お中元のお返しはどうするの?http://お肉ギフト.com

 

もし、「お中元を贈っていない方から、お中元が届いてどうしよう?」と、悩んでいる人もいらっしゃいますよね。

 

お中元は贈る側には、マナーや慣例がもちろんありますが、お中元を頂いた側にも一般的な、

  • 慣例
  • マナー

が、ある事をご存知でしょうか?

 

お中元を贈る際のマナーは、下記の記事を参考にして下さい。

 

そこで今回は、お中元のお返しのマナーで、

  1. お返しの必要性
  2. のしの書き方
  3. お礼の方法
  4. お礼状の書き方
  5. お礼の品物の金額の相場

を、順番に紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

お中元のお返しは必要?

お中元ギフト参考元 https://www.officegift.jp

 

お中元というのは、日頃お世話になった人に対して、「感謝」の気持ちを表すために品物を贈るという風習ですよね。

 

基本的には、「お中元の品物」のお返しは必要ないとされています。

 

しかし現在では、「頂いた物に対してはお礼をする」という、日本人の考え方にもあるように、「お礼の品物」を贈る人が増えています。

 

また、お中元を頂いた相手によって、お中元のお返しをするか?しないか?を決める人も多いようですね。

 

お返しをする相手方が、

  • 会社の上司
  • 義両親

などの目上の相手の場合や、

  • 親戚
  • 会社の同僚

など立場や地位が同じ相手から、お中元を頂いた時には、「お礼の品物」を贈る人が増えています

 

但し、注意が必要なケースとして、

  1. 会社の上司がお返しを必要としていない場合
  2. 取引先などの「賄賂」的な見方をされる場合

このような場合は、会社の上役に相談する事をおすすめします。

 

Sponsored Link

 

のし書き方は?|お中元のお返しマナー1

お中元のお返しマナー|のしの書き方参考元 http://www.zoto.jp

 

 

お中元のお返しの品物を贈る時の、「のしの書き方」について紹介します。

 

のしの名称や意味、お中元を贈る時の、のしの書き方は下記を参照下さい。

 

お中元のお返しの熨斗紙は、お中元を贈る時と同じように、「紅白の蝶結び(花結び)」の水引が印刷されたのし紙を使うのがマナーです。

 

 

表書き|のし紙の書き方

お中元のお返しマナー|表書き参考元 http://gift-clubs.com

 

表書きは、要するに贈る目的の事ですが、お中元のお返しをする時期によって、実は異なってきます。

 

お中元の時期の間にお返しを贈る場合は、

  • お中元
  • 御中元

いずれかを表書きに記載します。

 

お中元の時期を過ぎてしまってから、お返しを贈る場合は、7月20日~8月7日頃までであれば、

  • 暑中御見舞
  • 暑中御伺い」(相手が目上の場合)

 

8月7日~8月31日頃までであれば、

  • 残暑御見舞
  • 残暑御伺い

 

このように表書きを記載しましょう。

 

お中元を贈る時と同じ表書きで、特に問題ありませんよ。

 

各地域によって、お中元の時期が異なってきますので、下記の記事を参照下さいませ。

 

お中元のお返しの熨斗(のし)紙の書き方は、お返しする時期にだけ注意していれば、粗相や失礼は無いのでご安心下さい。

 

Sponsored Link

 

お礼の方法|お中元のお返しマナー2

お中元のお返しマナー|お礼の方法参考元 http://nadesico-magazine.jp

 

お中元を頂いた時には必ず、3日以内に「お礼状」を書くのが、一般的なマナーとされています。

 

お中元が到着してすぐに、まずは、

  • 電話
  • メール

「お中元が本日届きました。」という旨の、感謝の気持ちを伝えるのも良いですね。

 

 

お返しの品物を贈る場合|お礼の方法1

お中元のお返しの品物を贈る場合は、品物と一緒に添えて贈るのがベストです。

 

ネットショップでお返しの品物を注文して、手書きのお礼状を添える事ができない場合は、別々に送っても問題はありませんよ。

 

ただし上記の場合は、先に「お礼状」を送ってから、末文に「お返しの品を送らせていただきました」と書いておくと、より丁寧なお返しになりますね。

 

 

お返しの品物を贈らない場合|お礼の方法2

お中元のお返しの品物を送らない場合は、「お礼状」をすぐに書いて送りましょう

 

目上の方などには、先に電話を入れて、感謝の気持ちを伝えるのも良いですね。

 

 

お礼の方法のまとめ

お中元のお返しのポイントは、どのような相手であっても、お中元を頂いた時には必ず「お礼状」を送るようにしましょう。

 

お中元を贈った方も「お礼状」があるだけで、「お中元を贈って良かった」という、嬉しい気持ちになってくれますよね。

 

Sponsored Link

 

お礼状の書き方は?|お中元のお返しマナー3

お中元のお返しマナー|お礼状の書き方参考元 https://s.yimg.jp

 

社会人になってから、お中元の「お礼状」をしっかり書けると、それだけで相手方に、礼儀正しい常識のある人という好印象を与えてくれますね。

 

最近はメールやLINEなどで、簡単に済ませる時代になったからこそ、「手書きのお礼状」を送れる方は、それだけ良い印象が残りますよね。

 

また、手書きのお礼状をもらって、嫌な気持ちになる人はいません。

 

