夏といえば海に行ったりバーベキューに行ったりと、

アウトドアな遊びやイベントが盛り上がる季節ですね。

 

海岸までドライブを楽しんだり、

車を使って旅行を楽しむなら気分の盛り上がる音楽を聴きながら、

運転したいですよね!

 

夏にしか聴けない音楽や夏だからこそ聴きたくなる音楽を、

車の中でいっぱい流してドライブを思いっきり楽しみましょう!

 

今回は夏のドライブで聴きたい音楽特集!!

夏のドライブで盛り上がる邦楽 洋楽を紹介します!

Sponsored Link

夏のドライブで聴きたい音楽!
夏のドライブは邦楽が人気

まずは夏のドライブで聴きたい音楽として、

夏のドライブで盛り上がる邦楽を紹介します!

 

夏のドライブで盛り上がる邦楽と言えば、

ものすごい種類の曲がありますね。

 

レゲエフィーリングの曲や、

ブラジルのサンバ・ヂ・モーホをスタイリッシュにした、

ブラジリアンなポップスなどアレンジセンスが秀逸に光る、

夏のドライブにぴったりな音楽ばっかり!

 

歌詞と一緒に口ずさみながらハンドルが握れる、

印象的なメロディが織り込まれた邦楽ばっかりな、

夏のドライブで盛り上がる邦楽を紹介しましょう!

 

 

夏のドライブで聴きたい音楽×bird Life

ブラジルの音楽と言えばサンバが有名ですが、

そのサンバにも種類が存在し細分化されて、

多くのブラジル人に親しまれているのをご存知でしょうか?

 

ブラジルの大衆文化に迎合したサンバとして有名なのが、

サンバ・ヂ・ホーダが有名ですが、

そんなブラジルのサンバテイストをスタイリッシュに、

クラブサウンドとしても成立する音楽へと昇華させたのが、

シンガーbirdが歌うLifeですね。


MONDO GROSSOこと大沢伸一がプロデュースしたLifeは、

birdの代表曲として認知されるくらいまで有名になった1曲。

 

ソウルフルで低音域が特徴的なbirdの歌声と、

ブラジリアンな演奏がベストマッチしたLifeは、

夏のドライブで水平線や海岸が眺めれる場所で流す邦楽として、

バッチリな音楽ですね。

 

テンション上げるのにバッチリなドライブソングなのに、

なぜかどこか哀愁を感じさせ胸が少しきゅんとする、

サウダーヂを感じるbirdの歌声は夏のドライブには欠かせない、

ドラマチックな邦楽です。

 

 

夏のドライブで聴きたい音楽×ornage pekoe 太陽のかけら

オーガニックでブラジリアンな要素がしっかり反映された、

ornage pekoe 太陽のかけらは夏のドライブで聴きたい音楽として、

邦楽好きなリスナーから支持されていますね。

 

エレクトリカルなサウンドメイキングが施された、

楽曲が多いイメージのornage pekoeですが、

ウッドベースや管楽器の生音もしっかりとパッケージされているので、

温かみのある温室を楽しむこともできますね。

メロディと和音のハーモニーが美しく、

おしゃれで緊張感のある雰囲気を演出している、

ジャズ要素も織り込まれておりながら、

途切れることのない心地よいエレクトリカルなグルーヴが、

orange pekoeのオリジナリティとして表現されています。

 

夏のドライブの音楽はおしゃれでスタイリッシュで、

メロディックな邦楽を聴きたい方におすすめですし、

森や林や山々など緑がたくさんあるロケーションで、

ドライブするの時に聴きたい夏のドライブで聴きたい邦楽です。

 

 

夏のドライブで聴きたい音楽×真夏のオリオン
INFINITY16 welcomez MINMI 10FEET

ひと夏の恋をドラマチックに描いた邦楽と言えば、

INFINITY16 welcomez MINMI 10FEETが歌う、

真夏のオリオンが有名ですね。

 

