お年玉の意味・由来・マナー|新札の両替方法は?人気のポチ袋5選!

お年玉の意味って?

可愛いポチ袋で贈りたい

お年玉にマナーはある?

 

古くから子供達にお年玉をあげる習慣がどのご家庭にもありますね。

では、いつからそうなったのでしょうか?

そこで今回は、

  • お年玉の意味や由来
  • お年玉のマナーは?
  • お年玉の金額の相場は?
  • 人気のポチ袋5選

について紹介していきます。

お年玉には古(いにしえ)からの深い意味がたくさん含まれていますよ。

Sponsored Link

お年玉の由来や意味は?

お年玉
参照元 https://www.jibunbank.co.jp
 

お年玉の歴史はとても古く、日本では中世までさかのぼります。

主にその原点と言われるのが、

  • 武士が太刀
  • 町人が扇
  • 医者が丸薬

それぞれ贈ったと言われています。

元来はこのように新年を祝うために贈答される品物のことを指していました。

しかし現在では、「子供に金銭を与える」が習慣となっています。

お年玉がいつ頃から、現在の形になったのか?は、明確には分かっていませんが目上の人から目下の人に贈るというこの習慣は昔から変わっていません。

諸説

年の賜物から「としだま」と言われるようになったという説があります。

しかしもう一方では、昔は「正月に供えた餅の玉を子供たちに食べさせた」という事から「お年玉」と言うようになったという説もあります。

「玉=魂」

お年玉の「玉」というのは「魂」という意味で考えられていました。

これは供え物に宿った新年を司る年神の神霊が、供え物を与えられた子供たちを守るという考えからです。

つまりとしだまは「年神の魂」で供え物が人間に下げられ、与えられたものだという考えです。

Sponsored Link

お年玉を渡すマナーは?

 

お年玉

参照元 https://esse-online.jp

お年玉というのは基本的に親戚や親しい間柄にしている子供に渡すものです。

お年玉を渡すマナーは、例えば結婚式の祝儀のように、2つに割れるものがダメという意味で奇数の金額を渡す決まりやマナーが特段ありません。

強いてあげるならば、「新札に両替すること」です。

また、気を付けたいマナーとしては、目上の方にお年玉を渡す場合。

最近では新年に、自分の祖父母や両親にお年玉として現金を贈る事が多くなっています。

この場合、目上の人へのお年玉ですが、家族ですので失礼にはあたりません。

しかし、この場合でも、お年玉としてしまうと両親は受け取りにくくなるので表書きに、

  • 御慶
  • 新年ご挨拶

このような言葉を書くようにしましょう。

お年玉の金額と相場は?

お年玉
参照元 https://precious.jp
 

子供に渡すお年玉の金額に基本的な決まりは特にありません。

最近では、親同志や親戚同士で「年齢ごとの額」などを前もって話し合って、決めていることが多いようですよ。

ご自身の子供へのお年玉の金額相場は、

  • 幼稚園:1,000円~3,000円
  • 小学生低学年:2,000円~3,000円
  • 小学生高学年:3,000円~5,000円
  • 中学生:5,000円~10,000円
  • 高校生:5,000円~20,000円
  • 大学生:10,000円~30,000円
  • 社会人:10,000円~30,000円

この様になっています。

ただ、大体のご家庭では、高校生や大学生の子供までお年玉を渡すようです。

Sponsored Link

新札の両替場所・方法は?

