三重県の観光資源と言えば魚や海鮮など、

海の幸が代表的ですし世界中で、

知らない人がいないくらいメジャーな原産品、

松阪牛を食しに国内外から訪れる旅行者は、

枚挙に暇がないほど多く存在しますね。

 

三重県は美食の宝庫とも呼ばれるくらい、

美味な料理や食材が多く存在しますが、

それを食するのは飲食店で調理された品を、

座して待つと言う受け身なイベントなので、

期待値に満たない味だったとした、

ちょっと納得いかないですよね。

 

それに三重県は海産物や牛肉と同じ様に、

天然の貝類の漁獲率が高く、

漁師や海産系の仕事に就かなくても、

能動的に貝をいっぱい採れていっぱい食べれる、

そんなアグレッシブなイベントが楽しめるのも、

三重県の重要な観光資源の一つでもあります!!

 

今回は潮干狩り2017は三重県の無料スポットが人気なので、

御殿場海岸など三重の潮干狩り穴場スポットを紹介!!

Sponsored Link

潮干狩り2017三重県のスポット
高松海岸や鼓ヶ浦海岸での潮干狩り

潮干狩り2017三重県のスポット

高松海岸や鼓ヶ浦海岸での潮干狩りを紹介!!

 

三重県北勢部と呼ばれる、

鈴鹿市や四日市市にも潮干狩りスポットは、

たくさんあります。

 

伊勢湾沿岸に各市町立ち並ぶ三重県は、

北勢部から南勢部どこに住んでいても、

海までのアクセスは比較的カンタンなので、

潮干狩りも手軽なレジャー感覚で行えます。

 

そんな三重県北勢部にある、

高松海岸や鼓ヶ浦海岸での潮干狩りを紹介!!

 

 

潮干狩り2017三重県のスポット×高松海岸

三重県で無料でアサリハマグリしじみなどが採れ、

潮干狩りが楽しめるスポットといえば、

川越町にある高松海岸です。

 

地元の人にも人気の高松海岸では、

4月中旬〜5月初旬のちょうどゴールデンウィークに当たる時期に、

多くの家族連れが高松海岸に集まります。

潮干狩りに必要な道具のレンタルはありませんので、

必ず持参するようにしましょう。

 

この海岸では大きなハマグリアサリが、

採れることで有名ですので、

こういった種類の貝が採りたい方は、

ぜひ高松海岸を訪れてみましょう。

 

高松海岸はとても広いので貝が採れる場所を、

ピンポイントで見つけることが重要です。

 

うまく貝が採れるポイントを見つければ、

たくさんの貝が採れますね。

 

高松海岸は中部電力火力発電所が、

目と鼻の先にある海岸なので、

潮干狩りの帰りは川越電力博物館で、

アカデミックな展示物に触れて帰れる、

三重県の潮干狩りスポットです。

潮干狩りに行く前に貝の種類について調べておくと、

潮干狩りがもっと楽しくなりますよ。

 

日差しが最もきつくなる7月8月は、

海水浴客でも賑わう高松海岸ですが、

そこまで日差しがきつくない初夏に、

潮干狩りを楽しむのなら昼間から海岸へ行き、

そのまま日没まで潮干狩りをした後、

伊勢湾の水平線に沈む夕日をバックに、

高松海岸を後にしたいですね。

 

高松海岸×アクセス

住所〒510-8114 三重県川越町亀崎新田
TEL 0598-65-3458(高松干潟を守ろうの会)
料金無料 高松海岸公式サイト

 

 

潮干狩り2017三重県のスポット×ホテル花水木

三重県北勢部最大のリゾートホテルと言えば、

ホテル花水木ですね。

 

ナガシマスパーランドと同じエリアに属し、

人気アウトレットモールJAZZ DREAM NAGASHIMAや、

なばなの里からも近く県外からの旅行者から見れば、

ホテル花水木で宿泊する事はちょっとしたステータスとして、

捉えられるくらい認知度も高く、

開業年数も長いリゾートホテルでの滞在は、

ゴージャズな国内旅行にカウントされますね。

 

ホテル花水木は三重県桑名市にあるホテルで、

桑名市もハマグリの名産地として知られ、

人工干潟でのハマグリ狩りも有名な場所なので、

三重県で潮干狩りスポットで貝を採った後、

ハマグリ料理を桑名市で食せばまさに貝三昧な、

小旅行が楽しめます。

 

 

潮干狩り2017三重県のスポット×鼓ヶ浦海岸

三重県での潮干狩りを考えている方は、

鈴鹿市にある鼓ヶ浦海岸に行ってみませんか?

