、

始まりから終わりまでを緩急をつけて書けばいいだけです!

 

自分自身の感情を読書感想文を通じて、

物語化させるためのセルフプロデュース業だと思えば、

ミュージシャンやクリエイターっぽく感じれて、

カッコ良く仕上げることができるかもしれないので、

そう意識して読書感想文を書いてみてはいかがでしょうか!?

 

 

読書感想文の中学生の書き方×書き方

dokusyokansoubun cyugakusei kakikata

参照元http://canadapattison.ca/

では、どのようにして、

読書感想文を中学生の書き方として、

書いていけば良いのでしょう?

 

読書感想文という宿題は、

読書をすることで、

自分の考え方や、

生活についての振り返りを求めているんです。

 

例えば、

友情がテーマであれば、

•「自分には主人公のように親友はいない」

それはなぜか?

•「自分だったら、主人公の行動は理解できない」

その理由、

つまり、皆さん自身の気持や体験と、

比較することが大切なんです。

 

なので、

本のあらすじだけを書いたり、

本の感想(楽しかった・感動した)と、

いったふうに書いても、

ちょっと的外れになってしまう可能性があります。

 

そのために、最初のテーマ選びで、

アナタが共感できるものを選ぶのを、

オススメしたんですね。

 

読書感想文の中学生の書き方の、

目的がわかったところで、

いよいよ、

感想文を書いていきましょう!

 

 

読書感想文の中学生の書き方×構成

Jared at the library

参照元https://www.thesmithfamily.com.au

大まかな構成は、

次のパターンが簡単でオススメです。

 

読書感想文の構成、

1.書き出し

2.簡単なあらすじ

3.自分の気持や体験と、
比較して考えたこと・感じたこと
(ここが感想文のメインになります)

4.今後への展開
(こうしたい、こうなりたい等)

 

この構成にそって書けば、

きちんと起承転結のある文章になります!

 

 

読書感想文の中学生の書き方×まとめ

dokusyokansoubun cyugakusei kakikata

参照元http://1.bp.blogspot.com/

ここまで、

お伝えしたことをまとめると、

1.テーマを決めて本を選ぶ(自分が共感しやすいもの)

2.あらすじ・解説でポイントをつかむ

3.自分との比較を書き足していく

4.今後の発展に繋がる形で終わる

この流れにそっていけば、

簡単に読書感想文の中学生の書き方として、

書き上げられるはずです。

 

サクサクっと宿題を終わらせて、

休みを楽しんでください!!

 

 

Sponsored Link

 

 

いかがでしたか?

 

最近ではAmazonやを始め色んなSNSで、

レビュー投稿が主流となりどんな文章を書けば、

カッコ良く表現できるかを考えている人も多いでしょう。

 

中学生の読書感想文はツイッターやフェイスブックで、

お友達にイイねやリツイートを多くもらうための練習台だと思えば、

少しは身近に感じるかもしれないですね!

 

夏休みの読書感想文を踏み台にして、

どんどんネット上で自分を表現する文章スキルを磨いちゃいましょう!

 

今回は読書感想文の中学生の書き方と、

中学生の読書感想文の書き方を紹介しました!

 

最後までご覧いただきありがとうございます