豪華布陣で作り上げられた楽曲なのに、

どのアーティストも存在感をしっかりと発揮されていて、

夏の爽やかな陽気や南国の汗ばむ陽気などの、

夏っぽいテイストが曲の中で活かされているので、

思わず夏のドライブで聴きたくなる音楽です。

何と言ってもこの曲はMINMIの歌声が秀逸ですね、

気になる男性に誘って欲しいのにうまく誘ってくれない、

ジレンマにやきもきする女性の気持ちの抑揚や緩急が、

歌声と歌詞を通じてリアルに表現されています。

 

これから夏本番を迎える時に聴いてしまうと、

何とも言えない切なさを覚えてしまう印象的なサビのメロディは、

夕暮れを迎える海岸や水平線に沈んでいく、

太陽を眺めながら聴くのにぴったりな邦楽なので、

夏のドライブで聴きた音楽のバリエーションを増やすのに、

おすすめです。

 

 

夏のドライブで聴きたい音楽×ORIGINAL LOVE 夏着の女達へ

泥臭さとスタイリッシュさが同居した、

アーバンなレゲエテイストがとっても心地良い、

ORIGINAL LOVEが歌う夏着の女達へは、

夏のドライブで聴きたい音楽の1つにふさわしいですね。

レゲエのリズムが醸し出す土臭さを上手く払拭し、

ビルとビルの間を貫く大通りを夏の日差しに照らされながら、

ドライブしているロケーションをイメージさせる、

そんなドライブソングとしても聴ける邦楽ですね。

 

夏の都会が似合うドライブソングも珍しいですし、

夏のドライブで聴く音楽と言えば、

都心を離れて山や川や海へ向かう道中で、

楽しむ事が多いですがロケーションを選ばず、

夏のドライブが楽しめる邦楽は、

そんなに多く存在しないので、

トラックリストに追加しておきたい1曲ですね。

 

 

夏のドライブで聴きたい音楽×Paris Match summer breeze

これぞまさに夏のドライブで都会を走る時にぴったりな、

邦楽として挙げられる1曲ですね。

 

タイトルにもある通り夏の微風をイメージさせる、

アーバンでエレクトリカルな仕上がりなので、

夏のドライブで聴きたい邦楽の1つですね。

ブラジリアンなサンバテイストと、

おしゃれなホーンセクションがポップに絡み合っていて、

軽快なクラブサウンドとしても楽しめますし、

夏のドライブでひんやりとした冷却効果を、

音楽に求めるならおすすめしたい邦楽です。

 

フランスのニースやイタリアのカンヌなど、

ヨーロッパのリゾートビーチを連想させる邦楽も、

なかなかありませんので、

ビーチを目指す夏のドライブで聴く音楽として、

summer breezeもストックしておいてください!

 

 

夏のドライブで聴きたい音楽×HITOMITOI SurfbunkSocialClub

夏のドライブをそのまんま音楽で表現したような1曲が、

HITOMITOIのSurfbunkSocialClubです。

 

夏の日差しで彩られた海岸沿いの道を、

オープンカーのウィンドウを全開にしながら流す音楽は、

アーバンでおしゃれなシティポップだと、

より一層気分を盛り上げてくれますよね。

アルバムジャケットにもある様に、

夏の海で波と戯れるサーファーを連想させる、

HITOMITOIの遊び心も楽しいですし、

サーフィンを楽しんだ後にテラスが用意された、

海辺のレストランでディナーを楽しむ。

 

夏のドライブだけでなく夏のリゾートまで、

楽しく盛り上げてくれる音楽ですね。

 

用もないのに海岸沿いの道をドライブしたくなったり、

夏のドライブをスタイリッシュに飾りたい、

そんなシチュエーションにぴったりはまる邦楽が、

HITOMITOIのSurfbunkSocialClubです。

 

 

夏のドライブで聴きたい音楽×山下達郎 RIDE ON TIME

もはや説明不要!

