いたばし花火大会の打ち上げ花火参考元 http://itabashihanabi.jp

 

 

カキ氷が美味しい暑い夏がやってきましたね。

夏といえば海水浴やプール、祭りなどいろいろなイベントがたくさんありますね。

 

その中でも「花火大会」は、

日本の夏を感じられる

格別なイベントではないでしょうか?

 

浴衣を着て、カキ氷を食べて、大好きな友達や家族、恋人と特別な一日を過ごすのに「花火大会」は最適な行事ですね。

 

東京の花火大会の中で、

最大の「尺5寸玉」が夜空に輝く、

いたばし花火大会はご存知ですか?

 

関東エリアで「人気の花火大会ベスト5」に

入る東京都随一の花火大会ですよね。

 

そこで今回は、

東京板橋区のいたばし花火大会2017の

  • 場所や時間
  • 有料席情報
  • 穴場スポット4選

を、紹介させていただきます。

 

Sponsored Link

 

開催日程|いたばし花火大会2017

いたばし花火大会の打ち上げ花火参考元 http://itabashihanabi.jp

 

いたばし花火大会は、昭和25年に「東京の板橋区」と「埼玉の戸田町」との間で、境界変更が行われた事を記念して、昭和26年から「戸田橋花火大会」として開催されたのが始まりです。

 

いわば板橋区と戸田町の「友好関係の証し」が戸田橋花火大会でした。

 

途中に中断や名称変更があり、昭和63年の第30回から現在の「いたばし花火大会」となりました。

 

今年で58回を迎える歴史のある花火大会で、

まずは、2017年の開催日程や詳細について、

紹介していきます。

 

いたばし花火大会2017
  • 日程:2017年8月5日(土)小雨決行
  • 荒天時:8月6日(日)に延期
  • 時間:19:00〜20:30
  • 場所:東京都板橋区 荒川河川敷
  • 最寄り駅:都営三田線「高島平駅、西台駅、蓮根駅」・JR埼京線「浮間舟渡駅」
  • 電車1:都営三田線「高島平駅、西台駅、蓮根駅」各駅より徒歩約20分
  • 電車2:JR埼京線「浮間舟渡駅」より徒歩約20分
  • 電車・バス:東武東上線「成増駅、東武練馬駅」より国際航業バス利用 各バス停留所より徒歩約15分
  • 駐車場:なし(車での来場不可)
  • トイレ:会場内に仮設トイレあり 
  • お問い合わせ:03-3579-2255 (板橋区観光協会)
  • 大会HP:http://itabashihanabi.jp/

 

 

車でお越しになる場合は、最寄り駅より少し離れた駅に車を停めて、電車で行くことをオススメします。

 

いたばし花火大会の交通規制情報参考元 http://itabashihanabi.jp

 

会場周辺はどこも人混みを避けることが、難しくなっています。

 

また、当日の17:00~21:45頃まで、交通規制が行われるので、会場周辺は車両乗入禁止区域となります。

 

花火大会のスケールは、

同時開催される戸田橋花火大会と合わせて、

約12,000発の花火が打ち上げられます。

 

毎年約52万人の来場者が、

関東を中心に全国から花火ファンが、

集まる大きな夏のイベントです。

 

 

 

見どころは?|いたばし花火大会2017

いたばし花火大会の打ち上げ花火参考元 http://jyohorecipe.com

 

いたばし花火大会の会場は、

荒川河川敷の土手が、

座りやすい階段状になっているので、

花火を観覧するのに非常に適しています。

 

さらに、有料指定席も用意されており、

リーズナブルな席からグループ席まで、

非常に人気がありますよ。

 

まずは、2016年のオープニング映像(2:22)をご覧ください。

 

参照元 https://youtu.be/jD42_4mLNYo

 

ワイドスターマインのオープニングや、

花火競技大会で優秀な成績をおさめた、花火師10名による「芸術玉」は圧巻の一言です。

 

そして何より関東最大級の、

全長約700Mの「大ナイアガラの滝」は、

光、音共に迫力満点ですよ。

 

Sponsored Link

 

 

