土用の丑の日にうなぎと一緒に楽しめるワインが、

あったら更にうなぎを美味しく楽しめますね。

 

ワインにも飲み頃がある様にうなぎにも食べごろや旬がありますし、

脂の乗ったうなぎとワインのマリアージュは、

夏に食べれるタイミングが多く存在しているので、

新たにグルメな味覚を養うチャンスでもありますね。

 

蒲焼、白焼き、ひつまぶし、うなぎを存分に楽しめる、

夏にぴったりなワインと一緒に旬のグルメを楽しみましょう!

 

今回はうなぎとワインの美味しい合わせ方と、

うなぎとの相性がバッチリな赤ワインや白ワインを紹介します!

 

 

Sponsored Link

うなぎとワインの美味しい合わせ方!
赤ワインとうなぎの相性を紹介

まずはうなぎとワインの合わせ方を、

赤ワインとうなぎの相性に分けて紹介しましょう!

 

うなぎと言えば蒲焼がポピュラーでうなぎを楽しむ、

ファンに愛されている食べ方ですね。

 

うなぎ ワイン ワイン うなぎ

参照元http://image1-4.tabelog.k-img.com/

うなぎの蒲焼には赤ワインと言う定説がある様に蒲焼に使われる、

タレや薬味との相性が赤ワインにバッチリ合うのです。

 

ワインの本場フランスでもうなぎを使ったフランス料理があるので、

日本での楽しみ方とは少し違うテイストをワインで楽しんでみたいですね。

 

うなぎ本来の味というよりもうなぎのタレや薬味の山椒と言った、

個性の強い味に順応できる赤ワインを紹介していきましょう!

 

 

うなぎとワインの合わせ方×コート・デュ・ローヌ2012

シラー種のブドウを使い生産された赤ワインのコート・デュ・ローヌ2012が、

うなぎとワインに合う銘柄として注目されています。

 

インパクトのある味わいのシラーですので山椒の風味タレの

味わいを壊さずにワインの旨みを口の中に届けてくれるワインです。

 

蒲焼はもちろんですが原産国フランスでもうなぎをぶつ切りにして、

赤ワインで煮込むマトロートと一緒に赤ワインは楽しまれています。

 

フレッシュで果実味あふれる香りエレガントで滑らかなタッチが、

シラーの特性が活かされておりうなぎとワインの相性の良さが認識されます。

 

 

うなぎとワインの合わせ方×クローズド・エルミタージュ2011

こちらもシラーを使った赤ワインなのでうなぎとワインに合う、

銘柄としておすすめなクローズド・エルミタージュ2011です。

 

ブルゴーニュカリフォルニアなど名産ワインが生まれる地で、

修行した生産者のアイデアがすべて反映された傑作となっています。

 

シラー100%のワインなのですが洗練された味と果実味あふれる、

タンニンのまろやかさや丸みのある味わいが特長です。

 

赤ワインのうなぎ煮蒲焼とセットに楽しんでもらいたい、

一本ですしうなぎとワインの相性の良さを舌先で味わってください。

 

 

うなぎとワインの合わせ方×シャトーヌフ・デュ・パブ

シラー以外でうなぎとワインを合わせるのに、

ぴったりな品種がピノノワールとして有名ですね。

 

そのピノノワールから生産された赤ワインがシャトー・ヌフ・パブ、

ですがうなぎに山椒をいっぱい振りかける事でワインの味が生きてきます。

 

黒胡椒や甘草のスパイシーなテイストも感じられるワインですので、

蒲焼を食べる時に飲むのであれば山椒とのハーモニーを楽しめます。

 

マロラクティック発酵を通じて生成されたワインですのでその発酵が、

ワインの味をまろやかにするためうなぎの蒲焼との相性が良いカラクリです。

 

 

うなぎとワインの合わせ方×クラウディ・ベイ・ピノノワール

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クラウディ・ベイ・ピノ・ノワール [2013] Cloudy Bay Pinot Noir
価格:3866円(税込、送料別) (2017/3/2時点)

ニュージランド原産のピノノワールワインとして有名なのが、

クラウディ・ベイ・ピノノワールで稀少性の高さも有名な銘柄です。

 

ニュージーランドワインと言う珍しい品種おを世界的に知らしめた、

生産者のクラウディー・ベイのを冠してラベリングされた一本です。

 

うなぎの蒲焼との好相性はもちろん魚の照り焼き豚肉料理とも、

バッチリなワインですのでうなぎ以外とも組み合わせたいですね。

 

ピノノワールの品種がはっきり味わえるエレガントなテイストが、

これまでの人気を支えておりうなぎとワインの相性の良さを示しますね。

 

 

うなぎとワインの合わせ方×
クロー・ド・ネル カベルネ・ソーヴィニヨン

カベルネ・ソーヴィニヨンもうなぎとの相性が良いとされる、

品種ですのでシラーピノノワールと一緒に試したいですね。

 

重厚な赤ワインシャンパンとの相性もうなぎの蒲焼は相性が良く、

特別な楽しみ方とされていますがソーヴィニヨンとも好相性です。

 

うなぎの蒲焼と合わせて飲むとワインの味がしっくりと来ますので、

うなぎとワインを合わせる際に覚えておきたい一本です。

 

うなぎとワインの相性の良さが体感できる品種ですので、

ワインの自然な味うなぎの味わい共に良さを引き出すための最良のワインです。

Sponsored Link

ワインとうなぎの相性!白ワインとうなぎの合わせ方を紹介

うなぎとワインの美味しい合わせ方を、

赤ワインとうなぎの相性に分けて紹介した次は、

ワインとうなぎの相性白ワインとうなぎの合わせ方に分けて紹介します!

