いちごのワインが新しいワインとして注目され、

日本全国のいちごの名産地が同時に、

いちごのワインセラーの様になり変貌を遂げています。

 

あまおうやとちおとめなど、

日本は全国的に見ても優秀な品種のいちごが多く、

様々な楽しみ方ができるのは、

とても贅沢で自然の恵みに感謝したいですね。

 

今回はいちごワインの作り方やレシピと、

いちごワインはあまおうやとちおとめのワインが人気なので紹介します!

Sponsored Link

いちごワインの作り方やレシピを紹介

まずはいちごワインの作り方やレシピを紹介しましょう!

 

いちごを使っていちごのサングリアを使ったり、

赤白ワインといちごをコラボさせたスイーツなどは、

割と有名な家庭でも作れるスイーツですが、

いちごだけを使っていちごワインを作るレシピは、

あまり見かけませんね。

 

いちごに関しては毎年いちご狩りへ行ったり、

いちごスイーツを取り寄せしたりといちごマニアが、

多くいるので(笑)そんな方ならいちごワインを作ったり、

それ以外のからでも自宅で簡単に作れるいちごワインのレシピや、

作り方があればチャレンジできると思います。

 

そんないちごワインのレシピや作り方を、

紹介しましょう!

 

 

いちごワインのレシピ

いちごワイン 用意するもの

大きなバケツ、計量カップ、軽量スプーン

 

いちご、砂糖、イーストビタミンB1

ペクトラーストラトリック酸

 

専門的で日頃あまり目にしない様な、

医薬品の様な材料もありますので、

ウェブ上やドラッグストアでお探しください。

 

いちごワイン 工程

まずはいちごを洗いヘタを切り落とします。

そしていちごを丁寧につぶしていきます。

 

そこに砂糖、水、イーストを入れ丁寧に混ぜます。

その後24時間置いておきます。

 

この段階で混ぜ合わせた物を発酵させます。

 

24時間後ビタミンB1、ペクトラース、

トラトリック酸を投入し丁寧に混ぜ合わせてください。

 

ここから4日間放置しますがそのまま放ったらかしにせず、

毎日丁寧に混ぜてください。

 

そしてしっかり蓋をします。

 

4日後、綺麗に消毒したジャーを用意しておき、

そのジャーにメッシュの袋をかぶせ、

4日間放置したいちごをいれ、こしていきます。

 

ジャーには綺麗なピンクの液体だけが入るようにしましょう。

そしてそのジャーにしっかり蓋をし2日間放置します。

 

そのあと再度10日間放置します。

 

空気を抜く特別な器具を使い、

ジャーの中にある空気をしっかり抜く作業を毎日行ってください。

 

この工程で発酵作用は終了です。

 

いちごワインが完成するまでに、

16日間必要となりますのでもしいちごワインを作る際は、

少し気長に完成するのを待つ必要がありますね。

 

そしてしっかり24時間冷やしたらいちごのワインの完成です。

 

 

いちごワインの作り方

いちごと専用の道具さえあれば、

意外と簡単にいちごワインは作れちゃいますね。

 

完成するまでに少し時間掛かりますが、

自宅で梅酒を作ったりぬか漬けを作る人もいたりするので、

いちごワインも同じ感覚で作れたらおしゃれですよね。

 

いちごワイン造りを特技にできれば、

かなりの上級者になりますのでいちご好きを極めて、

いちごワインを作っちゃいましょう!

Sponsored Link

いちごワインはあまおうやとちおとめのワインが人気

いちごワインの作り方やレシピを紹介しましたが、

いちごワインはあまおうやとちおとめのワインが人気なので紹介します!

 

高級いちごの本場である福岡や栃木県で育った、

あまおうやとちおとめを使って作られたいちごワインは、

いちごがそこまで好きでない方からしても興味深いですよね。

 

いちごワインを実践しようとしている方にすれば、

間違いなく飲んでおきたいワインですので、

紹介していきましょう!

 

 

エーデルワイン 早池峰いちごワイン

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エーデルワイン早池峰いちごワイン(ロゼ)
価格:1140円(税込、送料別) (2017/3/6時点)

岩手県大迫町にある早池峰いちご園の、

完熟いちごを使用した優しい甘さのいちごロゼワイン。

 

いちご本来の甘酸っぱいフルーティな香りを、

しっかり引き立てるためにいちごを低温発酵させ、

丁寧に時間をかけて作られたワインです。

 

いちご本来のコクのある甘さと香りが特徴のエーデルワインは、

食前酒、食後酒はもちろんデザートと一緒にいただいてもおいしい、

いちごワインです。

 

アルコール分は7%と標準的な数値ですが、

甘くて飲み易いいちごワインですし

パーティや普段のランチ・ディナーにも使えるいちごワインです。

 

 

那須の原いちごワイン

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

那須の原 いちごワインNasunohara Strawberry Wine
価格:1620円(税込、送料別) (2017/3/6時点)

