七夕の天の川と短冊

 

7月7日は「何の日ですか?」と、

質問すると、子どもから大人まで全員が、

七夕の日」と答えますよね。

 

でも実は昭和57年以降、

七夕は五節句の大事な行事であり、

その行事食であるそうめんにちなんで、

7月7日は「七夕・そうめんの日」に、

認定されています。

 

(関連記事)

 

そこで今回は、

  1. 七夕にそうめんを食べる由来と理由
  2. おすすめのそうめん6選

この2点を紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

なぜ七夕にそうめんを食べるの?

七夕の五色そうめん参照元http://wajikan.com

 

そもそも七夕のお祭りとは、

中国から由来するものなので、

その行事食も中国の食べ物の風習が、

残っています。

 

まずは、七夕にそうめんを食べる

  1. 由来
  2. 理由

こちらから紹介していきます。

 

 

七夕にそうめんを食べる由来は?

七夕にそうめんを食べる由来は、

七夕祭りの由来でもある、

中国の故事とされているので、

まずはそちらから紹介します。

その昔、古代中国の帝の子供が七月七日に亡くなり、その後に一本足の鬼となって熱病を流行らせ、これに困った人々は子供の好物だった「索餅」を供えて祟りを鎮めました。それから、この故事に因んで中国では七夕に「索餅」を食べる風習が生まれ、平安時代に日本へ伝わりました。参考文献http://tanabata777.com

 

この風習が日本に伝わり、

七夕の行事食になりました。

 

それでは故事の登場した、

索餅(さくへい)とは何でしょうか?

下記をご覧下さい。

 

七夕に食べる索餅参照元http://www.jishujinja.or.jp

 

索餅とは、小麦粉と米粉を水で練って、

塩を加えて縄状にしてから乾燥させ、

保存した後に茹でて食べる物です。

 

この索餅は「索麺(さくめん)」と呼ばれ、

それが今のそうめんになっているそうです。

 

Sponsored Link

 

七夕にそうめんを食べる理由を3つ紹介!

七夕にそうめんを食べる由来に続いて、

諸説はありますが行事食として、

そうめんを食べる理由を3つ紹介します。

 

 

理由①無病息災を願う

1つ目の七夕にそうめんを食べる理由は、

前述の中国の故事にある通り、

  • 1年間の無病息災
  • 邪気を追い払う

これらの為に行事食として食します。

 

夏になると各家庭の食単に良く並ぶ、

そうめんですが、七夕の日に限っては、

とても深い意味がありますよね。

 

 

理由②七夕物語から由来

2つ目の七夕にそうめんを食べる理由は、

七夕という風習が生まれたとされる、

七夕物語に登場する、

  • 天の川
  • 織り姫が織る糸

これらがイメージされています。

 

七夕の伝説にちなんだ何とも言い難い、

風流と趣きがありますよね。

 

 

理由③秋の収穫祈願

3つ目の七夕にそうめんを食べる理由は、

現在の七夕は夏のイメージがありますが、

旧暦でいうと7月は秋の事を指します。

 

神様に小麦の収穫ができた事を、

報告していたという説もあります。

 

余談ですがそうめんには、

恋愛運がUPするという風水があります。

 

これも七夕物語に登場する、

彦星、織姫の恋愛を表しているようで、

感慨深い物がありますよね。

 

Sponsored Link

 

 

七夕におすすめのそうめん6選を紹介!

七夕に食べるそうめんは、全国のスーパーや市場でも、もちろん購入できます。

 

でもせっかく七夕の由来や、そうめんを食べる理由を知ったなら、七夕の日には少し奮発して高級なそうめんを、行事食としてみてはいかがですか?

