♪もう〜いくつ寝ると〜お正月♪

お正月の楽しみの一つといえば!お年玉ですね。

 

最近では20代でもお年玉をもらう人がちらほらいる様ですが、

やはりお年玉をもらう主役は、

小学生や中学生のお子さんですよね。

 

そこで今回は、

お年玉の金額の相場について紹介します。

 

Sponsored Link

 

お年玉の由来や意味は?

お年玉の金額の相場を紹介していきましょう!

鏡餅

 参照元http://honcore.2chblog.jp/

 

お年玉の歴史はとても古く

日本では中世まで遡ります。

 

主に武士がその象徴ともいえる太刀、

町人が扇、医者が丸薬を贈ったと言われています。

 

元来はこのように、

新年を祝うために贈答される、

品物のことを指していました。

 

現在では、子供に金銭を与える

習慣となっています。

 

お年玉がいつ頃から現在の形になったのか?は、

はっきりとわかっていませんが、

目上の人から目下の人に贈るという、

この習慣は昔から変わっていません。

 

年の賜物から「としだま」と、

言われるようになったという、

説があります。

 

しかしもう一方では、

昔は正月に供えた餅の玉を子供たちに

食べさせたということから、

「お年玉」と言うようになった、

という説もあります。

 

お年玉の「」というのは、

魂という意味で考えられていました。

 

これは供え物に宿った、

新年を司る年神の神霊が、

その供え物を与えられた子供たちを、

守るという考えからです。

 

つまりとしだまは年神の魂で、

新年を司る年神への供え物が、

人間に下げられ、

与えられたものだという考えです。

 

 

海外でお年玉を渡す風習は?

お年玉 海外

 参照元http://tokotokokatoko.blog.fc2.com/

 

中国では、お年玉を圧歳銭(ヤースイチェン)と言い、就職するまでもらえます。

 

上海のお年玉の相場は、

100元~500元程度で、

地方の習慣によっては、

結婚するまで貰える地域もあります。

 

香港では結婚していなければ、

何歳でもお年玉をもらえます。

 

お年玉を利是(ライシー)と言い、

年齢の上下に関係なく、

既婚者が未婚者に配るものとしています。

 

相場は10HKドルまたは20HKドルを、

事前に銀行で両替しておき、

お年玉袋(赤地に金文字のお年玉袋)に、

新札を入れるのが一般的です。

 

台湾では、お年玉のことを紅包(ホンパオ)と言い、

親戚や友人の間で渡されます。

 

配る側の人は基本的に社会人で、

就業している人や既婚者で、

金額は「4と9」の数字を避け、

2・6・8の偶数が良いとされています。

 

お年玉の金額の相場は、

  • 小学生には600元
  • 中学生には800元
  • 高校・大学生には1000元

ほどが一般的です。

 

また、韓国では、

お正月の挨拶セベ(歳拝)の後に、

子供たちにセベトンというお年玉を、

あげる風習があります。

 

一般的な相場は、

  • 小学生には1万ウォン程度
  • 中高生には5~10万ウォン

相場となっているようです。

 

ベトナムでは中国文化が根付いて、

お年玉の習慣があります。

 

 

 

外国人の子供にお年玉を渡すべき?

意外に知られていませんが、

お年玉というのは、基本的には、

親戚や親しい間柄にしている子供に渡すものです。

 

会社の上司など、目上にあたる人の子供に、

お年玉をあげるのは失礼になるので、

避けるようにしましょう。

 

何かあげる場合は現金ではなく、

図書券や文具券など、

上司のお子様が使えるような、

商品券などにしましょう。

 

また、お年玉としてではなくて、

「お年賀」として品物をあげるのは、

問題有りませんよ。

 

 

 

お年玉の金額と相場をご紹介!

お年玉 相場
参照元http://www.ohsuda.com/archives/1470/
 

お年玉の金額に、

基本的な決まりは特にありません

 

最近では親同志や親戚同士で、

年齢ごとの額」などを、

前もって話し合って、

決めている事が多いようですよ。

 

 

全体平均世代別のお年玉の平均額

ご自身の子供への相場は、

  • 幼稚園:千円から3千円
  • 小学生低学年:2千円から3千円
  • 小学生高学年:3千円から5千円
  • 中学生:5千円から1万円
  • 高校生:5千円から2万円
  • 大学生:1万円から3万円
  • 社会人:1万円から3万円

この様になっています。

 

 

 

お年玉の金額のマナーは?

