夏に欠かせないのが花火。

 

手持ち花火手持ち花火に打ち上げ花火と、

派手な花火で遊ぶのは楽しいですが、

やっぱり欠かせない花火が、

線香花火ですね。

 

線香花火が発する火花はどこか儚がで、

夏の終わりを惜しむ人々の声を代弁している、

そんなメッセージさえも感じられる線香花火は、

手持ち花火の締めとして大人気なのも頷けます。

 

今回は線香花火の国産を紹介します!

線香花火の国産のおすすめはこちらです。

Sponsored Link

線香花火の国産品を紹介

まずは線香花火の国産を紹介しましょう!

最近では革新的な線香花火が販売され、

人気を集めています。

 

中には一箱40本入で,

1万円もする、

超高級線香花火も存在します。

 

目玉が飛び出る程高級な線香花火ですが、

その価格とは裏腹に予約は殺到!

 

入手困難というから驚きです。

 

 

線香花火の国産×大江戸牡丹

愛知県三河市伝承の大江戸花火牡丹が、

線香花火の国産として有名です。

 

きめ細やか繊細な炎を、

鮮明に表現している線香花火ですので、

その瞬間を見れば、

誰もが日本人として生まれたことに、

誇りを持つでしょう。

 

線香花火は国産品に限ると言う、

こだわりの方がいるのも、

頷ける気がしますね。

 

 

線香花火の国産×不知火牡丹

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

不知火牡丹(10本入)NO,300 【純国産線香花火・手持ち花火】
価格:259円(税込、送料別) (2017/3/6時点)

大江戸牡丹とはまた違った繊細さを表現する、

不知火牡丹も、

同じ様に線香花火の国産品として、

高い人気を誇ります。

 

八代海有明海で現在も見られる、

大気現象不知火を、

線香花火で表現しています。

 

大気現象の不知火は、

なかなか見る事が出来ない現象ですので、

それを線香花火で表現しようと考えた、

製作者のアイデアも素晴らしいですね。

 

 

線香花火の国産×牡丹桜

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

国産手作り高級線香花火 牡丹桜
価格:756円(税込、送料別) (2017/3/6時点)

愛知県三河発祥の線香花火と言えば、

牡丹桜が有名ですね。

 

愛知県三河と言えば、

徳川家康生誕の地として有名ですが、

それに拍車をかけた形で、

牡丹桜も名産品として知られています。

 

本物の線香花火と言う、

頼もしいキャッチコピーと共に、

線香花火の国産品の中でも、

一二を争う人気で有名です。

 

 

線香花火の国産×ひかりなでしこ

1日200本限定生産の線香花火として知られる、

ひかりなでしこも、

線香花火の国産品として人気です。

 

限定生産されている線香花火なんて、

聞いた事ありませんし、

珍しさ極めて高いですので、

やはり注目を高く浴びる線香花火ですね。

 

赤松と言う、

松の木の松煙を調合していますので、

他の線香花火よりも、

火花の量が多く感じられます。

 

 

線香花火の国産×スボ手牡丹

線香花火の原型と言われているのが、

こちらのスボ手牡丹です。

 

その起源は約300年前だと言われており、

それを現代まで継承しているのが、

スボ手牡丹です。

 

線香花火の国産品としては、

最も歴史のある線香花火だと思いますので、

歴史のロマンに浸りながらの、

花火遊びも楽しいでしょうね。

 

 

線香花火の国産×長手牡丹

キーンと冷え切った寒い冬空の下で、

線香花火を楽しむ方も中にはいますが、

ジメジメとした日本の暑い夏をスッキリさせてくれる、

線香花火にはそんな効果も含まれている様です。

 

現存する線香花火の99%は国外で製造され、

そのまま輸入される形で日本へ届けられますが、

残り1%の線香花火は日本国内で作られ、

その内の1つがこの筒井時正の長手牡丹です。

 

連綿と受け継がれた職人技で仕上げられた線香花火は、

国産の線香花火と呼ぶのにふさわしい芸術品としても、

楽しめるでしょう。

 

 

線香花火の国産×天地人

越後職人が作り上げた線香花火が、

その名も天地人です。

 

天地人とは、

かの武将直江兼続のキャッチコピーとしても有名ですが、

直江兼続は越後の武将でもあったので、

この線香花火天地人は直江兼続の勇猛さも、

火花として表現しているのかもしれませんね。

 

天地人が発する線香花火の火花は、

朱鷺が翼を広げて飛び立つ姿を表現しているとも言われ、

国産の線香花火が宿すポテンシャルの高さを、

感じ取れるかもしれませんね。

 

 

