ハロウィンと言えばコスプレパーティや、

かぼちゃの装飾が施されたお店などへのイベント参加など、

ハロウィンの市場規模は年々増加傾向にありますが、

近代化したハロウィンイベントの中でも、

古来から受け継がれているハロウィンに於いても、

忘れてはいけない重要なツールがありましたね。

 

もうお分かりの通りハロウィンで忘れてはいけないツールとは、

お菓子の事ですが最近ではお菓子のデコレーション技術や、

創作お菓子のバリエーションがとても進化し、

進化と同時に手作りで可愛いお菓子や、

おしゃれなお菓子の技術も向上しました。

 

そんなかわいくておしゃれな手作りお菓子を、

ハロウィンに披露せずしていつ披露するのか?

 

今回はハロウィンはグロテスクなお菓子が人気なので、

クッキーやゼリーになったハロウィンのグロいお菓子を、

紹介します!

Sponsored Link

ハロウィンのグロいお菓子!
クッキーやゼリーになったグロいお菓子を紹介

ではハロウィンのグロいお菓子を、

クッキーやゼリーになったグロいお菓子として、

紹介しましょう!

 

仮にお菓子作りが得意な方が、

年に何回か本気を見せる瞬間があるとすれば、

その内の1回はハロウィンであることは間違いないでしょう。

 

味は美味しかったとしても、

見た目がグロテスクなお菓子を作る手間や、

労力は普通に作るお菓子の時以上に必要な部分ですね。

 

そう考えればグロテスクなお菓子を喜んで食べてもらえるのは、

ハロウィンシーズンのみに限られて来ますので、

創作意欲旺盛でお菓子作り大好き!という方も、

普段はお菓子作りなんてしないけど、

グロテスクなお菓子を作るのは興味がある!という方も、

ハロウィンのグロテスクなお菓子のレシピ動画を、

5種類紹介するので参考にしてみてください!

 

 

ハロウィンのグロいお菓子×ゾンビハンドゼリー
(Giant Gummy Zobie Hand3D)

まずはゾンビの腕をイメージした、

ゾンビハンドゼリー Giant Gummy Zobie Hand3Dの、

作り方を紹介しましょう!

 

ハロウィンのグロテスクなお菓子の定番といえば、

ゼリーで作られたお菓子ですが、

その定番を裏切らないグロいのにどこかスタイリッシュな、

ゾンビハンドゼリーを作ることができれば、

より一層お菓子作りの腕に自信が付くでしょう!

 

ハロウィンのグロいお菓子の作り方×ゾンビハンドゼリー
(Giant Gummy Zobie Hand3D)

1.まずはゼラチンとライムゼリーの素と、

計量カップとゴム手袋を用意します。

 

2.ボウルに水とゼラチンを混ぜダマになるまで混ぜ、

そこにお湯を注ぎ混ぜます。

 

3.次にライムゼリーの素をボウルへ投入し混ぜます、

混ぜている際に発生した泡はアクを取る様な感じで、

ボウルの外へと掬い出して行きます。

 

4.緑色に固まったゼリーをゴム手袋へ注入し、

注ぎ終えたらゴム手袋の口を縛りって止めます。

ゴム手袋が型の代わりになるので、

型に流し込むイメージでゼリーを注ぎましょう。

halloween okasi gurotesuku jelly cokie  20.53.24

参照元https://i.ytimg.com

5.ゴム手袋にゼリーを注入したら、

それを冷凍庫に入れ2時間置きましょう。

 

6.2時間経過したら冷凍庫から取り出し、

ゴム手袋をハサミで切り剥がして行けば、

ゾンビハンドの土台は完成です。

 

後は爪の部分に白いアーモンドやナッツを乗せて、

ゾンビハンドの指先を整えていきましょう。

 

お皿に盛り付ける際も、

血糊を連想させる赤いジャムやゼリーを加えて、

ゾンビの切り落とした手首というリアリティを表現できれば、

ハロウィンのグロテスクのお菓子として成立するでしょう。

 

 