新札参照元http://nanapi.jp/1022/

 

お年玉には、偶数がダメという風習はありません。

 

結婚式では2つに割れるものが、

ダメという意味で奇数の金額を渡します。

 

お年玉で気をつけたいマナーとして、

目上の方へのお年玉があります。

 

お年玉というのは、

基本的に親戚や親しい間柄にしている

子供に渡すものです。

 

最近では新年に、

自分の祖父母や両親にお年玉として、

現金を贈ることも多くなっています。

 

この場合、目上の人へのお年玉ですが、

家族ですので失礼には当りません。

 

しかしこの場合でも、

お年玉としてしまうと両親などは、

受け取りにくくなると思いますので、

表書きには、

  • 御慶
  • 新年ご挨拶

このような言葉を書くようにしましょう。

 

 

 

お年玉を渡す際は新札?

新札
http://warashibe.info
 

そして更に気を付けたいのが、

お年玉を渡す際のお札ですね。

 

お年玉を貰ったお子さんが、

ポチ袋を開けた瞬間に出て、

きたお金がクシャクシャでしたら、

喜びも半減してしまいますよね。

 

事前に新札に両替してくれる場所を、

紹介していきます。

 

 

新札の両替①銀行窓口もしくは両替ATM

最もシンプルで一般的な新札の両替は、

銀行窓口もしくは銀行のATMです。

 

窓口で必要用紙に記入し、

「新札に両替してください」と、

伝えるだけで大丈夫ですよ。

 

但し、年末の場合は、

通常営業とは異なりますので、

最寄りの銀行の営業日を、

事前に確認してから両替に備えましょう。

 

 

新札の両替②郵便局

郵便局が民営化されて久しいですが、

それを機に、郵便局の窓口でも、

新札の両替が可能になりました。

 

銀行の窓口での両替と同じように、

必要事項を用紙に記入し、

「新札に両替してください」と伝えれば、

両替に応じてくれます。

 

こちらも年末の営業日にはご注意下さい。

 

 

新札両替③コンビニATM

最後の手段として新札の両替に、

使われるのがコンビニのATMです。

 

意外に思われますが、

ATMは機械にお札をたくさん詰めるた為、

なるべく綺麗なお札を用意する

ルールが決められています。

 

銀行や郵便局で新札両替が

出来なかった方は、最終手段として、

コンビニATMで入出金を繰り返して、

新札両替することをお勧めします。

 

しかし、手数料が発生するので、

注意して下さいね。

 

新札入手場所参照元http://nanapi.jp/1022/

Sponsored Link

 

お年玉で人気のポチ袋を紹介!

 

最近のポチ袋は、遊び心に富んだ、

楽しくて可愛いデザインのポチ袋が、

多いですよね。

 

また、お金を入れるだけのポチ袋ではなく、

小物入れとして使える

オシャレで機能性の高いポチ袋が、

特に注目を集めていますよ。

 

それでは最後に、

お年玉で人気のポチ袋を紹介します。

 

 

ミッフィー×お年玉で人気のポチ袋

 

このミッフィーのポチ袋は、

なんと紙ではなく、

フェルト素材で出来ています。

 

お年玉と言う現金をもらう

嬉しさもありますが、

何よりも遊び心を表現したデザインが、

人気の理由です。

 

また、貰った側も、

勿体なくてとても捨てられませんね。

 

 

 

富士山型×お年玉で人気のポチ袋

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

三角 ぽち袋(ポチ袋) 【01富士山】【02赤富士】[m]
価格:281円(税込、送料別) (2017/3/2時点)

一富士二鷹三茄子と言うことわざ通り、

お正月の縁起物をポチ袋に

集約したアイデアが、

この富士山型ポチ袋ですね。

 

また、立体的に作られているので、

思い出深いお年玉になる事、間違いなし!

 

 

あとがき

お年玉の由来や理由、

金額の相場などマナーは、

ご参考になりましたでしょうか?

 

何よりもお正月を祝う、

気持ちが大切ですので、

あまり常識にとらわれ過ぎずに、

家族・親戚・ご友人などと、

楽しいお正月を過ごして下さいね。