栃木県産のとちおとめいちごを100%使ってつくられた、

那須の原いちごワインはいちごの香りが口いっぱいに広がる、

爽やかな甘さが特徴のとってもおいしいワインです。

 

優しい甘さ、いちごの甘酸っぱさをしっかり残したこのいちごワインは、

イタリアン、フレンチなどの洋食はもちろん、和食にもぴったり。

 

もちろん主食以外にもデザートとの相性もバッチリで、

様々な料理やシーンに使えるいちごワインです。

 

いちごがお好きな方には特におすすめですが、

日頃からワインを嗜むワイン通にも喜んでいただけます。

 

ボルドーを連想させる深く濃い色のいちごワインですので、

テーブルの上にボトルごとのせるだけでフレンチレストランの様な、

豪華さを放たせる事ができますね。

 

 

山元いちご農園 いちごワイン

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

山元いちご農園 いちごワイン720ml
価格:2160円(税込、送料別) (2017/3/6時点)

山元いちご農園が存在する宮城県南部 山元町は、

温暖な気候に恵まれており土壌も水はけがとても良いため、

おいしいいちごの生産地として知られています。

 

山元いちご農園のいちごはとても粒が大きく、

甘みも強いのが特徴です。

 

この宮城県山元町でとれたいちごを100%使用してつくられた、

山元いちご園いちごワインは上品で華やかな香りと、

しっかりした鮮やかなピンク色を放ち、

そしていちご本来の優しい甘さと甘酸っぱさを感じられる、

とってもおいしいいちごワインです。

 

すっきりした酸味もあるいちごワインなので、

どんなお料理にもぴったりですし、

もちろん食後のデザートとの相性もばっちり。

 

お酒が苦手な方にも楽しんでいただけますし、

手土産やプレゼントにも喜ばれるおいしいいちごワインです。

 

 

豊浦スィートいちごワイン はこだてわいん

北海道豊浦町のいちごを使った豊浦スィートいちごワインは、

いちご本来の香り、酸味、甘味を見事にうまく調和させた、

とてもおいしい甘口でフルーティなワインです。

 

アルコールが苦手な方にもお楽しみいただけるよう、

甘味を強めにして作られたいちごワインなので、

様々な楽しみ方ができます。

 

ソーダ水でいちごワインをソーダ割りにしたり、

いちごと相性のいいフルーツを入れて、

フルーツカクテルにしてみたりできますので、

パーティなどのシーンに喜ばれますね。

 

甘口でフルーティな口当たりなのでどちらかと言うと、

デザートワインとして楽しまれがちですが食前酒や食後酒、

ケーキやチョコレートなどと一緒に楽しんでみるのも良いですね。

 

甘味が強いいちごワインですが後味はさわやかですので、

とても飲み易いですし春らしい綺麗な色のいちごワインです。

 

食卓を明るい彩りで飾ってくれますので、

自宅での料理にアクセントを加えたい場合におすすめな、

いちごワインです。

 

 

あまおういちごワイン

福岡県産の高級完熟いちご 博多あまおうを使って、

丁寧につくられたこのいちごワインはグラスに注いだ瞬間、

ふんわり香るいちごの香りが上品に感じます。

 

すっきりとした甘さと爽やかな酸味が、

うまくマッチしたおいしいいちごワインです。

 

アルコール度数は6%と低めですので、

お酒が苦手な方にも楽しんでいただけますよ。

 

あまおういちごワインの特徴である、

ピリッとしたワインらしい酸味はくせになるおいしさですし、

様々な料理との相性もバッチリです。

 

高級博多あまおうをたっぷり使った、

贅沢ないちごワインですので、

来客をもてなしたり目上の方との会食など、

特別なシーンにもお使いいただけます。

 

 

とちぎのいちごワイン×栃の風プレミアム

ブランデーの様な芳醇な色合いが高級感を醸し出している、

とちおとめを使って作られたいちごワイン。

 

とちおとめを贅沢に醸造させると、

こんな奥深い琥珀色になると言う新発見ですね。

 

とちおとめを贅沢に使ったいちごワインですが、

価格はリーズナブルなのでコストパフォーマンスは、

かなり高いと思いますし、

いちごが好きな人へプレゼントするのに、

かなりひねりの効いたプレゼントになるので、

春に贈り物を考えている方にはぴったりですね!

 

 

いかがでしたか?

 

いちごをそのまま食べていちごを使ってワインを作る、

世界的に見ても日本はいちごを作るのに、

恵まれた土壌なのかもしれないですね。

 

いちごを使ってスイーツを作ったり、

料理のアクセントにする主婦の方やお子さんと一緒に、

いちごスイーツを作ったりするのが主流ですが、

お酒が好きなカップルでしたら彼氏や彼女と一緒に、

いちご狩りで取れたいちごをワインとして活用するのも、

面白くてアリですね。

 

いちごの使い方がぐっと増える、

新たな引き出しとしていちごワインを作ってみてください!

 

今回はいちごワインの作り方やレシピと、

いちごワインはあまおうやとちおとめのワインが人気なので紹介します!

Sponsored Link

最後までご覧頂きありがとうございます