生チョコって魅力的で全てを包み込んでくれる様な、

包括的な甘さを感じさせる響きですよね。

 

1930年代にスイスはジュネーブが、

発祥とされている生チョコですが、

今や日本ではチョコの新しいレパートリーとして使われる、

定番の人気スイーツですね。

 

義理チョコ、本命チョコ、どちらにも使える生チョコを、

どんな相手に渡すか参考にしてみてください!

 

今回はバレンタインに人気の高い生チョコを紹介します!

生チョコの人気ブランドも一緒に紹介します。

Sponsored Link

バレンタイン2017に人気の高い生チョコはこちら!

バレンタインに人気の高い

生チョコを紹介していきましょう!

 

チョコレート生地に、

洋酒や生クリームを加えた事で作った生チョコを、

さらにアレンジさせた生チョコが主流となっていますね。

 

生チョコの製法はブランドごとに複雑になっていますが、

複雑な製法で造り上げた結果独自の味へと確立させ、

美味しくなった生チョコをバレンタインにプレゼントしましょう!

 

 

バレンタインの生チョコ×京の生チョコ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

京の生チョコ「生チョコ」期間限定
価格:1296円(税込、送料別) (2017/2/26時点)

煎じ機でほうじ茶葉を褐色になるまで焙煎し、

香味を向上させたほうじ茶と、

抹茶を生チョコに閉じ込めた京の生チョコ。

 

ほうじ茶と言えば苦みや渋みが感じれて、

ほうじ茶を楽しむ要素として理解されていますが、

ほうじ茶生チョコは苦み渋みをカットし、

ほうじ茶の芳ばしさのみを生チョコへ溶け込ませた、

新食感を楽しむ事が出来ます。

 

バレンタインの人気生チョコとして、

チョコの甘さとほうじ茶の芳ばしさがバランス良く混ざった、

至高のハーモニーをお楽しみください。

 

 

バレンタインの生チョコ×竹鶴ピュアモルト生チョコレート

生チョコ発祥ブランドから生まれた、

竹鶴ピュアモルト生チョコレートは、

竹鶴の深い味わいとコクが生チョコに包まれた、

新感覚の生チョコボンボンです。

 

リキュールと生チョコの相性は、

板チョコよりも相性が良いみたいなので、

硬い板チョコよりも柔らかい生チョコの方が、

竹鶴のポテンシャルを際立たせる、

ベストな組み合わせと言えるでしょう。

 

チョコとウィスキーの組み合わせは、

何と言っても味のバランスが命なので、

チョコレートボンボンが苦手な方でも、

バレンタインに楽しめる生チョコとして、

クオリティの高い仕上がりとなっているでしょう。

 

 

バレンタインの生チョコ×ロイズ プレシャス

バレンタイン 生チョコ 人気

参照元http://www.royce.com/

バレンタインの人気生チョコと聞いて、

多くの人が連想する生チョコブランドと言えば、

ロイズですね。

 

「プレシャス」と名付けられたロイズの生チョコは、

何とスプーンですくって食べる生チョコ!!

 

生チョコが入った容器もチョコで作られているので、

スプーンを使わずそのまま食べる事も出来るし、

暖めてミルクに溶かす事も出来ます。

 

1つの生チョコで何個も違う食べ方が楽しめるなんて、

スイーツ好きな女性にはたまらない生チョコですね!

 

 

バレンタインの生チョコ×生チョコサンド

ベルギー産生チョコをさらに柔らかいふわふわの生地でサンドした、

生チョコサンドがバレンタインの生チョコとして人気です。

 

ただでさえ柔らかい生チョコをフワフワの生地でサンドし、

これまでにないふんわりスイートな生チョコの完成させました。

 

食べやすく手で掴んでも指が汚れない、

スマートな仕上がりも魅力的な生チョコサンドは、

バレンタインの義理チョコとして活躍するかも?

Sponsored Link

生チョコの人気ブランドを紹介

バレンタインに人気の高い生チョコを紹介しましたが、

ここからは珍しいながらも一度は必ず食べてみたい、

生チョコの人気ブランドのラインナップを紹介しましょう!

