山梨県は,

ぶどうの産地で有名です。

 

ぶどうの栽培面積や、

生産量も日本一を誇ります。

 

今回は山梨のぶどうのワインを紹介します!

Sponsored Link

山梨のぶどうのワイン

まずは山梨のぶどうのワインを紹介します!

山梨県には、

醸造所が80社以上もあり、

1200あまりの銘柄ワインが、

醸造されています。

 

特に、甲州種のぶどうから作られる、

甲州ワインは有名です。

 

すっきりとさわやかで、

上品な口当たりは、

和食と良く合い、

海外からも注目を浴びる、

広く人気を得ているワインです。

 

 

山梨のぶどうのワイン×グレイス甲州 鳥居平畑

こちらのワインは、

甲州ワインの中でも、

極上のテロワールが、

感じられます。

 

つまり土壌や、

気候や地形といった、

畑の味で勝負できる甲州ワインです。

 

熟した果実の甘い香りと、

土地のミネラルを感じる、

鉱物的な味わいが特徴です。

 

日本の柑橘系の香りが、

上品に感じられ、

ほのかにスパイスの香りも、

感じられます。

 

和食や家庭料理全般、

ご飯、魚などに合います。

 

初めて山梨のぶどうのワインを、

飲むのであれば、

迷わずこの最上級ワインを、

飲んでみてください。

 

 

山梨のぶどうのワイン×サドヤ モンシェルヴァン

マスカット・ベリーAが品種の、

ミディアムの赤ワインです。

 

柔らかな渋みと、

酸味のバランスがとれた、

絶妙のワイン。

 

家庭料理にも合うワインなので、

気軽に美味しくいただける、

山梨のぶどうのワインです。

 

肉料理など、

コッテリとした料理には、

最適です。

 

 

山梨のぶどうのワイン×甲州テロワール・セレクション大和2014

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

勝沼醸造株式会社 甲州テロワール・セレクション 大和[2014]
価格:2138円(税込、送料別) (2017/3/4時点)

甲州テロワール・セレクション 大和を醸造した、

勝沼醸造は1937年創業で、

甲州ワインに特化し、

世界のワイン市場を見据える、

老舗のワイナリーです。

 

水はけの良い砂礫質で、

勝沼町に隣接し、

日川の上流に位置する、

大和町の畑から造られる、

辛口の白ワインです。

 

口にすると、

キリッと透明感のある果実味と、

豊かな酸味が特徴です。

 

ミネラル感に長け、

個性のしっかりした、

山梨のぶどうのワインの中でも、

おすすめのワインです。

 

 

山梨のぶどうのワイン×右八 大和葡萄酒

まさに、

贅を極めた最上質のワインが、

右八です。

 

カシスやブラックチェリーの黒い果実、

チョコのニュアンスになめし革、

ブランデーのような、

甘いアルコール香。

 

口に含むと果実味と、

綺麗な酸味が口いっぱいに広がり、

落ち着いた上品な味わいです。

 

また、シラー品種の特徴である、

スパイスのニュアンスは、

果実味が口内で引いて行く時に、

ピリッと感じます。

 

贈り物としても、

おすすめの山梨のぶどうのワインです。

 

 

山梨のぶどうのワイン×蒼龍葡萄酒

カベルネ・ソーヴィニヨンを主体とした、

マスカット・ベリーAをブレンドした、

フルボディのワイン。

 

フルボディならではの、

重厚なコクのある風味と、

濃い赤色が特徴。

 

日本酒のように作った、

ワインですので

辛口のスッキリとした味わいが、

楽しめます。

 

山梨の葡萄のワインが、

一升瓶で入れられており、

コストパフォーマンスも高く、

文句なしのおすすめワインです。

 

 

山梨のぶどうのワイン×ルミエール ペティヤン

山梨のぶどうのワインの中でも、

人気な辛口のスパークリングワイン。

 

アルコール発酵中に瓶詰めすることで、

瓶の内部で二酸化炭素がワインに溶け込むため、

泡のきめ細かさを持ちます。

 

度数も低めのため、

飲みやすく愛飲できる、

名作のスパークリングワイン。

 

一度は是非飲んでみたい、

人気のワインです。

 

 

山梨のぶどうのワイン×ルバイヤート甲州 シュール・リー

山梨の葡萄のワインの王道ともいえる、

しっかりとした味わいの定番ワイン。

 

勝沼産の甲州を100%使用しており、

シュール・リー製法で作られているため、

香りが強いです。

 

その反面、

安定した高品質を維持しており、

高い人気も誇っています。

 

わずかに残糖感があるため、

後味にもふんわりと丸みのある印象で、

日本食の繊細な味わいと、

相性が良いです。

 

フレッシュな香りに、

いきいきとした酸味が感じられる、

おすすめの甲州ワインです。

 

 

山梨のぶどうのワイン×シャトー酒折 マスカットベリーA
樽熟成 2012

マスカット・ベリーAは,

日本のワイン造りの父とよばれる、

川上善兵衛氏が、

ベリー種とマスカット・ハンブルグ種を、

交配して造られた品種でです。

 

独特の甘い香りと、

ジューシーな果実味が、

特徴です。

 

完熟前のプラムやチェリーや、

イチゴなどの赤系果実の香り、

ほんのりとバニラの香りも、

鼻に漂います。

 

タンニンはとってもスムーズで、

果実のもつチャーミングな酸味と絡んで、

口当たりのよい、

ミディアムボディのワインです。

 