 

うなぎ ワイン ワイン うなぎ

参照元http://www.marukawaya.com/

赤ワインとうなぎの蒲焼はグルメやワインファンの、

間では定説になっていた事がよく理解できましたね。

 

そして同じくらい定説になっているのが白ワインと、

うなぎの白焼きの相性の良さですね。

 

うなぎの白焼きは蒲焼に比べて食べる頻度が少し、

低いですのでこれを機に白ワインと一緒に楽しみましょう!

 

 

ワインとうなぎの相性×
ルバイヤート 甲州シュールリー

うなぎの白焼きとワインをテイスティングする際に、

気をつけたいのがワインが持つ酸味ですね。

 

酸味が多いとうなぎとは噛み合わずに酸味だけ浮いて、

しまうので程よい酸味のワインを選びたいですね。

 

うなぎとワインの相性の良さを誇る甲州は程よい酸味で、

白焼きが楽しめる標準的なテイストの白ワインです。

 

うなぎとワインを合わせる際には酸味が控えめだけど、

少し感じる程度の白ワインが料理を楽しむプラスαです。

 

 

ワインとうなぎの相性×
ミシェル・ペカール ペルル・ブルー

マカベロが全体の40%含まれたスパークリングワインなので、

甘さを打ち消したうなぎとの相性の良さをおすすめできます。

 

うなぎと相性の良いロゼや甘口のワインもありますがやはり、

白焼きの香ばしさや風味を損なわないためには辛口が無難でしょう。

 

見た目のカリブ海を連想させる青とは真逆のテイストで作られた、

ミシェル・ペカールはうなぎとワインの相性の良さを示します。

 

程よい発泡感とうなぎの白焼きを楽しむのならば忘れずに、

うなぎとワインを合わせる際の一本にカウントしましょう。

 

 

ワインとうなぎの相性×ゴセ・ブラバン・キュヴェ

うなぎをシャンパンと一緒に流し込むならやっぱり喉越しや、

発泡間の強弱など繊細な部分までこだわったシャンパンが良いですね。

 

ゴセ・ブラバン・キュヴェはピノノワールが100%のシャンパンですので、

うなぎとワインの相性の高さを裏付ける一本です。

 

うなぎとワインを合わせる際にシャンパンとして用意しておきたい、

銘柄なので白焼き山椒とのハーモニーを存分に楽しめますね。

 

シャンパン自体銘柄によっては果実味や発泡感が全く違うので、

自信でうなぎと相性の良いシャンパンも見つけてください。

 

 

ワインとうなぎの相性×
カレン ソーヴィニヨン・ブラン

オーストラリアを原産国に持つカレンのソーヴィニヨン・ブランが、

うなぎの白焼きとの好相性を宣言する白ワインの一つです。

 

オーストラリア原産のワインということ自体珍しいことなのでオークションや、

買い付けが出来るイベントで探される熱心なファンも多いです。

 

うなぎの白焼きとのマッチング感は白焼きの焦げ目と、

樽香の香ばしさがマッチし定説以上のマリアージュをもたらします

 

うなぎとワインを合わせるなら白焼きに関してはこの一本ですし、

レモン山椒と兼ねてうなぎとワインの相性の良さを高めてください。

 

 

ワインとうなぎの相性×
ヴィオニエ・ラ・ヴィオレット

うなぎの白焼きには白ワインと言うグルメな識者や、

ワイン通が提唱するセオリー通りの白ワインがこちら。

 

ヴィオニエというブドウの品種が100%詰められた白ワインが、

ヴィオニエ・ラ・ヴィオレットですのでうなぎの白焼きのお供に是非。

 

ヴィオニエ自体がうなぎの脂分とのバランスが絶妙なため、

白焼きを美味しく味わうためのセオリーが支えられ続けているのかも。

 

うなぎにワインを合わせるなら覚えておきたい一本ですし、

蒲焼だけでなくうなぎとワインの相性の良さは白焼きとも証明されます。

 

 

 

 

いかがでしたか?

 

赤ワインや白ワインなどワイン全般は好きでも、

うなぎが苦手で食べれないと言う方は、

割と多いのではないでしょうか?

 

年齢を重ねると共に以前食べられなかった食材が、

食べられる様になったと言うのは良く聞く話ですし、

赤ワインの重厚さや白ワインの芳醇さの相乗効果で、

うなぎの生臭さを感じずに食べれる事もあるでしょうね。

 

土用の丑の日をおしゃれで華やかに迎える工夫として、

ワインとうなぎをセットでテーブルを囲む事をおすすめします。

 

今回はうなぎとワインの美味しい合わせ方と、

うなぎとの相性がバッチリな赤ワインや白ワインを紹介しました!

Sponsored Link

最後までご覧いただきありがとうございます