隅田川花火大会の打ち上げ花火参考元 http://sumida.花火最高.com

 

いよいよ7月の最終土曜日の2017年7月29日(土)には、毎年恒例の隅田川花火大会が開催されますよね。

 

打ち上げ時間は19:05~20:30の間で、

雨天・荒天のため実施できない時は、

7月30日(日)に順延され、

両日とも実施できない時は中止となります。

 

今回は、隅田川花火大会2017を観覧できる、

  • 8種類の屋形船の情報
  • 屋形船の予約方法

などを中心に紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

屋形船から観覧とは?|隅田川花火大会2017

 

隅田川花火大会の屋形船

参考元 http://measuresbuzz.com

 

由緒ある隅田川花火大会は、数ある花火大会の中でも関東随一の人気を誇る花火大会です。

 

当然、混雑具合も尋常ではなく、余裕をもって会場に行っても、あまりの人の多さで、花火観賞どころではなくなるといったこともあります。

 

穴場を見つけたり、遠く離れたエリアから隅田川花火を楽しむのも一つの手かもしれません。

 

しかし、隅田川花火を間近で観覧する方法があります。それは、屋形船からの観覧です。

 

お酒やお料理を味わいながら、

船上からゆったりと観る打ち上げ花火は、

至福のひと時」ですよ。

 

料金はお一人様平均約3万円と、

やや高めの料金設定にはなりますが、

  • 満点の夏の夜空に咲く大きな花火
  • 美味しいお酒とお料理
  • ゆらゆらと煌めく屋形船の灯り
  • 夜のスカイツリーの幻想な景色

など、魅力がたくさんあります。

 

カップル、ご夫婦、会社の同僚や女子会、

屋形船に乗っての「大人の花火鑑賞」は、

最高の夏の思い出になること間違いなしですね。

 

Sponsored Link

 

 

屋形船の情報|隅田川花火大会2017

隅田川花火を屋形船から観覧する方法は、

  1. 乗合船 (他のお客様と一緒に乗船)
  2. 貸切船 (1つの船を貸し切って乗船)

上記の2通りがあります。

 

特に「乗合船」は、とても人気があり、

毎年予約が集中していますよね。

 

乗船券の発売日は、

概ね4月頃から予約が開始され、

6月中旬には売り切れになる、

屋形船もありますよ。

 

屋形船からの隅田川花火大会の映像(4:23)を、ご覧下さい。

 

参考元 https://youtu.be/S8BSpAfWI20

 

それでは、隅田川花火を観覧できる、

  • 8種類の屋形船
  • 屋形船の予約方法

を、紹介していきます。

 

 

瀬川丸|隅田川花火の屋形船1

隅田川花火大会の屋形船|瀬川丸参考元 http://www.segawamaru.com

 

1つ目の隅田川花火を観覧できる屋形船は、

瀬川丸です。

 

東京の下町深川に船宿をかまえて、

50年あまりになる老舗の屋形船会社です。

 

貸切プランは、80名(最低料金50名)の屋形船になっていますので、大勢で楽しむ事が出来ますね。

 

もちろん乗合いプランもありますが、

毎年すぐに売り切れになっています。

 

また、隅田川花火以外にも、

「足立の花火大会」などにも、

屋形船が出航されています。

 

乗船料金はお一人様、

¥20,000円となっております。

 

ご予約をご希望の方は、

こちらをクリックしてご確認下さいませ。

 

 

 

山田屋|隅田川花火の屋形船2

隅田川花火大会の屋形船|山田屋参考元 http://www.t-greentec.com

 

2つ目の隅田川花火を観覧できる屋形船は、

山田屋です。

 

こちらは大人20名から予約できる、

貸切船で有名な屋形船です。

 

料金も比較的リーズナブルに設定され、

  • 大人15,000円(税別)
  • 子供10,000円(税別)

人気がありますよね。

 

こちらも隅田川花火大会の他にも、

  • 東京湾花火大会
  • 江東区花火大会

などにも屋形船を出航させ、

花火と食事を楽しむ事が出来ます

 

ご予約をご希望の方は、

こちらをクリックしてご確認下さいませ。

 

 

 

中金|隅田川花火の屋形船3

隅田川花火大会の屋形船|中金参考元 https://yakatabune-hikaku.net

 

3つ目の隅田川花火を観覧できる屋形船は、

中金です。

 

こちらの屋形船は乗合船として、

  1. 1号船「展望デッキ船」
  2. 2号船「展望デッキ船」
  3. 3号船「観覧船」

花火大会の日に3隻出航する予定です。

 

種類によって乗船料金が変わり、

お1人様21,000〜31,500円となります。

 

また、伝統ある屋形船に、

一人からでも利用する事が出来るので、

人気がありおすすめですよ。

 

ご予約をご希望の方は、

こちらをクリックしてご確認下さいませ。

 

 

 

釣庄|隅田川花火の屋形船4

隅田川花火大会の屋形船|釣庄参考元 https://uds.gnst.jp

 

4つ目の隅田川花火を観覧できる屋形船は、

釣庄です。

 

東京スカイツリーから、

徒歩10分の所にある地元の船宿です。

 

宿泊しているホテルや旅館(現地から30分以内)でしたら、送迎バスのサービスがあり人気があります。

 

こちらも隅田川花火の他に、

東京湾花火大会へも出航しています。

 

ご予約をご希望の方は、

こちらをクリックしてご確認下さいませ。

 

 

 

船宿田中屋|隅田川花火の屋形船5

隅田川花火大会の屋形船|船宿田中屋参考元 http://yakabune.com

 

5つ目の隅田川花火を観覧できる屋形船は、

船宿田中屋です。

 

つい立てのある乗合船で、

乗合を感じさせない屋形船は、

個室空間を大切にしたい方におすすめです。

 