有料席の情報|いたばし花火大会2017

いたばし花火大会の有料席の位置参考元 http://itabashihanabi.jp

 

いたばし花火大会には、

有料の指定席が用意され、

花火を絶好の位置から、

見ることができるので人気があります。

 

 

有料席の購入方法

いたばし花火大会の有料席の発売日は、

2017年6月24日(土) 10:00~

一般発売が開始されます。

 

購入方法は3種類あり、いずれの方法でも、

チケット購入の際には6桁の番号である、

Pコード『635-476』が必要です。

 

当日券の場合は、Pコードは不要です。

 

店頭でチケットを購入する際は、

  • セブンイレブン
  • サークルKサンクス
  • チケットぴあ各店舗
  • 板橋区観光境界窓口

いずれかで購入する事ができます。

 

電話でチケットを購入する際は、

24時間受付となっている、

0570-02-9547の「いたばし花火大会専用窓口」にて予約が可能です。

 

インターネットでチケットを購入する際は、

チケットぴあへアクセス下さい。

 

チケットに関するお問い合わせは、

  • いたばし花火大会チケット事務局
  • 平日のみ・10:00-17:00

03-5315-4921へお電話下さい。

 

 

 

有料指定席の種類と位置

いたばし花火大会の有料席情報参考元 http://itabashihanabi.jp

 

注意事項は、全席禁煙となっております。

但し、会場内に喫煙スペースあります。

また、チケットは売切れ次第終了です。

 

未就学児は、大人の膝の上であれば、

人数に含まれませんので、ご安心下さい。

 

 

陸上競技場席|有料席

打ち上げ場所に近く

「ナイアガラの滝」花火を近くで楽しめ、

各国の料理や飲み物を購入できる、

フードコートも出店するプレミアムなゾーンです。

 

こちらの料金は、

  • テーブル付き席:28,000円/4枚1組(同時購入1組まで)
  • イス席:3,600円/1枚1人(同時購入8枚まで)
  • グループ席:28,800円/8枚1組(同時購入1組まで)

となっております。

 

 

プライムシート|有料席

ワイドスターマインなどの、

仕掛け花火の真正面に位置し、

「ナイアガラの滝」花火や、

尺5寸玉の打ち上げにも一番近い、

まさに特等席になっております。

 

こちらの料金は、おひとり様5,000円で、

同時に8枚まで購入が可能です。

 

 

S席|有料席

スタンド・シート席共に、大ナイアガラの滝を正面で鑑賞できる席です。

 

こちらの料金は、

  • S席: 3,100円/1枚1人(同時購入8枚まで)
  • グループS席:24,800円/8枚1組(同時購入1組まで)

となっております。

 

 

A席|有料席

少しナイアガラの滝が見づらいですが、打ち上げ花火を十分に楽しめる席です。

 

こちらの料金は、

  • A席: 2,600円/1枚1人(同時購入8枚まで)
  • ボックス席:10,400円/4枚1組 (同時購入2組まで)
  • グループ席:20,800円/8枚1組 (同時購入1組まで)
  • グループA席:24,800円/8枚1組 (同時購入1組まで)

となっております。

 

 

B席|有料席

ナイアガラの滝から多少距離がありますが、打ち上げ花火を十分に楽しめる席です。

 

こちらの料金は、お一人様2,100円で、

同時に8枚まで購入が可能です。

 

 

 

穴場スポット4選|いたばし花火大会2017

有料席は見やすく人気がありますよね。

 

また、無料の一般席も用意されていますが、

大人気の花火大会なので、

毎年すぐに満席になってしまします。

 

そこでお金をかけずに花火を楽しみたい方に、おすすめの穴場スポット4選を紹介していきます。

 

 

板橋川の荒川の土手|穴場スポット1

いたばし花火大会の穴場スポット|板橋川の荒川の土手

参考元 http://blogimg.goo.ne.jp

 

1つ目のおすすめの穴場スポットは、

少し会場から離れた、

板橋区の荒川の土手です。

 

荒川の河川敷であれば、

ある程度距離が離れていても、

綺麗に花火が見えますよ。

 