 

潮の満ち引きを考えて、

うまく潮干狩りスポットに行くと、

たくさんの貝が採れますよ。

 

鼓ヶ浦海岸ではバカ貝マテ貝あさりなどの貝が採れます。

この貝たちをグリルで焼いて食べたり、

バター焼にして食べたりするととても美味しいですね。

父に連絡したことで色んなことが動き出した 私は一人で母を支えていたので、もう家族なんていないと思っていた 母がいなくなれば私は1人 でも、抱えきれなくなりなって父に泣きついた 気持ちが張りつめていた私は、色んな手続きをするにしても話が頭に入っていかない 特に家の処理は不安だったけど、殆ど父が話をつけてくれたので、 「心配せんであとはワシに任せて帰りよ」そう言ってくれたとき、 生まれて初めてのような、肩の力がすーっと抜けていく感覚があった これが親というものなんだ、と。 私を守ってくれる家族ができた、帰る場所ができた、そんな感じ 母が生きていたときは、母の姿を向き合うことがしんどくて、地元に帰るのが辛かった 帰っても、常に忙しくて疲れきっていた これからは、帰りたいときに帰れる そう思うと、不思議な気持ちにもなった 2016/03/31

Masako さん(@blue_blueao)が投稿した写真 –

特に4月の下旬からゴールデンウィークの終わり頃までが、

シーズン的におすすめです。

 

ゴールデンウィークの予定がまだ入っていない方は、

鼓ヶ海岸での潮干狩りを予定してみては、

いかがでしょうか?

 

海水温も上がってきている季節ですので、

お子さんの遊び場としてもぴったりです。

7月8月の夏場は海水浴場として、

海開きする鼓ヶ浦海岸は潮干狩りスポットと言うよりも、

海水浴場としての認知度が高いですね。

 

三重県内でも綺麗な海岸として有名ですので、

海水浴がてら潮干狩りを楽しむのも良いですね。

鼓ヶ浦海岸×アクセス

住所〒510-0253 三重県鈴鹿市寺家町
TEL 059-380-5593(鈴鹿市観光協会)
料金無料 鈴鹿市観光協会公式サイト

 

 

潮干狩り2017三重県のスポット×四日市都ホテル

鼓ヶ浦海岸から車で北上する事、

約40分の位置にある四日市都ホテルは、

近鉄四日市駅からも近く利便性の高い、

三重県内では数少ない名門シティホテルの一つです。

 

鼓ヶ浦海岸までレンタカーで訪れ、

帰りは近鉄四日市駅付近でレンタカーを返却し、

その足で四日市都ホテルへ宿泊すれば、

スマートに潮干狩りを終えることができちゃいますね。

名古屋へもアクセスがしやすく、

三重県内では割と発達した地域なので、

四日市都ホテルで宿泊した翌日は、

名古屋へも近鉄電車で向かう事ができ、

奈良や大阪方面へも1本でアクセスが可能な、

インフラも整備されています。

 

湯の山温泉へも四日市市からなら、

30分や40分でアクセスもできるので、

三重県北部で潮干狩りと温泉を楽しむなら、

鼓ヶ浦海岸での潮干狩りがおすすめです。

Sponsored Link

潮干狩り2017三重県のスポット
香良洲海岸や御殿場海岸で潮干狩り

潮干狩り2017三重県のスポット

香良洲海岸や御殿場海岸で潮干狩りを紹介!!

 

三重県の県庁所在地である津市は、

三重県中勢部エリアに属している、

三重県内でも割と発展した都市部ではありますが、

長らく地元住民から利用されていた商業施設が、

廃業したりと利便性の良さとしては、

まだまだ発展途上段階なので、

県庁があるとしである以上もっと頑張らないと行けない、

行政上と民間上の課題が山積みです。

 

とは言っても元々は天然資源の豊富さでは、

他県の都市より秀でるものはあったかと思いますし、

その内の1つが潮干狩りスポットや、

御殿場海岸から見える美しい水平線なので、

三重県の潮干狩りスポットの1つとして、

御殿場海岸や香良洲海岸を選んで少しでも、

観光客や旅行者からお金を落としてもらい、

地元住民が住みやすくなるインフラ整備に、

注力してもらいたいですね!