 

バレンタインシーズンにしか注目されない、

珍しい生チョコばかりですが、

味はもちろん絶品ですので是非バレンタインの生チョコとして、

選んでみてください!

 

 

フランツ 生チョコタワー

イカリ型のチョコや工具型チョコでおなじみの、

神戸フランツが作った生チョコタワーは、

3種類の味で別々に分けて作られています。

 

遊び心に溢れたチョコ以外にも、

正統派なチョコでも人気がある神戸フランツは、

チョコの製造方法に自信があるので安心ですね。

 

プレーンといちごと抹茶の、

3種類で作られた生チョコタワーは、

神戸フランツ独自の生チョコですので、

バレンタインは生チョコ三昧で甘さが楽しめます。

 

 

ロイズ 生チョコ シャンパン

フランス大使館御用達シャンパンと言えば、

ピエール・ミニョンが有名ですね。

 

そのピエール・ミニョンを、

ロイズのミルクチョコと混ぜ合わせ作られたのが、

生チョコ ピエール・ミニョン。

 

アルコール度数も低く食べても飲酒と言う事にはならないので、

お子様にも楽しんでもらえると言う配慮もありますね。

 

バレンタインの人気生チョコとして是非プレゼントしてみてください。

 

 

シャンパン&VSOP 生チョコレート

ブランデーの王様VSOPを生チョコに入れたアダルトな生チョコと、

シャンパン入りの生チョコがセットになった、

お酒好きにはたまらない生チョコがこちら。

 

ブランデーとシャンパンを同時に飲む機会って、

なかなかないですしそれを生チョコに含んで、

一緒に楽しめる贅沢なチョコですね。

 

ちゃんぽんしたりピッチを上げて飲むといった飲み方をせずに、

楽しんでのむお酒がブランデーやシャンパンですね。

 

バレンタインの人気生チョコとして、

高級なお酒を規格外の楽しみ方が出来るのも、

チョコだからこそなせる技ですね。

 

 

モエ・エ・シャン・ドン 生チョコ

これぞ本命チョコにピッタリ!

 

モエ・エ・シャン・ドンのシャンパンが内包された珍しい生チョコ。

 

フランスのカカオメーカーカカオバリーのクーベル・チュールチョコ、

「ラクテ」とスイスのカカオメーカー カルマのクーベル・チュールチョコ、

「コインバニラ」を独自にブレンドし、

そこへモエ・エ・シャン・ドンのシャンパンを含有させた、

唯一無二の贅沢生チョコ!!

 

バレンタインに一年で一番幸せなチョコを味わえるとしたら、

モエ・エ・シャン・ドン生チョコかもしれませんね!

 

 

モエ・エ・シャン・ドン ホワイト生チョコ

生クリームたっぷりで作られたホワイト生チョコの中に、

更に贅沢な味わいを演出するために含まれた、

モエ・エ・シャン・ドンのシャンパンが組み合わさった、

ホワイト生チョコ。

 

スイスイはチューリッヒに本拠地を構え、

約6000種類ものチョコを製造販売している、

バレーカルボーシャ産のホワイトチョコに、

モエ・エ・シャンドンのシャンパンを含んだ生チョコは、

まるでフランス料理のコース料理で配られる、

食後のデザートのような贅沢さがありますね。

 

バレンタインの限定生チョコとしてももちろん楽しめますし、

シーズンオフのバレンタイン以外でも楽しむことが出来る生チョコですので、

特別なイベントの際には欠かせませんね。

Sponsored Link

いかがでしたか?

 

バレンタインに人気の高い生チョコをご紹介しましたが、

生チョコと一言で言っても珍しい味の生チョコが多かったので、

ビックリしましたね。

 

生チョコは固形チョコよりも柔らかくて、

製造過程において様々なアレンジがしやすいという点では、

これからもバリエーション豊富な生チョコが出て来そうなので、

バレンタイン以外のシーズンでも生チョコからは目が離せませんね!

 

今回はバレンタインに人気の高い生チョコを紹介しました!

生チョコの人気ブランドも参考にしてみてください。

Sponsored Link

最後までご覧いただきありがとうございます