さくらんぼを使ったワインが、

山形県の名産品として有名ですが、

もし可能なら自宅でさくらんぼを使って、

ワインを作ってみたいと思いませんか?

 

赤ワインや白ワインを使った、

さくらんぼのサングリアやスイーツレシピはありますが、

さくらんぼそのものを使ったワインのレシピは、

あまり存在しないのでもし良かったら、

参考にしてみてください!

 

今回はさくらんぼワインのレシピと、

さくらんぼワインは高畠や朝日町の山形産が人気なので紹介します!

Sponsored Link

さくらんぼワインのレシピや作り方

さくらんぼワインのレシピや作り方を紹介しましょう!

 

さくらんぼで作られたワインは珍しいですし、

飲んだ事がある方もほとんどいないと思われるくらいなのに、

専用の道具を使ってやり方さえしっかり抑えれば、

自宅でさくらんぼワインを作る事は可能です。

 

ワイン好きを自称していたり飲むだけでは飽き足らず、

自分でワインを作ってみたいという方にとって、

さくらんぼワインのレシピは参考になるかと思います!

 

 

さくらんぼワイン作り方

用意するもの (0:53〜1:32)

消毒液、バッグ、イースト、酵素、

水、砂糖(ハニーでも代用可能)、

バケツを用意しておきましょう。

 

道具はすべて消毒しておきましょう、

ブリーチを使っても消毒できます。

作り方

まずさくらんぼの茎、種を取ります(1:36〜)

その際にすこし果肉を潰し発酵させます(2:42〜)

 

バクテリアを取り除くためバケツを消毒し、

バケツにメッシュバッグを入れます(3:57〜)

 

そのメッシュバッグに種を除いたさくらんぼを、

いれていき果汁も入れましょう(4:48〜)

 

その後メッシュバッグを閉めて、

イーストをバケツにいれ酵素もいれていきます(6:10〜)

 

最後にメッシュバッグを持ち上げて、

メッシュバッグの下に砂糖をいれます(8:19〜)

 

そしてメッシュバッグを戻し、水をいれます(8:47〜)

 

ゴムベラを消毒し軽くかき混ぜ、

バケツの上にふきんを軽くかぶせておきます(9:19〜)

 

そして24時間待ち、

その後イーストを再度投入します(11:00〜)

 

5日後においしいさくらんぼワインが出来上がりますよ(11:52〜)

 

 

さくらんぼワインレシピ

より本格的にさくらんぼワインを自宅で作るなら、

材料や器具を用意してチャレンジしたいですね。

 

さくらんぼワイン自体数が限られていて珍しいのに、

それを自宅で作ったとなると珍しがられて、

SNSで投稿すればかなり多くのイイねや、

リツィートがあるかもしれません(笑)

 

さくらんぼかアメリカ産チェリーを使うかは、

好みでどちらでも大丈夫だと思いますので、

両方使ってさくらんぼワインを作って、

味の違いを楽しんでみましょう!

Sponsored Link

さくらんぼワインは高畠や朝日町の山形産が人気

さくらんぼワインは高畠や朝日町の山形産が人気なので紹介します!

 

ご自身でさくらんぼワインを作ったとしても、

やっぱり味の手本がある方がより正解に近づけて、

作ってみようという気持ちも強くなるので、

山形産のさくらんぼワインを飲んでみるのは必須ですね。

 

さくらんぼで作られたワインは珍しいですし、

ボルドーやブルゴーニュのフランスワインが好きな方は、

王道ワインのみを好む傾向が強いので、

逆にワイン好きな方はさくらんぼワインを避ける傾向が、

強い気がしますね。

 

そんな王道なワイン好きな女性からも支持される様な、

さくらんぼワインが数多く存在しますので紹介していきましょう!

 

 

さくらんぼワイン×はこだてワイン

北海道 余市産さくらんぼを主原料に作られた、

さくらんぼの果汁たっぷりのおいしいワインです。

 

すっきりとした甘さが特徴で、

優しい風味さわやかな飲み心地が印象的なワインです。

 

そして味わい深いコクもありますので、

ランチやディナーはもちろん、

自宅デザートで料理を楽しむ際にも相性はバッチリです。

 

ケーキワッフルチョコレートのお供に、

ぜひこのさくらんぼワインをお楽しみください。

 

春を思わせる優しいピンクの色合いがとてもかわいらしく、

贅沢な時間を過ごしていただけます。

 

 