ハロウィンのグロいお菓子×脳みそケーキ
(Bloody Jello Brain Cake for Halloween)

真っ白なスポンジケーキを土台とし、

その上にゼリーで作った脳みそを乗せた、

インパクトの強い脳みそゼリーケーキ、

Bloody Jello Brain Cake for Halloweenは、

ハロウィンにゴロテスクなお菓子を作りたい方の欲求を、

全て叶えてくれる様なお菓子です。

 

この脳みそゼリーケーキを作るための必須グッズと言えば、

脳みその型が取れる脳ゼラチンモールドですね。

脳みそのシワが繊細に描かれている事で、

より一層グロテスクなニュアンスをお菓子で表現できるので、

ハロウィンでグロテスクなお菓子を作るのには、

マストなグッズですね!

 

ハロウィンのグロいお菓子の作り方×脳みそゼリーケーキ
(Bloody Jello Brain Cake for Halloween)

1.まずは中型ボウルにピンクと薄いブルーで着色された、

ゼリー粉を投入し、

その後ゼラチンと400mlのお湯をボウルに注ぎ撹拌します。

 

2.ゼラチンとゼリー粉とが混ぜ合ったら、

生クリームとヨーグルトをボウルへ注ぎます。

 

ヨーグルトや生クリームの固形っぽさがなくなり、

ゼラチンやゼリー粉と溶解するまで撹拌します。

 

3.用意しておいた脳みその型へ、

ゼラチンと溶解したゼリーの素を注入しますが、

事前に脳みその型の表面へ、

テフロン加工を施すスプレーを振りかけておけば、

ゼリーが固まって別の容器に移す際に剥がしやすくなるので、

忘れずにテフロン加工用スプレーを準備しておきましょう。

 

4.注入された脳みその型を冷蔵庫へ入れ、

そのまま4時間〜6時間寝かせます。

その間に脳みそゼリーの土台として必要な、

生クリームのスポンジケーキを用意します。

halloween okasi gurotesuku jelly cokie  20.53.24

参照元http://www.baking-cakes.net/

5.スポンジケーキの上に脳みそゼリーを置いたら、

ケーキとゼリーの境目を無くす様にバタークリームを、

ゼリーの縁に塗ります。

 

6.最後に脳みそゼリーの上から、

血糊(赤色の食用着色料)を垂らせば、

脳みそゼリーケーキ(Bloody Jello Brain Cake for Halloween)の、

完成です!

 

インパクト絶大なのはもちろん、

生々しさも絶大なので、

ハロウィンのグロテスクなお菓子の候補として、

加えてみてください!

 

 

ハロウィンのグロいお菓子×ゾンビケーキ
(Warking Dead3D severed Zombie Skull Cake)

人気海外ドラマ、

「ウォーキングデッド」に登場するゾンビ、

(ドラマの中ではウォーカーと呼ばれている)の顔をモチーフにした、

ゾンビケーキ(Warking Dead3D severed Zombie Skull Cake)は、

まさにハロウィンのグロテスクなお菓子として、

超王道・ど真ん中を歩くお菓子なので、

おしゃれさや可愛さをハロウィンのお菓子には求めていない、

徹底的なグロさをお菓子で表現したい、

そんな型に是非チャレンジして頂きたい、

ハロウィンの創作お菓子です。

そんなゾンビケーキを作る際に必要なグッズと言えば、

ゾンビの顔を形成させるために必要な、

頭蓋骨の型抜きですね。

 

ハロウィンのグロテスクなお菓子を作る上で、

かなり難易度が高く下準備も、

しっかりしておかないといけないのが、

ゾンビケーキです。

 

そしてケーキ自体の量も多めで、

味も濃厚な仕上がりで作られているので、

大勢が集まるハロウィンパーティや、

ホームパーティで振舞う予定を計画しておいた方が、

せっかく作ったのに食べ残しが出てしまったなんて、

残念なオチにならないためにも、

用意周到に計画を立てておきたい、

ハロウィンのグロテスクなお菓子です。

 

 

ハロウィンのグロいお菓子×眼球ゼリー
(Halloween Jello Eyes)

ハロウィンのグロテスクなお菓子の中でも、

ポップでカジュアルな印象の強いお菓子と言えば、

ゼリーで作られた眼球のお菓子ですね。

 

Halloween Jello Eyesは、

きゃりーぱみゅぱみゅの音楽にマッチしそうな、

カラフルでアーティスティックなお菓子です。

眼球ゼリーは何と言っても、

型が非常に大事!