お年玉

参照元 https://e-holiday.net

お年玉は新札で渡す事が、一般的ですので両替ができる場所や方法を紹介します。

銀行窓口もしくは両替ATM

最もシンプルで一般的な新札の両替方法は銀行窓口もしくは銀行のATMに行く事です。

銀行の窓口の場合は、必要用紙に両替する数字を記入し、「新札に両替してください」と伝えるだけで大丈夫ですよ。

ただし、年末に銀行へ訪れる場合、通常営業とは異なりますので最寄りの銀行の営業日を事前に確認してから両替しに行きましょう。

郵便局

郵便局が民営化されて久しいですが、それを機に、郵便局の窓口でも新札の両替が可能になりました。

銀行の窓口での両替と同じように、必要事項を用紙に記入し「新札に両替してください」と伝えれば、両替に応じてくれます。

こちらも年末の営業日にはご注意下さい。

コンビニATM

最後の手段として、有効的な手段ではあまりありませんが新札の両替に使われるのが、実はコンビニのATMです。

意外に思われますが、コンビニATMの機械の中には、なるべく綺麗なお札を用意するというルールが決められています。

銀行や郵便局で新札両替ができなかった方は、最終手段としてコンビニATMで入出金を繰り返して新札両替することをお勧めします。

しかし手数料が発生するので注意して下さいね。

Sponsored Link

お年玉で人気のポチ袋を紹介!

お年玉
参考元 https://allabout.co.jp
 

最近のポチ袋は、遊び心に富んだ、楽しくて可愛いデザインのポチ袋が多いですね。

お金を入れるだけのポチ袋ではなく、小物入れとして使える、オシャレで機能性の高いポチ袋が特に注目を集めていますよ。

それでは最後に、お年玉で人気のポチ袋を紹介していきます。

忖度(そんたく)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:198円(税込、送料別) (2021/11/4時点)

2017年の流行語大賞にノミネートされた言葉「忖度(そんたく)」3枚入り。

どちらかというと、子供さんに渡すというより、

  • 上司から部下に
  • 部下から上司に

冗談交じりで渡すと面白いかも。

誰もが馴染みのあるワードとなっており、少しダジャレが効いたお年玉で喜んでもらえますよ。

POPアート

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:480円(税込、送料別) (2021/11/4時点)

「POPアート」な5枚セットは色々なデザインがあるので、親戚や渡す回数が多い方におすすめのポチ袋です。

色々な柄があって楽しいですね。

子供の年齢や性別によって分けて渡すのも良いですよ。

お年玉を貰った子供も思わず笑顔になるポップなデザインで、印象に残ることまちがいないですね。

Sponsored Link

2022年

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:363円(税込、送料別) (2021/11/4時点)

新年の始まりにぴったりな「干支デザイン」の3枚セット。

美濃和紙(みのわし)を使用した、本格的なポチ袋ですよ。

2022年の干支である寅を子供用にかわいくアレンジした、令和4年用の新作ポチ袋です。

花札

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:219円(税込、送料別) (2021/11/4時点)

可愛くお年玉を渡したい「ハローキティの花札シリーズ」3枚セット。

豆ポチ袋なので、お札より硬貨を入れて渡したい方におすすめのポチ袋になっています。

お正月らしい花札デザインで、子供の女の子に人気のキティちゃんがデザインされています。

伊予和紙を使った本格的な袋で、中身が見えないように工夫されていますよ。

富士山型

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:286円(税込、送料別) (2021/11/4時点)

テトラタイプが珍しい富士山型

「一富士・二鷹・三茄子」のことわざ通り、お正月の縁起物をポチ袋に集約したデザインです。

立体的に作られているので、硬貨以外の飴やお菓子も入られますよ。

ただし、お札が入る大きさではないので、その点はご注意下さい。

和柄でかわいい仕上がりなので貰ったらテンション上がりそうですね。

お正月に関する記事

こちらの記事を読まれた方は、下記も参考にされています。

(お正月の関連記事)

あとがき

いかがでしたでしょうか?

お正月を祝う気持ちが大切ですので、あまり常識にとらわれ過ぎずに家族・親戚・ご友人などと、楽しい年始を過ごして下さいね。

今回は、

  • お年玉の意味や由来
  • お年玉のマナーは?
  • お年玉の金額の相場は?
  • 人気のポチ袋5選

について紹介しました。

Sponsored Link