それでは、お礼状の書き方について、具体的に紹介していきます。

 

 

手書き|お礼状の書き方1

お中元のお返しは手書き参考元 http://wantresearch.com

 

お礼状は印刷やパソコンではなく、「手書き」が喜ばれますよね。

 

また、お礼状は「便箋に縦書き」にして、封筒で送るのが一般的ですが、ハガキでも横文字でも問題はありません。

 

何よりもまずは、お中元の品物が届いてすぐに、お礼の気持ちを伝える事が大切です。

 

 

文章構成|お礼状の書き方2

お中元のお返しのお礼状の書き始め文章は?参考元 http://visualshoxxx.com

 

お中元のお礼状を書く際の文章構成は、

  1. 頭語
  2. 時候の挨拶
  3. お中元のお礼
  4. 自分の気持ちと相手を気遣う言葉
  5. 結びの言葉
  6. 結語

という流れで書くのが基本になります。

 

それでは実際に、画像を使って、お礼状の文章の書き方を紹介します。

 

 

 

仕事関係|お礼状の文章例

お中元のお返しのお礼状の仕事関係に送る時の例文参考元 http://letter.sincerite-shop.com

 

まずは、仕事関係のお付き合いがある相手方にお礼状を書く場合は、少しお堅い文章ではありますが、きっちりとしたお礼状を書きましょう。

 

社会人として、このレベルのお礼状が書けると、道徳やモラルが身についた方だと認識してもらえるでしょう。

 

 

一般的|お礼状の文章例

お中元のお返しのお礼状の一般の方に送る文章例参考元 http://letter.sincerite-shop.com

 

続いては、一般的なお礼状の文章例です。

 

お中元を頂いた感謝の気持ちや、健康の事やご自身の近況をお伝えするだけで十分です。

 

 

頭語と結語|お礼状の文章1

文章の頭語と結語参考元 https://imgcp.aacdn.jp

 

お礼状の文章の書き始めや末尾は、どうすれば良いのでしょうか?

 

一般的なお手紙や文章を書く時にも、頭語や結語を使用するかと思いますが、お中元のお返しのお礼状の場合は、

  • 拝啓
  • 敬具

この2つを使うのが一般的ですよ。

 

 

 

時候の挨拶|お礼状の文章2

文章の季節の言葉集参考元 https://imgcp.aacdn.jp

 

頭語の次に続く、季節を表す「時候の挨拶」です。

 

お中元の時期は7月もしくは8月の地域が大半ですので、7月と8月の季節の言葉を使って、挨拶の言葉を書いていきます。

 

少し書き慣れないかも知れませんが、

  • 7月:盛夏の候、いかがお過ごしでしょうか?
  • 8月:残暑厳しき折、お変わりなくお過ごしでしょうか?

初めは調べながら書くと良いですね。

 

 

結びの言葉|お礼状の文章3

お礼状の文章の最後には、相手の健康などを気遣った言葉で締めると文章が美しくなりますよね。

 

一般的な末文は、

  • しばらくは厳しい暑さが続きますが、どうぞご自愛ください。
  • 猛暑厳しい折、お体に十分気をつけてお過ごしください。

この他にも、色々な結びの言葉があるので、こちらも初めは調べながら書いて徐々に覚えていきましょう。

 

 

お礼状の書き方のまとめ

お礼状」は、形式ばった中に、

  • 自分の気持ち
  • 相手を気遣った言葉

を、文字にする事がポイントです。

 

まずは基本的な例文を参考にしながら、書いていくうちにだんだんと慣れ、スムーズに書けるようになりますよ。

 

Sponsored Link

 

金額の相場は?|お中元のお返しマナー4

お中元の品物の金額相場参考元 http://yougo-girl.com

 

お中元のお返しとして品物を贈る場合は、お返しする金額に注意が必要です。

 

一般的には、頂いたお中元の品物の同額から半額程度の品を選んで、お返しするのがマナーとなっています。

 

お中元を贈る側の金額の相場は、「3,000円~5,000円」程の、お中元の品物を選ぶ人が多いようですね。

 

そうすると、お中元のお返しの品物の、金額の相場は1,500円~4,500円」程で、考えていれば良いでしょう。

 

また、頂いたお中元の品物の金額よりも、明らかに高価なお返しをした場合は、「来年からはお中元を送らなくて結構です。」という意味に、受け取られるので注意が必要です!

 

お中元のお返しは気持ちが大事なので、相手の「好きな品物」や、家族が多い場合には「量が多い品物」を、選ぶと喜ばれる事が多いですよ。

 

 

お中元の関連記事

お中元の時期は地域によって異なります。

 

 

お中元を贈る時のマナーは、下記を参考にして下さい。

 

また、こちらの記事を読まれた方は下記も参考にされています。

(お中元に人気の贈り物の記事)

 

 

あとがき

お中元のお返しのマナーは、お役に立ちましたでしょうか?

 

お返しの品物はもちろん大事ですが、まず絶対に必要なのは「お礼状」ですね。

 

お中元を頂いて嬉しい気持ちや、相手の気遣いや感謝の心を感じ取り、相手にしっかりと伝えましょう!

 

今回は、お中元のお返しのマナーで、

  1. お返しの必要性
  2. のしの書き方
  3. お礼の方法
  4. お礼状の書き方
  5. お礼の品物の金額の相場

を、順番に紹介しました。

Sponsored Link