 

球体状でゼリーの型が作れる型抜きでないと、

当然眼球ゼリーを作ることはできませんね。

 

このシリコン製のキューブ状アイストレイであれば、

球体型の氷を作る事も出来ますし、

ゼリーの原液を流し込んで冷蔵すれば、

カンタンに眼球ゼリーの土台を作れますので、

ハロウィンのグロテスクなお菓子を作るグッズに最適です。

 

 

ハロウィンのグロいお菓子×歯型クッキー
(Monster trilogy)

歯型クッキー(Monster trilogy)に必要なのは、

モンスターによって体を喰い千切られて惨殺された、

人間たちをキャッチーな見た目に変換して、

ハロウィンのグロテスクなお菓子として表現する事です。

 

そのためにも人間をクッキーで形どるために必要な、

型抜きを準備しておかなければなりません。

人の形に型抜きができて、

クッキーとして焼き上げる事ができれば、

どんな型抜きであっても特に問題はないですね。

 

ただ、クッキー生地を型に流し込み、

焼き上げる直前に体の一部を千切ってから、

オーブンへいれないとMonster trilogyは完成しないので、

ハロウィンにグロテスクなお菓子を、

クッキーで作ろうとする型にとって、

忘れてはいけない重要な部分ですね。

Sponsored Link

ハロウィンはグロテスクなお菓子が人気!
グロいお菓子を作るグッズを紹介

ハロウィンのグロいお菓子を、

クッキーやゼリーになったグロいお菓子として、

紹介しましたが、

ハロウィンはグロテスクなお菓子が人気なので、

グロいお菓子を作るグッズを紹介しましょう!

 

ハロウィンのグロテスクなお菓子は、

スプラッターなルックスのお菓子がほとんどですが、

そのお菓子を作るほとんどが女性ですので、

ただグロいだけでなくどこか可愛かったり、

どこかおしゃれだったりするの、

そのバランスの良い見た目が、

創作意欲を掻き立てる要因にもなっていますね!

 

ハロウィンにゴロて少なお菓子を作りたくなっちゃう、

グロイお菓子を作るグッズを8種類紹介しましょう!

 

 

ハロウィンのグロいお菓子グッズ×アイストレー ヴァンパイア

氷をドラキュラの牙の形に凍らせ、

ノーマルなドリンクでもホラーテイスト溢れるドリンクへと、

早変わりさせる事ができるアイストレー ヴァンパイア。

 

水や透明なリキュールなど、

着色のないドリンクに投入するより、

ヴァンパイアやドラキュラが吸血する、

真っ赤な血を連想させる赤いドリンクに投入した方が、

ハロウィンに振る舞う時は盛り上がるでしょう。

 

ハロウィンのグロいお菓子とセットにして、

ホームパーティやちょっとしたイベントで、

アイストレーヴァンパイアを使うなら、

ブラッドオレンジジュースや色素が薄めのトマトジュース、

アルコールならレッドアイやサングリアの炭酸割りなど、

濃い赤から鮮やかな赤まで様々なドリンクと合わせて、

ハロウィンのグロテスクなお菓子と一緒に、

テーブルを盛り上げましょう!

 

 

ハロウィンのグロいお菓子グッズ×ムンクの叫び アイストレー

画家ムンクが描いた絵画「叫び」にて、

叫び声を上げている人物の氷にしたアイストレー、

ムンクの「叫び」アイストレーも、

ハロウィンのグロテスクなお菓子を作る上で、

盛り上がりを見せています。

 

製氷器として使えるのはもちろん、

チョコやゼリーの生地を流し込んで凍らせば、

そのままお菓子として完成させる事もできるので、

ハロウィンのグロいお菓子作りに間違いなく役立ちます!