肉料理やカマンベールチーズ、

トマトベースのパスタなどにも合うので、

山梨のぶどうのワインとして、

おすすめの赤ワインです。

 

 

山梨のぶどうのワイン×鳥居平今村 ヴィンテージコレクション
キュヴェ・ブラン・ユカ2004

鳥居平は粘土質に、

礫(れき:ミネラルを含んだ小石)を含む土壌ゆえ、

ミネラル豊かなワインを生み出します。

 

黄色いりんごジャムのような、

果実の香りが贅沢です。

 

シェリーや蜂蜜、

ホワイトマッシュルームなどの熟成を思わす、

ふんわりと広がる甘い香りとも言えます。

 

酸味も優しく、

非常に複雑で旨みがたっぷりです。

 

リッチでボリューム感もあり、

ほのかな苦みもあります。

 

金目鯛の煮つけやかに玉、

エビチリなどに好相性ですので、

山梨のぶどうのワインを添えて、

料理を楽しんでみてください。

 

 

山梨のぶどうのワイン×ヴィニョ・デ・マルス 1986

長期熟成ワインに,

ブランデーとスピリッツを加え、

甕熟成させたマルス独自の,

オリジナル限定ワインです。

 

コクが深く、

複雑な甘みが特徴的です。

 

甕熟成のため、

まろやかな口当たりで、

開栓後も風味の劣化がなく、

ゆったりとした気分で楽しめる、

山梨のぶどうのワインです。

Sponsored Link

山梨のぶどうのワインをさらに紹介

山梨のぶどうのワインをさらに紹介しましょう!

 

白ワインは、

甲州種を中心にシャルドネ、

セミヨン、デラウェアなど。

 

赤ワインは、マスカット・ベリーA、

カルベネ・ソーヴィニヨンなどの、

ぶどうを原料として、

様々なワインが醸造されています。

 

そこで今回は、

個性豊かなバラエティに富んだ、

山梨県のぶどうのワインを、

ご紹介したいと思います。

 

 

山梨のぶどうのワイン×ロリアン勝沼甲州2014 白百合醸造

マンガ「美味しんぼ・80巻」や、

同じくマンガ「神の雫・40巻」にも掲載された、

話題性の高い、

山梨のブドウのワインがこちら!

 

グレープフルーツや、

レモンなどの柑橘系の香りと、

果実味に富んでいる、

辛口の白ワインです。

 

歴史ある「勝沼町産甲州ぶどう」を使用し、

旨味の残るシュール・リー製法で、

醸造されています。

 

和食全般に相性が良いので、

日本食には欠かせないワインです。

 

 

山梨のぶどうのワイン×ルミエール・石蔵和飲マスカットベリーA 2013

ふくよかなイチゴやカシスの香りと,

やわらかなタンニンを含んだ,

やさしい味が特徴的です。

 

良好なルビー色の色調と、

複雑で個性的な力強いテイストが、

山梨のぶどうのワインという側面を、

物語っています。

 

果実味とやさしい酸味の他にも、

渋みも心地よく、

肉系のお料理にピッタリ。

 

ルミエールワイナリーの、

ミディアムボディの赤ワインを、

是非味わってみてはいかがですか?

 

 

山梨のぶどうのワイン×キスヴィン甲州2011

「Kisvin」とは、

栽培家池川仁、荻原康弘を中心に、

醸造用ブドウ栽培技術の確立を目指し、

品種のポテンシャルを、

如何に引出すかをテーマに、

大学の研究者も参加する、

ワイングループです。

 

ほのかな樽香の奥に熟した、

洋ナシやパパイヤ、

マンゴーなどの、

トロピカルフルーツの香りが、

芳しく包んでくれます。

 

味わいはミネラル感と共に、

果実のジューシー感が口中に広がり、

余韻も長いのが特徴的。

 

果実味に富んでいる、

シャトー酒折の辛口の白ワインは、

日本食にはピッタリです。

 

 

山梨のぶどうのワイン×シャトーメルシャン 山梨ベリーA

マスカット・ベリーAは,

山梨県で多く栽培されている,

赤ワイン用のブドウ品種です。

 

選別された熟成度の高い、

マスカット・ベリーAを、

樽の中でじっくり丁寧に育成し、

甘みで上品な味わいと、

力の強さを感じさせる、

ミディアムボディの赤ワインです。

 

肉料理や、

ミートソースなどの洋食にも合う、

山梨のブドウのワインのおすすめです。

 

 

山梨のぶどうのワイン×登美の丘 甲州

完熟したブドウを使用しており、

旨味成分を抽出するために、

発酵後のオリを、

そのまま静置させます。

 

シュールリーを、

6.7か月することにより、

ふくよかな厚味のある旨味を、

引き出しています。

 

凝縮感のある、

華やかな柑橘系の果実や、

白い花の香り、

心地よいバタースコッチのような香りが、

バランスよく感じられます。

 

辛口ながらも、

凝縮した果実味を持っており、

穏やかな酸味と、

ほどよい渋みが特徴の、

山梨のぶどうのワインです。

 

魚料理やお寿司などの、

日本食料理にはピッタリです。

 

 

いかがでしたか?

山梨県はワインの宝庫。

 

世界中からも注目されている、

山梨県のワインを、

あなたも是非試飲してみては、

いかがですか?

 

山梨のぶどうのワインを紹介しました!

Sponsored Link

最後までご覧頂きありがとうございます