 

 

潮干狩り2017三重県のスポット×香良洲海岸

三重県津市に香良洲海岸は県立自然公園の、

南側に広がるとても美しく綺麗な海岸です。

 

全国的にも珍しい天然の三角州全域が、

香良洲町となっているため香良洲町の場所によっては、

海抜0mと言う海の中に町があると言う様な、

特殊な地理環境の中に存在してる街です。

 

そんな香良洲海岸は南北にかけて、

約2キロに渡って広がる広さは最高に景観がよく、

子供も安心して遊べる海岸なので、

家族連れにもぴったりな潮干狩りスポットです。

 

香良洲海岸では潮干狩りを無料で楽しむことができ、

潮干狩りの開催時期は3月〜8月下旬と長いので、

春休みやGWやお盆休など様々な休暇に合わせて、

潮干狩りに訪れることができます。

 

特に潮干狩りは3月下旬からゴールデンウィーク頃が、

香良洲海岸ではピークとなっています。

 

香良洲海岸で潮干狩りをする際に、

採れる貝はアサリを中心にバカ貝マテ貝が採れます。

 

夏になると海水浴も楽しむことができますので、

潮干狩りを楽しみながら海での遊びも一緒にできますよ。

天然の貝を採り佃煮やしぐれ煮などにして、

おいしくいただくこともできます。

 

三角州の美しい香良洲海岸は、

天然の貝と穴場の2つが最大公約的に、

楽しめる三重県の潮干狩りスポットです。

香良洲海岸×アクセス

住所〒514-0315 三重県津市香良洲町
TEL 059-246-9020(津市観光協会)
料金無料 津市観光協会公式サイト

 

 

潮干狩り2017三重県のスポット×くもづホテル&コンファレス

香良洲海岸の周辺にも宿泊施設は割と多く、

くもづホテル&コンファレスもそんな宿泊施設の一つです。

 

料金体系がリーズナブルな割には、

ホテルの部屋は広いので余っている土地を、

有効的に利用したホテルの典型例とも言えますね。

 

ホテルで振舞われる料理メニューも充実しており、

冬味満載バイキングや和食会席、

フレンチコースメニューも味わえるホテルなので、

さながら雪国のペンションかの如く、

行き届いたホスピタリティを楽しむなら、

三重県での潮干狩りは香良洲海岸がおすすめです。

 

 

潮干狩り2017三重県のスポット×御殿場海岸

三重県の潮干狩りスポットと言えば、

御殿場海岸無くしてどこで潮干狩りするのか?

と言うくらい大メジャーで王道的な海岸です。

 

関西人が阪神タイガースを応援するほど、

ど定番といっても過言ではないくらい、

三重県民は御殿場海岸での潮干狩りを、

毎年の定番としています。

海外からの旅行者や三重県在住の、

外国人も日本のビーチで採れる天然の貝に、

感動すること一入でしょう。

 

そして何と言っても御殿場海岸は、

海の家も充実しておりエビや貝などを、

生きたまま網焼きするざんこく焼きが、

潮干狩りと共に楽しめます。

 

三重県の津御殿海岸は遠浅ですので、

大潮の日にはなんと、

150メートルも水が引くメカニズムは、

御殿場海岸が潮干狩りで賑わうと同時に、

とても適している立地と言えるでしょう。

しかも御殿場海岸から見える伊勢湾は、

とても透明感が高く美しいので、

海水浴もおすすめです。

 

遠浅の海岸という事もあり御殿場海岸では、

あさりバカ貝マテ貝など多くの種類の貝が、

採れることで有名です。

 

潮干狩りは3月下旬から9月中旬までの、

長期間楽しむ事ができ浜開きと海開きが、

同時期に重なるというのもまた特徴的です。

三重県内の潮干狩りスポットとして、

御殿場海岸は大人気のスポットです。

 

三重県在住の人間で御殿場海岸に、

訪れた事のない人間と言えば伊勢市や松阪市や、

名張市など御殿場海岸へ行く必要性がない、

地域に住んでいる方ぐらいであり、

それ以外だとほとんどの方が訪れたがあるのでは?