製氷器として使って氷にするのも良いですし、

チョコかゼリーとして「叫び」の形をした、

お菓子として使うのも良いですので、

ムンクの「叫び」をハロウィンのグロいお菓子として、

量産しまくれるチャンスですね!

 

 

ハロウィンのグロいお菓子グッズ×脳形氷皿 アイスキューブ

非合法に人体実験を繰り返す医師が、

密かに治験者の脳みそを抉り出し、

そのままホルマリン漬けにし自らのコレクションとして、

研究室に保管している。

 

陳腐ですが何かの物語に登場する闇医者の、

人体に対する興味と、

自らの黒い欲望を満たすために、

様々な人間の脳みそを収集している、

そんなホラーテイスト溢れるシチュエーションを、

氷やゼリーなどのお菓子として表現できる、

脳みそ型アイストレー 脳形氷皿アイスキューブは、

ハロウィンのグロテスクなお菓子を作るのに、

一捻り変化を与えてくれる人気のグッズです。

halloween gurotesk okashi cokie jelly3

参照元http://img.designswan.com/

脳みそをかたどるトレー自体、

そこまで大きくないので、

程よく小ぶりな脳みそ型氷や、

ゼリーなどを量産できるので、

氷として楽しむならば少し飲み口が広めな、

オールドファッションドグラスや、

ウィスキーグラスを用意し、

緑やブルーのドリンクに投入し、

ハロウィンのグロいお菓子と一緒に味わっちゃいましょう!

 

 

ハロウィンのグロいお菓子グッズ×ノムスカルズ ベーキングカップ

ドクロのマグカップかと思いきや、

実はベーキングカップだという、

ノムスカルズ ベーキングカップは、

ハロウィンにグロテスクなお菓子を作るのにピッタリな、

見た目と実用性を兼ね備えています。

 

面白いのはこのベーキングカップに、

ケーキの下地を流し込めば、

仕掛けが発動し何とドクロカップの上から、

脳みその形状をしたまま焼き上がるという、

なんともグロ可愛いお菓子へと仕上がっちゃいます!!

halloween gurotesk okashi cokie jelly2

参照元http://products-import.s3.amazonaws.com

ベーキングカップの胴体部分は、

ポップで可愛いドクロなのに、

焼き上がったケーキだけが妙に生々しく、

リアルな脳みその形状を保っているので、

視覚に訴えかけるインパクトは絶大ですね。

 

ハロウィンにグロテスクなお菓子を、

簡単に作りたい方におすすめですね。

 

 

ハロウィンのグロいお菓子グッズ×チラースカル3Dアイスモール

ハロウィンにグロテスクなお菓子を作るなら、

定番はやっぱりドクロをモチーフにしたお菓子ですが、

ドクロの形をした氷があれば、

お菓子と一緒に味わうドリンクも、

グロくて可愛い飲み物へと変化するのではないでしょうか?

 

チラースカル3Dアイスモールは、

ポップにデザインされたドクロが、

頭蓋骨丸ごと氷に出来るおしゃれなグッズ!

halloween gurotesk okashi cokie jelly

参照元http://cdn1.bigcommerce.com/

透明なドクロをタンブラーやグラスに投入すれば、

まるで生首が白骨化したかの様にドリンクの中で漂い、

ちょっとしたホラーテイストを表現できるので、

ハロウィンのグロテスクなお菓子に添えるドリンクには、

ぜひ使いたいグッズの1つですね。

 

 

ハロウィンのグロいお菓子グッズ×ジンジャーデッドマン
クッキーカッター

人形がレントゲン写真を撮ったかの様な、

人形のドクロ姿をクッキーにできる、

ジンジャーデッドマン クッキーカッターは、

ハロウィンのグロいお菓子作りに外せない、

キュートなルックスの型抜きですね。

 

ハロウィンにグロテスクなお菓子を作る際に、

頭部だけのドクロをゼリーやケーキとして作り、

それをフィーチャーする事が定番化しつつありますが、

人間の全身をドクロにしたクッキーも、

シルエットが丸っこくてかわいらしいので、

その可愛らしさを武器に、

グロさを控えめにする効果もありますね。

やはりハロウィンのグロテスクで可愛い、

お菓子作りには大人気なグッズなので、

クッキーでハロウィンっぽいお菓子を作るのなら、

揃えておくべきですし、

センスの良さを周りから褒められるチャンスです!