座敷の内装は和のテイストで、

窓も広めに設計されているので、

花火をゆったり鑑賞できますよ。

 

乗船料金は、

お一人様32,400円となっております。

 

ご予約をご希望の方は、

こちらをクリックしてご確認下さいませ。

 

 

 

あら川丸|隅田川花火の屋形船6

隅田川花火大会の屋形船|あら川丸参考元 http://www.arakawamaru.jp

 

6つ目の隅田川花火を観覧できる屋形船は、

あら川丸です。

 

レトロな街・月島からの屋形船は、

江戸の雰囲気を満喫できますよ。

 

花火大会以外の日は、

  • レインボーブリッジ
  • スカイツリー

の景色を屋形船から鑑賞できます。

 

こちらも隅田川花火大会の他に、

足立花火大会にも出航しています。

 

乗船料金は、お一人様32,400円で、

20名から貸し切りに出来ますよ。

 

ご予約をご希望の方は、

こちらをクリックしてご確認下さいませ。

 

 

 

須原屋|隅田川花火の屋形船7

隅田川花火大会の屋形船|須原屋参考元 https://c-r.gnst.jp

 

7つ目の隅田川花火を観覧できる屋形船は、

須原屋です。

 

大型の屋形船は、スカイデッキ仕様で、

花火大会の空気感を思う存分、

体で感じる事が出来ますよ。

 

また、快速線は屋根がなく、

満天の花火の空を見上げる事が出来ます。

 

ただし、料理の提供がありませんので、

食べ物は持ち込みとなります。

 

乗船料金は、2名から参加が可能で、

お一人様¥18,000となります。

 

ご予約をご希望の方は、

こちらをクリックしてご確認下さいませ。

 

 

 

三河屋|隅田川花火の屋形船8

隅田川花火大会の屋形船|三河屋参考元 https://imgfp.hotp.jp

 

8つ目の隅田川花火を観覧できる屋形船は、

三河屋です。

 

老舗船宿でいただく本格江戸前料理を、

花火と一緒に堪能できますよ。

 

東京湾クルージングに、

定評がある屋形船ですよね。

 

また、隅田川花火大会の予約は、

すぐに満席になってしまうので、

早めの確認が必要です。

 

乗船料金は乗合の場合

1人様32,400円となります。

但し、貸し切りでは乗船料が変わります。

 

ご予約をご希望の方は、

こちらをクリックしてご確認下さいませ。

 

2017年の隅田川花火大会の乗船は、

既に満船となっております。

 

 

 

屋形船を予約|隅田川花火大会2017

上記で紹介した屋形船以外にも様々な屋形船が、隅田川花火大会の日は運航します。

 

屋形船の予約をまとめて調べれるサイトは、

こちらを是非、参考にしてください。

 

すでに屋形船が満船だけど、

どうしても船からの隅田川花火を眺めたい、

という方にはクルーズ船がありますので、

こちらをクリックして確認下さいませ。

 

 

 

隅田川花火大会とは?

隅田川花火大会とスカイツリー参考元 https://cdn.mamanoko.jp

 

隅田川花火大会は、

  • 東京湾大華火祭
  • 江戸川区花火大会

と並んで、東京の「三大花火大会」と言われています。

 

その中でも歴史が古く、最も知名度が高いのが、隅田川花火大会ですよね。

 

鑑賞者の数も非常に多く、毎年100万人近くの人が来場します。

 

例年、会場近辺は混雑必至なので、観賞するための準備をしっかりして、臨みたいものです。

 

隅田川花火大会の穴場スポット会場周辺の情報は、下記を参考にして下さい。

(関連記事)

隅田川花火大会2017|日程・穴場スポット・花火が見えるホテルは?

 

混雑してゆっくり花火を観ることが、

出来なかったという事にならない様に、

事前に確認しておいて下さいね。

 

Sponsored Link

 

 

隅田川花火大会の歴史と由来は?

隅田川花火大会の打ち上げ花火参考元 http://orewayaru.com

 

隅田川花火大会の歴史は古く、1733年の江戸時代中期に両国の川開きに水神祭が実施され、その際に花火を打ち上げたのが始まりと言われています。

 

当初は「鍵屋」が担当し、後に「玉屋」も参加し、2業者体制となりました。

 

そして鍵屋と玉屋が交互に花火を打ち上げ、観客は双方の花火が上がったところで、良いと感じた業者の名を呼びました。

 

これが、花火見物でお馴染みの、

  • 「たまやー」
  • 「かぎやー」

花火での掛け声の由来にもなっています。

 

 

 

花火大会にお出かけする方向けの記事

花火には色々な名称があります。

花火の種類や名前については、

下記を参考にして下さい。

打ち上げ花火の種類は?スターマインなどを紹介!

 

また、こちらの記事を読まれた方は、

下記も参考にされています。

(浴衣の関連記事)

 

是非、浴衣姿でお出掛けする事を、

おすすめします。暑さ対策には、扇子・うちわを持って、水分補給はお忘れなく。

 

 

 

あとがき|隅田川花火を屋形船から観覧

隅田川花火大会の屋形船の情報は、お役にたちましたか?

 

昔ながらの情緒が味わえる屋形船に乗って、ゆったり贅沢に隅田川花火大会を楽しむのもありですよね。

 

ただ人気の屋形船の予約を取る事は至難の業なので、早めにチェックして、予定が決まれば急いで予約を入れる必要があります。

 

そして今年は是非、浴衣を着て、屋形船から素敵な花火を楽しんで下さいね。

 

今回は、隅田川花火大会2017を観覧できる、

  • 8種類の屋形船の情報
  • 屋形船の予約方法

などを中心に紹介しました。

 

Sponsored Link