 

ぜひ一度家族連れやお友達で訪れてみましょう。

伊勢湾の美しい水平線を眺めながらで過ごす瞬間は、

のんびりゆっくり時間が流れるので、

日頃の喧騒を忘れられて最高です。

御殿場海岸×アクセス

住所〒514-0815 三重県津市藤方
TEL 059-246-9020(津市観光協会)
料金無料 津市観光協会公式サイト

 

 

潮干狩り2017三重県のスポット×津 都ホテル

三重県の県庁所在地と言えば津市ですが、

その津市のシンボルとして開業から長らく、

他県や地元住民から愛用されているホテルと言えば、

津 都ホテルです。

 

御殿場海岸からも近く、

それ以外にも県内屈指の広さを誇る偕楽公園や、

県立美術館からもアクセスがしやすいシティホテルなので、

御殿場海岸とセットで三重県での観光を楽しむなら、

使い勝手の良いホテルともいえるでしょう。

三重県総合文化センターや津城跡も、

津 都ホテルからも近い位置にあるので、

潮干狩りでアクティブに動いた後は、

アカデミックな三重県に触れてみるのも、

ギャップがあって面白いかもしれません。

 

御殿場海岸で潮干狩りをするなら、

車での移動が最も効率的ですが、

レンタカー施設も充実している三重県津市なのと、

単線ながらJRと近鉄電車が交差している、

津駅からもアクセスがしやすいので、

県外からの潮干狩り利用者にとっては、

最も無難ですね。

Sponsored Link

潮干狩り2017三重県のスポット
松名瀬海岸や向井黒の浜海岸で潮干狩り

潮干狩り2017三重県のスポット

松名瀬海岸や向井黒の浜海岸で潮干狩りを紹介!!

 

最後は三重県南勢部の沿岸沿いにある、

三重県の潮干狩りスポットを紹介しましょう。

 

三重県松阪市より南に位置する市町を総括して、

南勢と呼びますが漁師町や伊勢志摩が存在したりと、

ネーティブで原始的な空気感が漂うのが特徴的です。

 

ただ地元住民でないとなかなかたどり着けない、

都市開発の手が及ばない秘境的なエリアが、

最も三重県内で多いのも南勢部の特徴なので、

三重県で潮干狩りスポットの穴場を探しているなら、

南勢部がおすすめです。

 

 

潮干狩り2017三重県のスポット×松名瀬海岸

三重県内に数ある無料の潮干狩りスポットの中でも、

遠浅で波が静かな海岸が松阪市にある、

松名瀬海岸です。

 

砂もとても柔らかく潮干狩りに適しており、

潮干狩りの開催期間は4月上旬から6月中旬までなので、

ゴールデンウィークに潮干狩りに行くのも良いですよ。

家族みんなで潮干狩り♪ 3年前に行った時は大量に獲れたのに今年は不漁だとゆうことで行ってみたけど案の定、全く獲れず…(T_T) おかげでカニとりに変更笑 しかし、パパは凄かった‼︎ 海に着いて早々『じゃあ』と言って1人沖の方に行って3時間後くらいに戻ってきてどんなけ獲れたか見ると30個近くとってました しかもサイズがビックリするほどデカイ‼️ 帰ってみんなで焼いて食べました せっかく三重まで行ったんで帰りに松坂牛を食べて帰りました✨ #潮干狩り #三重 #松名瀬海岸 #パパさすが #メッチャ美味しかった #来年も行くぞ

Yukari Morishimaさん(@yyth_yuu)が投稿した写真 –

アサリはもちろん、ハマグリバカ貝マテ貝など、

様々な種類の貝も採れますので、

家族やお友達との潮干狩りにとても良い海岸です。

 

普段はとても静かな海岸なのですが、

ピークの時期には潮干狩りの方や海水浴の方など、

多くの人で賑わいます。

潮干狩りがてら海水浴を楽しんでみるのも、

おすすめな三重県の潮干狩りスポットです。

 

松阪市と聞けば圧倒的に松阪牛や、

城下町にメージが先行しますが伊勢湾に面した、

海岸があると言うのを知らなかった方に対して、

見聞が広がる1つにキッカケになればいいですね!