 

まるで地中に埋まっていたドクロが、

考古学者に発掘されたかの様な、

焼き上がりの状態にクッキーが仕上がるのも、

おしゃれさを感じるので、

ハロウィンにグロテスクなお菓子を作る際に、

クッキーを焼きあげようと考えている方に、

ぴったりばグッズです。

 

 

ハロウィンのグロいお菓子グッズ×アイストレー ボーンチラーズ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Fred アイストレー ボーンチラーズ 40782
価格:1335円(税込、送料無料) (2017/3/6時点)

海賊旗「ジョリー・ロジャー」と言えば、

黒の旗に白地で描かれたドクロと、

その下にクロスした2本の骨が描かれた、

誰もが必ず見たことがあるデザインですが、

そんな海賊旗を連想させるかの様な、

ドクロと骨の氷が作れるアイストレー ボーンチラーズは、

ハロウィンのグロテスクなお菓子作りにも役立つグッズです。

 

ドクロと骨の型抜きは数多く存在しますが、

ほとんどは型抜きの設計上ドクロと骨が、

一体化している型抜きがほとんどですね。

halloween okasi gurotesuku jelly cokie

参照元https://img1.etsystatic.com

アイストレー ボーンチラーズは、

ドクロと骨が別々になっている型抜きですので、

氷以外にもチョコやスポンジケーキも作れる、

多様性の高いアイストレーなので、

ハロウィンのグロテスクなお菓子作りに最適ですね。

 

 

ハロウィンのグロいお菓子グッズ×アイストレー ミスターボーンズ

アイストレーでありながら、

230℃まで耐熱効果があり-30℃まで冷却出来るので、

アイストレー ミスターボーンズは、

ハロウィンにグロテスクなお菓子を作る際に、

万能性の高いオールマイティな機能力を発揮してくれますね!

 

小さいお子さんがいらっしゃるご家庭だと、

このアイストレーを使ってどっちが先に氷を作るかを競って、

喧嘩して取り合いになるくらい大人気なので、

ハロウィンにグロいお菓子を作るために用意するなら、

2つくらい揃えておく必要があるかもしれませんね。

halloween okasi gurotesuku jelly cokie

参照元http://comamo.jp/

ただ他のアイストレーと違って、

ミスターボーンズはドクロの骨格を保つための、

骨組みがセットになっておりトレーに骨組みをはめ込んで、

そこに水やチョコなどの下地を流し込んで、

凍らせたり焼き上げたりするのですが、

やはり水以外の液体の場合だと仕上げが少し難しく、

イメージ通りのチョコやゼリーやグミにならないこともあるそうなので、

まずは水だけでボーンズの氷を作って、

そこから応用させていきハロウィンのグロテスクなお菓子として、

お子さんやお友達を驚かせたいですね!

いかがでしたか?

 

ハロウィンのグロテスクなお菓子は、

緻密で繊細なレシピがほとんどなので、

普段からお菓子作りに勤しんでいる方でも、

細心の注意を払う必要があるかと思いますが、

お菓子作りを普段から作られている方には、

お菓子作りの基礎があると思いますし、

普段お菓子を作らない方にとっても、

ツボとコツを抑えてレシピの流れを把握すれば、

難しくなく作れると思いますので、

ハロウィンはグロテスクなお菓子を作って、

お友達や家族をびっくりさせちゃいましょう!

 

今回はハロウィンはグロテスクなお菓子が人気なので、

クッキーやゼリーになったハロウィンのグロいお菓子を、

紹介しました!

Sponsored Link

最後までご覧頂きありがとうございます