 

夏のドライブで聴きたくなる音楽と言えば、

山下達郎のRIDE ON TIME(1:17:39〜)を差し置いて、

他にどんな邦楽が選ばれるでしょうか?

 

まるで夏の1日の始まりから終わりまでを、

1つの音楽として表現されたかの様な1曲なので、

夏の日の朝、午後、夕方、どのタイミングにドライブしても、

夏のドライブソングとして成立する1曲ですね。

最近ではMay.JもRIDE ON TIMEをカバーしており、

山下達郎が歌うニュアンスとはまた違った、

涼しさを提供してくれるスマートな雰囲気なので、

夏のドライブで聴きたい音楽として選んでみてください。

 

 

夏のドライブで聴きたい音楽×UA 情熱

日本で夏を過ごしているのに、

何故か東南アジアや中南米の南国で夏を過ごしている様な、

いい意味での錯覚を覚えさせてくれる夏のドライブに聴きたい、

音楽と言えばUAの情熱ですね。

 

夏のドライブはあえて汗をいっぱいかいて、

太陽が照らす日差しと肌にまとわりつく様な湿気で、

暑さを楽しみたいという方におすすめな邦楽かもしれません。

UAのねっとりとしていながらも、

深みのある歌声とそれを後押しする様に奏でられる、

ホーンセクションの豪華さが、

夏のドライブをより一層盛り上げてくれますね。

 

サビも特徴的なメロディで歌われていて、

曲自体の認知度も非常に高いので、

夏にドライブする際は窓を開けながら、

音楽を口ずさむのにぴったりな1曲です。

 

 

夏のドライブで聴きたい音楽×ケツメイシ お二人Summer

ゆるくてリズミカルなグルーヴと、

夏の日の晴天をイメージさせるメロディがたまらない、

ケツメイシのお二人Summerは、

まさに夏のドライブで聴きたい音楽としてぴったりですね。

お二人Summerが人気な理由として挙げられるのは、

4つ打ちのシンプルなビートで構成されたリズムと、

誰でもカンタンにノレるし、

覚えやすいサビのメロディは、

夏のドライブを盛り上げてくれる邦楽として大人気!

 

友達や仲間と夏にドライブを楽しむなら、

間違いなく押さえておきたいドライブの人気曲ですね。

 

 

夏のドライブで聴きたい音楽×MISIA あの夏のままで

夏のドライブソングや夏に聴きたい音楽と言えば、

夏空に映える白い雲や緑の木々が生い茂る山の姿など、

夏の日の昼間にぴったりな音楽が多いですね。

 

日本が世界に誇る歌姫 MISIAのあの夏のままでは、

夏の夜のドライブや夏の星空を眺めながら聴きたい、

壮大なスケールで歌い上げられている1曲です。

夏の世の星空は星座や天体が光り輝き、

宇宙のスケールの大きさを感じる事ができますが、

そんなスケールの大きさに似合う音楽が、

MISIAの持つ圧倒的な歌声に彩られたあの夏のままでです。

 

夏の夜のドライブに聴きたい音楽や邦楽も、

かなり数が限られてきますが、

熱帯夜を解消するために涼みがてら車を走らせ、

ドライブをするならやっぱり音楽は必要ですよね。

 

MISIAの歌と言えば夜のイメージが圧倒的に強いですが、

そのイメージを逆手に取って、

夏の夜のドライブに聴きたい邦楽として、

チェックしておきたいですね。

Sponsored Link

夏のドライブで聴きたい音楽!
夏のドライブは洋楽が人気

夏のドライブで聴きたい音楽として、

夏のドライブで盛り上がる邦楽を紹介しましたが、

さらに深く夏のドライブで聴きたい音楽を掘り下げるために、

夏のドライブで盛り上がる邦楽を紹介します!