松名瀬海岸×アクセス

住所〒515-0102 三重県松阪市松名瀬町
TEL 0598-23-7771(松阪市観光協会)
料金無料 松阪市観光協会公式サイト

 

 

潮干狩り2017三重県のスポット×鯛屋旅館

三重県松阪市の松名瀬海岸で、

潮干狩りを楽しんだ後はやっぱり松阪市の、

グルメや郷土料理に触れて一夜を過ごしたいですね。

 

鯛屋旅館は松名瀬海岸からも、

遠くない場所にある旅館なので、

松阪市近辺は旅行者も多くチェーン展開している、

ビジネスホテルが多いのも事実。

 

せっかく松阪市で潮干狩りをするなら、

簡素なビジネスホテルで宿泊するのは、

味気なく感じるかと思うのでここはしっとりと、

風情ある旅館に宿泊して三重県での潮干狩りを、

中身ある思い出にしてまた来年も潮干狩りをしようと、

期待に変えて次への展開に備えたい所ですね。

 

 

潮干狩り2017三重県のスポット×向井黒の浜海岸

三重県の潮干狩りスポットの中でも、

混雑を避けることができる穴場な、

潮干狩りスポットとして人気なのが尾鷲市にある、

向井黒の浜海岸です。

この海岸での潮干狩りにベストなシーズンは、

4月から6月頃ですのでゴールデンウィークに、

この海岸で潮干狩りをするのもおすすめです。

 

向井黒の浜海岸も無料の潮干狩りスポットですが、

大きなアサリが採れることでも有名です。

他にもバカ貝マテ貝なども採れますので、

一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

潮干狩りに必要な道具のレンタルはありませんので、

道具は持参していきましょう。

 

人混みが嫌いな方は、

ぜひ向井黒の浜海岸を選んで、

潮干狩りをしてみましょう。

向井黒の浜海岸×アクセス

住所〒515-0102 三重県尾鷲市向井481
TEL 0597-23-8261(尾鷲観光物産協会)
料金無料 尾鷲市物産まるごとWEB

 

 

潮干狩り2017三重県のスポット×ホテル季の座

陸の孤島とも呼べる三重県尾鷲市は、

降雨量が全国的にも多い場所なので、

三重県の都市名と聞けば尾鷲市を連想する方も、

少なくないかと思います。

 

尾鷲市は三重県内から陸路で訪れるにしても、

かなりの距離を下っていかなければいけないので、

三重県内に住んでいる人が尾鷲市へ、

潮干狩りに行く場合でもホテルに宿泊するくらい、

隔離という言葉が似合うほど辺鄙な場所です。

 

そんな辺鄙な尾鷲市で潮干狩りをするなら、ホテル季の座がおすすめです。

せっかく苦労してたどり着いた、

向井黒の浜海岸で潮干狩りをした後は、

普段なら絶対に行けないホテルを予約して、

次はいつ来るかわからない尾鷲市の良さを、

しっかりと目と体に染み込ませて、

潮干狩りの思い出に変えて後を去りたいですね。

 

過疎地域でもある尾鷲市は人口密度も低く、

総人口がわずか17,000人強しか、

住んでいない地域なので仮に三重県で潮干狩りをするなら、

必然的に尾鷲市は潮干狩りの穴場と化しますね。

 

 

いかがでしたか?

 

三重県は都心部が皆無なので北へ登っても、

南へ下っても山と海と川と田んぼしかないので、

どこまで行っても垢抜けない風景が広がっていますが、

その代わりに観光施設が充実しているのと、

工業地帯として製造業が発達している一面もあるので、

派手さはないけどしっかりと脇を固める、

名脇役としての位置付けを保持していますね。

 

そんな天然の観光スポットとして、

三重県の潮干狩りスポットは有名ですし、

せっかく県外から潮干狩りに来たのなら、

ただ海岸で貝を漁って日帰りするよりも、

地産地消を地元の宿屋ホテルで宿泊し、

堪能してこそ三重県で潮干狩りをやった感触が、

掴めるかと思います。

 

三重県は物価も安いのでコストパフォーマンスが高く、

ボリュームのある小旅行を潮干狩りを通じて、

楽しみましょう!!

 

今回は潮干狩り2017は三重県の無料スポットが人気なので、

御殿場海岸など三重の潮干狩り穴場スポットを紹介しました!!

Sponsored Link

最後までご覧頂きありがとうございます