線香花火の国産×巧

オーソドックスで温かみのある炎を感じながら、

過ぎ行く夏に想いを馳せる、

線香花火はそんなセンチメンタルに浸れる、

夏の風物詩といいうイメージですが、

国産線香花火である巧はそんなシチュエーションにぴったりです。

 

国産の線香花火の火花や明るさなど、

花火職人の技が光るその繊細さを見れば、

海外で作られた線香花火では遊べなくなるくらい、

線香花火に対して目が肥えてくるでしょう。

 

文字通り巧と名付けられた線香花火ですので、

線香花火が火花を散らしているのを見るだけで、

国産か輸入品かを見極められる様に、

なるかもしれないですね。

 

 

線香花火の国産×極上匠の線香火花セット

線香花火の火花を、

打ち上げ花火の様に表現した、

線香火花なる手持ち花火が、

線香花火の国産品として、

注目を浴びています。

 

線香花火特有の、

華やかさを保ちながら、

派手に降り注ぐ手持ち花火ですので、

線香花火を楽しみたいけど少し物足りない、

そんな方にピッタリな花火です。

 

この3種類から構成されている花火ですので、

どの花火も職人の意地が光る、

極上の線香花火です。

Sponsored Link

線香花火の国産のおすすめ

線香花火の国産を紹介しましたが、

線香花火の国産のおすすめも紹介していきましょう!

日本の風物詩である花火大会も、

多くが外国産の花火とされており、

日本の花火文化が、

衰退している大きな原因とされています。

 

そんな日本の危機的状況を、

打破しようと開発されたのが、

冒頭でお伝えした一箱一万円の

高級線香花火『花々』を筆頭とした、

筒井時正玩具花火の線香花火の数々です。

 

完全手作り生産の為、

一日に200〜300本程しか作れないそうです。

 

希少性と人気の高さから裏打ちされた、

線香花火の国産のおすすめを、

紹介します!

 

 

線香花火の国産のおすすめ×蕾

線香花火に使われている材料や素材などを、

気にされた事のある方は少ないでしょうが、

筒井時正が作る線香花火 蕾は、

厳選した材料で作られた線香花火ですので、

その違いがわかるかと思います。

見た目もまたカラフルでキュートに仕上がっており、

春夏秋冬をモチーフにした淡い色加減が、

おしゃれですね。

 

夏の花火は派手な花火ではなく、

線香花火のみでしっとりと花火を楽しみたい、

そんな方におすすめな線香花火の国産品種です。

 

 

線香花火の国産のおすすめ×蕾々

四季を問わず楽しめる線香花火として有名なのが、

筒井時正が手がける線香花火ですね。

 

線香花火の火花にも種類があり、

蕾、牡丹、松葉、散り菊の4種類を手がける、

筒井時正ですが最もポピュラーな線香花火が、

蕾ですね。

 

国産の線香花火は1%しか作られていないので、

その貴重な国産の線香花火がどんな火花を散らすのか、

楽しんでみたい方におすすめですね。

 

 

線香花火の国産のおすすめ×花

筒井時正が誇る線香花火 蕾を内包した詰め合わせが、

この花です。

 

お盆のギフトとしても贈られるくらい、

贈呈品としても使われる線香花火は、

まさに伝統工芸品としてもらった側も嬉しいギフトですね。

 

線香花火は娯楽として使われるだけでなく、

ギフトとしても成立するという証明にもなった、

線香花火の国産品ですね。

 

 

線香花火の国産のおすすめ×花々

線香花火をさらにギフト用として昇華させたのが、

この花々です。

 

線香花火だけでなく火を灯す際に使う、

ろうそくとろうそく台も梱包されており、

そのろうそくに使われている素材も、

ハゼの実から抽出ろうが使用されているので、

線香花火だけでなくろうそくも高級感に溢れています。

 

ろうそく立ても山桜の木で作られた、

天然素材の物なので線香花火を使い終わった後でも、

使い続ける事ができる嬉しいコストパフォーマンスの高さを、

発揮していますね。

 

 

いかがでしょうか?

 

これらの線香花火を見た時に、

誰もが感じるのが、

「美しさ」と「高級感」です。

 

一枚一枚丁寧に織り込まれた和紙の花びらは、

日本の伝統工芸の繊細さを見事に表現。

 

そして、火をつけると、

力強い火種が大きな花を咲かせ、

最後の散り菊には、

“儚さ”を感じさせてくれます。

 

高級感と同時に、

職人の技を垣間見ることができますので、

飾っても火をつけても美しい、

革新的な線香花火を楽しんでみてください。

 

 

今回は線香花火の国産と、

線香花火の国産のおすすめを紹介しました!

Sponsored Link

最後までご覧いただきありがとうございます