さくらんぼワイン×朝日町ワイン

山形はさくらんぼの日本一の品質、

生産量を誇ることで有名です。

 

太陽の光をたっぷり受けて育ったさくらんぼは、

しっかりとした甘みとさわやかな酸味が特徴です。

 

ルビー色に輝く美しいこのワインは、

さくらんぼがお好きな方には特に喜んでいただける、

さくらんぼワインになっています。

 

程よい酸味は後味がさっぱりしていますし、

さわやか上品さくらんぼの甘みが楽しめる、

素晴らしいさくらんぼワインになっています。

 

しっかり冷やしてお飲みいただくと、

より一層おいしいですよ。

 

イタリア料理フランス料理とはもちろん、

和食との相性もバッチリのワインです。

 

 

さくらんぼワイン×olahona


山形を代表するフルーツといえばさくらんぼです。

 

そんな山形産のおいしいさくらんぼを使って作られた、

olahonaはさくらんぼの上品な酸味を残しながら、

優しい甘みも楽しめるとてもおいしいワインです。

 

さくらんぼの真っ赤な色素で綺麗に染まったこのワイン、

みずみずしいさくらんぼの味が楽しめる、

本格的なさくらんぼワインです。

 

さわやかな甘みですのでどんなお料理にも合いますし、

煮卵チャーシュー筍ごはん手作り餃子と言った、

パーティーフードとも相性がバッチリなので、

ホームパーティのお供に用意していきたいさくらんぼワインです。

 

食前酒食後酒としても楽しめる、

様々なシーンに対応できる見た目も素晴らしいさくらんぼワインです。

 

 

さくらんぼワイン×カフェドパリさくらんぼ

春らしい深いルビーピンクの色合いがとってもかわいい、

さくらんぼスパークリングワインは、

濃厚ながらすっきりとした甘さがくせになる、

おいしいさくらんぼワインです。

 

マイルドな泡はとても飲みやすい仕上がりになっていますので、

どんなお料理ともぴったりです。

 

すっきりとした後味ですので、

デザートワインとしてや、

スイーツと一緒に飲むのも良いですね。

 

春の爽やかな気候にぴったりですので、

花見アウトドアにも持ってこいですね。

 

 

さくらんぼワイン×高畠ワイナリー

ワインと一緒にアテを食べながらマリアージュを楽しむ、

それがワイン本来の楽しみ方だと言われますが、

さくらんぼワインに関してはアテは必要なく、

そのままさくらんぼワインを味わうことが、

本来の楽しみ方かもしれませんね。

 

なぜさくらんぼが山形の名産品であるかという事を、

このワインを飲めばわかるかもしれません。

 

果実の宝石と呼ばれるくらい、

さくらんぼは果物のトップに輝いているので、

アテなど食べずにさくらんぼワインだけを、

贅沢に楽しんじゃいましょう!

 

 

さくらんぼワイン×ゴリヤック チェリーワイン

さくらんぼ100%で作られた、

とっても珍しく価値のあるデザートワインである、

ゴリヤックチェリーワイン。

 

食前酒はもちろん食後のデザートワインとして楽しめる、

とってもおいしいさくらんぼワインです。

 

スロベニア北部特産のさくらんぼは、

まろやかな甘みが特徴的で、

甘口でありながら後味すっきりなさくらんぼ

 

そんなスロベニア産さくらんぼで作られたワインは、

とても貴重です。

 

香料を使わずさくらんぼだけを使って作られた、

極上のワインですので、

特別なディナーやランチのお供にぜひどうぞ。

 

甘口のワインが好きな方には特に喜ばれる、

さくらんぼワインです。

 

 

いかがでしたか?

 

ワインやお酒はアテやつまみを食べずに、

お酒の味のみを楽しみたいという方からすれば、

さくらんぼワインは理に適ったワインかもしれません。

 

さくらんぼ自体今だに希少性の高い果物という感じが強く

りんごやバナナの様に比較的年中食べれる果物ではないので、

さくらんぼワインが楽しめる季節も自ずと限られてくるでしょうね。

 

高畠や朝日町と言った山形の名産さくらんぼを使った、

さくらんぼワインはフランスのワインのワインセラーで作られた、

ボルドーやブルゴーニュと同じくらい高い価値があると思いますので、

希少性を感じながらしっかり味わいたいですね。

 

今回はさくらんぼワインのレシピと、

さくらんぼワインは高畠や朝日町の山形産が人気なので紹介しました!

Sponsored Link

最後までご覧頂きありがとうございます