 

夏と言えば日本特有の湿気でジメジメとした、

温帯性のウェットな気候を連想させますし、

その気候の似合う夏のドライブソングが多くありますが、

海外の夏は熱帯性や亜熱帯性に分けられる国が多くあるので、

日本の夏とは違ったカラッとした日差しを連想させる、

洋楽のドライブソングがたくさん存在しますね。

 

そんなカリビアンでブラジリアンな空気がしっかり感じれる、

夏のドライブで聴きたい音楽の洋楽バージョンを紹介しましょう!

 

 

夏のドライブで聴きたい音楽×Flo Rida sweet spot

ハウスミュージックっぽいニュアンスで歌われる涼やかなメロディと、

聞いてるだけで汗が噴き出してきそうな暑苦しいラップ、

この対極にあるフィーリングを1つにまとめたバランスの良い楽曲、

Flo Ridaのsweet spotは、

夏のドライブで聴きたい音楽のうちの1つですね。

一夜の情事やワンナイトラブなど、

夏の夜は何かとセクシーなハプニングを期待しがちですが、

sweet spotはセクシャルな歌詞で綴られた曲なので、

気になる相手とドライブするならムード作りに役立つかも?

 

PVもエロカワ要素が盛り込まれた、

キュートな映像に仕上がっているので、

夏の恋を成就させたいならドライブには欠かせない洋楽です。

 

 

夏のドライブで聴きたい音楽×Jennifer Lopez Lets get loud

シンガーであり女優でもあるJannife Lopezが歌うLets get loudは、

まさに夏のドライブで聴きたい音楽そのものですね!

 

マイアミビーチや晴天のフロリダがよく似合う、

サルサとロックが合体したような曲の雰囲気は、

夏をさらにヒートアップしてくれる様な暑苦しさがたまりません!!

艶っぽくセクシーにサルサを歌うJanniferは、

まさに世界でも指折りの歌姫ですし、

割と激しいダンスが繰り広げられるLets get loudを、

軽やかに歌い上げるそのエネルギッシュなパワーは、

夏のドライブで聴きたくなる洋楽として、

印象づけてくれていますね。

 

Lets get loudは和訳すると「騒ごうよ」、

みたいなニュアンスの意味なので、

夏のドライブにはぴったりな音楽ですし、

Jannifer自身プエルトリコ系アメリカ人なので、

ラテンアメリカの血を受け継ぐJannifer Lopezだからこそ、

世界的ヒットにも繋げることができた1曲かもしれません。

 

 

夏のドライブで聴きたい音楽×Spankers Sex on the Beach

真夏のパーティーチューンとしても大人気な、

SpankersのSex on the Beachは夏のドライブで聴きたい音楽ですし、

ダンスフロアやクラブで大音量で叫びたい洋楽ですね。

 

ドライブ中にも大音量でSex on the Beachをカーステから流して、

窓を全開にして車を疾走させればストレスも発散できるし、

夏の開放感にマッチしたダンサブルなナンバーですね!

サビの部分を聴くだけでビーチが恋しくなったり、

裸足で砂浜を走り回ったりと、

海で遊ぶ時は絶対トラックリストに追加しておきたい、

ノリノリな洋楽曲。

 

暑い夏をより暑苦しくホットに過ごしたい、

そんなイメージにぴったりな夏のドライブで聴きたい、

洋楽がSex on the Beachですね。

 

 

夏のドライブで聴きたい音楽×Kevin Little turn me on

セントビンセント・グレナディーン諸島出身のソカシンガー、

Kevin Littleが歌うTurn Me Onは、

夏のドライブで聴きたい音楽の1つですし、

2003年に世界中で大ヒットし注目を集めましたが、

今でもクラブで流れば腰をクネらせて踊っちゃう、

カリビアンなグルーヴが鮮烈に響き渡ります。

ソウルミュージックとトリニダード・トバゴで生まれた、

カリプソが融合して誕生したソカのフィーリングで歌われる、

Turn Me Onは歌詞が英語で歌われている音楽なので、

サビのメロディも覚えやすく歌いやすいですね。

 

ラテンアメリカの音楽は多くがスペイン語で歌われている、

そんなイメージを持たれている方も多いですが、

ジャマイカやセントビンセント・グレナディーン諸島は、

イギリスの植民地支配下として何百年と歴史を紡いだ過去を持ってます。

 

英語で歌われるラテン音楽はサルサやソンといった、

スペイン語で歌われるラテン音楽とは違った爽快感や、

快活な印象があるので夏のドライブで音楽を聴く時に、

爽快なラテン音楽を流すならおすすめな1曲ですね!