人混みが苦手な方は、少し離れた河川敷から花火を見るのがおすすめです。

 

 

 

 

イオンスタイル板橋前野町の屋上駐車場|穴場スポット2

いたばし花火大会の穴場スポット|イオンスタイル板橋前野町の屋上駐車場

参考元 https://www.trx.jp

 

2つ目のおすすめの穴場スポットは、

屋上から綺麗な花火が見る事ができる、

イオンスタイル板橋前野町の屋上駐車場です。

 

車で行くことが出来るので、

飲み物などもすぐに購入できて、

花火を綺麗に鑑賞するのに抜群の場所です。

 

 

 

 

戸田川の河川敷|穴場スポット3

いたばし花火大会の穴場スポット|戸田川の河川敷

参考元 http://www.1110city.com

 

3つ目のおすすめの穴場スポットは、

打ち上げ会場と反対側にある、

戸田川の河川敷です。

 

板橋区側よりも人が少ない上に、

花火を障害物なく綺麗に堪能できますよ。

 

ナイアガラに関しては、

会場から距離がある為、

すごく小さい見えるので、ご注意下さいね。

 

 

 

イトーヨーカドー錦町店の屋上|穴場スポット4

いたばし花火大会の穴場スポット|イトーヨーカドー錦町店の屋上

参考元 http://images.es-e-bukken.com

 

4つ目のおすすめの穴場スポットは、

戸田側の少し離れた場所にある、

イトーヨーカドー錦町店の屋上です。

 

屋上からゆっくりと、

花火をバッチリ鑑賞できる穴場で、

トイレや食料品にも困らなくて良いですね。

 

 

近年では穴場スポットでも、

混雑している傾向があります。

 

出来る限り早い時間帯から動いて、

良い場所を確保するようにして下さいね。

 

 

Sponsored Link

 

いたばし花火大会写真コンテスト

いたばし花火大会では毎年、写真コンテストが開催されています。

 

2016年のグランプリ作品は、

<カメラ部門>

いたばし花火大会の写真コンテスト・カメラの部

参考元 http://itabashihanabi.jp

 

<ケータイ・スマホ部門>

いたばし花火大会の写真コンテスト・スマホの部

参考元 http://itabashihanabi.jp

 

カメラだけでなく、スマホ部門があり、

気軽に誰でも参加する事が出来るので、

是非、チャレンジしてみてはいかがですか?

 

ご興味がある方は、

こちらをクリックして参照下さい。

 

 

 

花火大会にお出かけする方向けの記事

いたばし花火大会のスターマイン花火

参考元 http://four-seasons.xyz

 

花火には色々な名称があります。

花火の種類や名前については、

下記を参考にして下さい。

打ち上げ花火の種類は?スターマインなどを紹介!

 

また、こちらの記事を読まれた方は、

下記も参考にされています。

(浴衣の関連記事)

 

是非、浴衣姿でお出掛けする事を、おすすめします。

暑さ対策に扇子・うちわを持って、水分補給はお忘れなく。

 

 

 

あとがき

いたばし花火大会2017の情報は、

参考になりましたか?

 

スケールの大きい、

  • 大ナイアガラの滝
  • ワイドスターマイン

など、たっぷり味わえる花火大会ですね。

 

それでは、2016年のフィナーレ(2:03)をご覧ください。

 

参照元 https://youtu.be/WSYkbfSnJhg

 

有料席がやっぱり人気ですが、

荒川の河川敷であれば、

多少離れた場所からでも花火を、

綺麗に楽しむことができるので、

  • 板橋区側
  • 戸田市側の河川敷

のどこかに場所を確保できれば、

問題ないですよね。

 

ただ、それでも多くの来場者がやって来る人気の花火大会なので、ある程度の人混みは覚悟しておいた方がよさそうですね。

 

ただそれを補って余りある程、楽しく見ごたえのある花火大会なので、夏の楽しい思い出を作るのに最適な素晴らしいイベントですよ。

 

今回は、

東京板橋区のいたばし花火大会2017の

  • 場所や時間
  • 有料席情報
  • 穴場スポット4選

これらを中心に紹介しました。

 

Sponsored Link