 

それでは、七夕に食べるおすすめのそうめんを紹介していきます。

 

 

七夕におすすめの南関そうめん

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

南関そうめん(南関素麺)37束【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】
価格:8772円(税込、送料無料) (2017/3/3時点)

こちらの七夕におすすめのそうめんは、

熊本県の名産として知られる、

南関そうめんです。

 

小麦の名産地として知られる南関地方に、

手延べ製麺が伝わり、

そうめんとして発達したのは、

江戸時代の初期と言われています。

 

この南関のそうめんは、

  • 非常にコシが強い
  • 延びにくい

これらの特徴があるので、

茹ですぎてしまっても冷蔵保存すれば、

次の日でも食べる事ができますよ。

 

細さを極めた高級白髪の、

七夕におすすめのそうめんです。

 

 

 

七夕におすすめの神崎そうめん

こちらの七夕におすすめのそうめんは、

佐賀県知事認定の神崎そうめんです。

 

吉野ケ里遺跡で知られる佐賀県の神崎は、

昔から農業に適した土地柄です。

 

そうめんを製造する際に用いるは、

地下100メートルの岩盤から、

染み出す地下水を特別な浄水器で、

アルカリイオン化しています。

 

また、代々伝わる石臼挽き麺は、

本格派の一品で、職人さんの、

技術が存分に詰まっています。

 

創業140年の伝統ある老舗メーカーの、

七夕におすすめのそうめんです。

 

 

 

七夕におすすめの島原そうめん

こちらの七夕におすすめのそうめんは、

350年の歴史がある島原そうめんです。

 

島原そうめんが人気の理由は、

雲仙を望む肥沃な大地と、

そうめん作りにぴったりな、

風と水がもたらした天然の結晶です。

 

伝統ある製法と徹底した品質管理は、

宮内庁へ献上する品としても、

とても有名ですよね。

 

湯で時間はわずか2分で出来る、

強いコシがあり後味がさっぱりとした、

七夕におすすめのそうめんです。

 

 

 

七夕におすすめの五色そうめん

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

手延べ五色そうめん(業務用)
価格:864円(税込、送料別) (2017/3/3時点)

こちらの七夕におすすめのそうめんは、

七夕にぴったりの五色そうめんです。

 

人口の着色料を一切使わずに、

  • 鶏卵
  • 抹茶
  • 梅肉
  • そば粉

自然の素材で着色されたそうめんで、

子どもにも安心ですね。

 

愛媛県の松山市は日本で初めて、

五色そうめんを作った街として、

有名ですよ。

 

陰陽五行説や五徳に基づいた、

五色短冊と同じような感覚で、

七夕の行事食を楽しめる、

おすすめのそうめんです。

 

 

 

七夕におすすめの小豆島そうめん

こちらの七夕におすすめのそうめんは、

日本一美味しいと呼ばれる

小豆島のそうめん「島の光」です。

 

このそうめんが人気の理由は、

純正ごま油を使用する事で、

品質が高くて味が変わりにくい

400年の伝統ある独自製法の賜物ですね。

 

また、全てのそうめんに対して、

熟練した調査員が品質確認を行い、

常に高いレベルで均一に、

一級のそうめんを提供し続けています。

 

全国では珍しいオリーブ果実入りの、

七夕におすすめのそうめんです。

 

 

 

七夕におすすめの稲庭そうめん

こちらの七夕におすすめのそうめんは、

秋田県名産の稲庭そうめんです。

 

350年以上の歴史ある伝統製法で、

14回のモンドセレクション最高金賞を、

受賞した大人気のそうめんですよ。

 

このそうめんの特徴は、

  • 油を使用しない製麺
  • 細くて長い麺
  • コシの強い麺

これらが人気の理由です。

 

茹で時間はなんと1分でできる、

七夕におすすめのそうめんです。

 

 

(関連記事)

 

いかがでしたでしょうか?今回は、

  • 七夕にそうめんを食べる由来と理由
  • おすすめのそうめん6選

この2点を紹介してきました。

 

夏の時期になると食卓で良く、

見かけるそうめんですが、

こういった歴史や背景を知ると、

またそうめんの良さを感じますね。

 

今年の七夕にはぜひ、

家族みんなでそうめんを行事食として、

楽しんでみて下さい!

Sponsored Link