 

 

夏のドライブで聴きたい音楽×Marc anthony vivir mi vi da

ルンバ・クラーベとモントゥーノがカリブ海に浮かぶ島々を思い起こさせ、

ラテンアメリカの民族意識の結束の強さを感じさせる、

Marc anthonyが歌うvivir mi vi daは、

夏のドライブで聴きたい音楽の1つですね!

 

プエルトリコ系アメリカ人であるMarc anthonyの歌は、

ラテンアメリカ特有のアイデンティティが感じれますし、

スパニッシュテイストも絡まった甘美な歌声は、

とてもセクシーに響き気分を盛り上げてくれます。

タイトルであるVirvir mi vidaは、

スペイン語で「くよくよしても仕方ない」と言う、

ラテンアメリカならではの、

楽天主義的な観念が込められたタイトルなので、

開放感あふれる夏のドライブで聴きたい洋楽に、

まさにピッタリなタイトルですね!

 

そしてMarc Anthonyは前述の、

Jennifer Lopezの元夫でもあるので、

Jennifer Lopezが歌うサルサと、

Marc Anthonyが歌うサルサをプレイリストへ追加し、

夏のドライブをノリノリに楽しんじゃいましょう!!

 

 

夏のドライブで聴きたい音楽×incognito tales from the beach

説明するのもはばかられるくらいの認知度の高さを持つ、

incognitoはアシッドジャズムーブメントを広め、

世界に新たなクラブシーンを創造した、

リビングレジェンド的なバンドですね。

 

そんなincognitoのtales from the beachは、

タイトで引き締まった粒立ちの良いバンドアンサンブルで奏でられる、

夏に聴きたい極上の音楽です!

おしゃれな演奏なのにしっかりと夏のビーチをイメージさせる、

表現力の高さにもビックリですし、

夏のドライブでBGMとして流す音楽としても、

しっかり成立するところが素晴らしいですね。

 

ファンキーでありながらブラジリアンな要素もある、

incognitoは夏のドライブで聴きたい洋楽の1つです。

 

 

夏のドライブで聴きたい音楽×Jamiroquai
Seven Days In Sunny June

同じくアシッドジャズの至宝として、

メロディアスで軽快なグルーヴで絶大な支持を得るバンドと言えば、

Jamiroquaiですね。

 

ロマンチックでありながら下心も混在している歌詞の、

Seven Days In Sunny Juneは夏のドライブにぴったりな、

音楽かもしれないですね。

シンプルなアコースティックギターのストロークと、

緊張感を宿すピアノのコードが絶妙に絡み合い、

気だるい夏の1日を涼やかにしてくれる、

そんな印象を持った音楽ですね。

 

ゆったりリラックスしながら夏のドライブを楽しみたい、

JamiroquaiのSeven Days In Sunny Juneは、

そんな方にぴったりな洋楽です。

 

 

夏のドライブで聴きたい音楽×Sergio Mendes&Black Eyed Peas
mas que nada

Jorge Benが歌ったことで世界的に大ヒットしたナンバー、

mas que nadaがSergio Mendesと、

Black Eyed Peasもといwill i amの手腕によって、

全く新しい楽曲かのように生まれ変わったmas que nadaは、

夏のドライブで聴きたい音楽としてふさわしい1曲です!

Jorge benが演奏したmas que nadaの原曲は、

サンバを近代的な音楽スタイルへと発展させ、

ボサノバとはまた違うテイストを表現した楽曲です。

 

Sergio Mendesがアレンジしたmas que nadaは、

よりエレクトリカルで重低音がヘヴィに響く、

HipHop要素をふんだんに取り入れた、

真新しいサウンドになっていますね。

 

夏のドライブで聴く洋楽のバリエーションを増やすなら、

エレクトリカルなサンバのグルーヴと、

畳み掛けるラップの応酬でブラックなノリを楽しみましょう!

 

 

夏のドライブで聴きたい音楽×Sabrina Malheiros Connexao

ブラジル出身のシンガーSabrina Malheiros(サブリナ・マリェイロス)が歌う、

Connexaoは洗練されたアンサンブルと、

しっとりした歌声が絶妙に絡むおしゃれな音楽なので、

夏のドライブで聴きたい洋楽としておすすめです!

Sabrina Malheiros自身ブラジルは、

リオデジャネイロ出身ですのでコパカバーナや、

イパネマのビーチから眺める大西洋が眼に浮かぶ様な、

ブラジリアンな雰囲気がたまらなく夏を感じさせてくれますね。

 

日本ではほとんど知名度がないシンガーですが、

日本の夏や海では感じる事ができない、

哀愁を感じたりやさざなみが聴こえて来そうな、

繊細な一面も持ち合わせた音楽ですので、

夏のドライブで是非聴きたいですね!

 

 

夏のドライブで聴きたい音楽×Marisa Monte amor i love you

ボサノヴァは1950年代にブラジルで誕生した音楽ですが、

そのボサノヴァを更に磨き上げ、

様々な音楽ジャンルと混ぜ合わせ発展させた音楽が、

MPB(ムジカ・ポプラール・ブラジレイラ)と呼ばれる音楽です。

 

そのMPBの女王とも呼ばれている、

Marisa Monte(マリーザモンチ)が歌う、

amor i love youは夏のドライブで聴きたい音楽です。

ポルトガル語と英語が混在した曲ですが、

歌詞の世界は純粋に恋人や大切な人に、

愛を綴った内容です。

 

Marisa Monte自身オペラが好きで、

声楽をバックボーンに持っているシンガーなので、

クラシカルな歌声と軽快でブラジリアンなリズムが、

夏のドライブでハンドルを握りたくなる1曲です。

 

 

夏のドライブで聴きたい音楽×seu jorge rebel rebel

ファンクやロックをサンバと融合させ、

独自の音楽性へと確立させたseu jorgeが歌う、

rebel rebelは夏のドライブで聴きたい音楽ですね。

ボサノヴァを奏でながらメロディを紡ぐ、

seu jorgeの歌声は、

リオデジャネイロの海岸でミュージシャンがギターを爪弾いている、

そんな夏の情景を思い起こさせる、

緩やかなグルーヴが心地良いですね。

 

繊細に爪弾かれるギターのストロークに清涼感を感じますし、

sei jorgeの低い歌声がとてもセクシーですので、

暑苦しさと涼しさ両方を感じされる音楽は、

夏のドライブで聴きたい洋楽ですね。

 

 

夏のドライブで聴きたい音楽×shakira hip’s dont lie

コロンビア出身のラテンポップシンガー、

shakiraが歌うhip’s dont lieも、

夏のドライブで聴きたい音楽ですね。

 

ラテンポップとカテゴライズされているのに、

英語で歌われている曲だし、

世界的にもヒットした好成績を残しているので、

サビのメロディを覚えてドライブで口ずさみたいですね。

言わずもがなダンサブルなナンバーですので、

ダンスが好きな方からすればなんとなくでも良いので、

hip’s dont lieの振り付けも覚えて、

腰を動かせながら口ずさめばより一層盛り上がりますね。

 

曲のタイトルもセクシーで思わせぶりな意味なので、

夏のドライブで聴きたい洋楽の中でも、

ホットな音楽ですね。

 

 

夏のドライブで聴きたい音楽×pitbull international love

pitbullがchris brownをフィーチャーしたinternational loveは、

夏のドライブで聴きたくなる洋楽ですし、

ミドルテンポで低音を強調させたリズムは、

ゆったりした雰囲気の曲調なのにパンチの効いた、

ダンサブルなナンバーですね。

両親がキューバ人であり自身もキューバ移民が最も多い、

フロリダ育ちのpitbullが放つラップは、

ラテンフレーバーを感じさせるニュアンスですし、

サウンドトラックもレゲトン調で作られているので、

夏のドライブにはぴったりな洋楽です!

 

レゲトン調のリズムにR&Bのテイストも含まれてるので、

様々な音楽ジャンルがクロスオーバーした、

pitbullの音楽は先進的なアレンジがかっこいいですね。

 

 

夏のドライブで聴きたい音楽×Pharrell Williams It Girl

2014年に発売されたアルバム「girl」を通じてグラミー賞を受賞したり、

リードシングル「HAPPY」が22カ国でチャート1位を記録したりと、

まさに時代の寵児として新たな音楽性を確立した感のある、

Pharrell Williamsが歌うIt Girlは、

夏のドライブで聴きたい音楽ですね!

全篇日本のアニメーションで作成されたPVは、

日本の夏イベントがそのままアニメで再現されていたり、

バトゥカーダで必ず使われるブラジルの民族楽器、

「アゴゴ」が曲中で使われ夏っぽい雰囲気に拍車をかけたりと、

夏に聴かなかったらいつ聴くのか不思議になるくらい、

暑さを体感できる音楽と言った感じです。

 

音の抜き差しが非常に上手く、

音数が少ないのにしっかりとグルーヴを感じられる、

Pharrell Williamsのトラックメイキングは、

スタイリッシュに仕上げられた音楽ばかりですので、

夏のドライブでお出かけの際はIt Girlを聴くのが、

おすすめです!

 

 

夏のドライブで聴きたい音楽×Billionaire
Travie McCoy feat.Bruno Mars

裏拍で爪弾かれるギターのリフが、

レゲエフィーリングなリズムを醸し出していて、

そこにメロディアスなラップが絡む事で、

涼しげな印象をあたえてくれる、

Travie McCoy feat.Bruno MarsのBillionaireは、

夏のドライブで聴きたい音楽の1つですね。

 

天才的メロディメーカーBruno Marsと、

ジム・クラス・ヒーローズとしても有名な、

Travie McCoyコラボするだけでも話題性沸騰なのに、

話題性の高さだけで判断されず、

HipHopとアメリカンなストリートカルチャーを混ぜ合わせた、

クオリティの高い楽曲は絶妙にリズムがハネていて、

夏のドライブで盛り上がる洋楽でもありますね。

BillionaireのPVを真似て、

友達2人とオープンカーでドライブしながら、

「金持ちになりたい!」なんて夢を語り合えば、

夏のドライブの楽しい思い出にもなりますね。

 

夏の日の晴れた午後や夕陽が眺められる海岸など、

夏にドライブで1日移動する日がある時は、

何回でも聴きたくなるドライブソングですね。

 

 

いかがでしたか?

 

夏のドライブで聴きたくなる音楽はブラジル音楽や、

カリブ海諸国の音楽などラテンアメリカを連想させる、

ホットで暑苦しい音楽かアーバンで洗練された、

ひんやりした空気を感じさせるアシッドジャズやシティポップ系の音楽、

どちらかに分かれる事が多いですね。

 

夏のドライブは音楽がないとやっぱり始まらないので、

このサイトで紹介した邦楽と洋楽曲をプレイリストに入れて、

ロケーションに沿ったオリジナルドライブトラックを作っちゃいましょう!

 

 

今回は夏のドライブで聴きたい音楽特集!!なので、

夏のドライブで盛り上がる邦楽 洋楽を紹介しました!

Sponsored Link

最後までご覧頂きありがとうございます