言葉の響きだけであま~い感じが想像できちゃうもの。

間違いようのない香りに誰もが引きつけられるもの。

色は地味な茶色なのに、持ってる雰囲気は何だかピンクなもの。

それは何でしょう?

そう、チョコレートです。

チョコレートって小さい子どもから大人まで幅広い年齢層に受け入れられているお菓子の代名詞みたいな存在ですよね。

ただでさえ存在感の大きいチョコレートですが、その存在感が抜群に大きくなるのが!

言わずと知れたバレンタインデー。

バレンタインと言ったらチョコを連想するくらい、バレンタインとチョコって切っても切れない間柄。

男女ともにそわそわしちゃう年に一度のイベント、バレンタインデー。

最近では、女の子から愛の告白ができる日、なんていう一昔前の意味合いより、大切な人に日頃の感謝の気持ちを込めてチョコを贈る、という本来の意味合いに近づいているようです。

そんなバレンタインデーに10代女子達から人気が高くて選ばれる事も多いチョコレートをご紹介しましょう!

Sponsored Link

 

10代女子達はバレンタインデーにどんな人へチョコを渡す?

まず、全世代の女性を対象にした、バレンタインデーにチョコレートを渡すのはどんな相手か?尋ねた2013年に行われた世代全体平均の調査は以下の通り。

1位:「彼氏・旦那さん」

2位:「親」

3位:「友達・同僚」

だったそうです。

特徴的なのが「友チョコ」と言われる「友達・同僚(女性)」へ渡すチョコレート。

10代では最も多く、全体の30%を占めていて、10代女性がチョコレート渡す相手の1位なんだそうです。

もちろん!好きな男の子にチョコを渡す10代女子も健在です。

(全体平均の2割ぐらいですが。)

問題はどうやって渡すか?「学校には学業に関係ないもの持ってきちゃいけません」的な校則もあるでしょうから、学校内や学校付近で渡すことは難しい方もいることでしょう。

家に行く、通学路で待ち伏せする…、いろいろ考えすぎると重たくなってしまいがちですが、渡す時には「はい!あげるー。」という感じでいたってあっけらかんと渡すパターンが多いようですね。

中学生ともなると思春期を迎え、少しずつ周りからの視線を気にし出す年頃でもあります。

仮に学校のクラスで好きな男子生徒がいたとしても、勇気を出して告白したほうが後悔しないケースが多いようですね。

もらう男子生徒もいきなりチョコをもらうことが恥ずかしかったり傷ついたりはしないと言う答えが多かったのも事実。

それでももし、あまり喋ったことのない男子生徒にチョコを渡したいのであれば、バレンタインデーより前に仲良くなって距離を近づけておくのもベストですね。

それでも、本命と義理の違いはきっちり意識しているのが女性。

価格やブランドでシビアに差をつけちゃってます。

今やスーパーやコンビニでも各種ブランドのチョコを手に入れることができますが、本命チョコとしての一番人気ブランドはゴディバ

まさにチョコレートの代名詞みたいになっていますよね。

価格的にも幅があって、10代の女子中高生でも手を伸ばすことができるようです。

その他ベルギーの発のチョコブランドピエールマルコリーニノイハウス

フランスのピエール・エルメ・パリジャン・ポール・エヴァン

我が国日本では北海道のロイズも高い人気です。

Sponsored Link

「バレンタインデーなんて、意識するのも腹が立つ!」とか思ってる男性でも、もらえたら嬉しいのがチョコレート。

もしそのチョコが本命であっても義理であっても、美味しければ嬉しさ倍増。

贈る側の一番人気はゴディバでしたが、もらう側の一番人気もやっぱりゴディバ。

さすが、チョコレートの代名詞!

ゴディバのチョコレートは、間違いなくおいしいでしょうが、友チョコ人気が8割を占める10代であれば、ゴディバではないけれどおいしいチョコレートをたくさん知ってますよね。

有名どころのチョコブランドランキングは言わずもがな。

ここでは、より身近なランキングをご紹介いたします。

10代女子に人気の高い、リーズナブルチョコブランドランキングはこちら!

ここからは10代女子に人気の高いお手頃なチョコをランキングでご紹介しましょう!

好きな人や彼氏に渡すというよりも、仲の良い友達同士で共有し合うイメージが強いですね。

後ほどプレゼント用に人気の高いチョコもご紹介しますので、先にこちらをご覧ください!

第10位:カバヤ(さくさくパンダ、あっさりショコラなど)

 

カバヤ

参照元https://www.kabaya.co.jp/index.html

サクサクした食感とかわいいパンダの型が印象的ですね。

第9位:不二家(ルックなど)

 

不二家

参照元http://www.fujiya-peko.co.jp/look/lineup.html

チョコの中にアーモンドやバナナ等のクリームを挟んだアイデアは不二家ならでは。

第8位:有楽製菓(ブラックサンダーなど)

 
有楽製菓

参照元http://www.arata-web.jp/archives/1730/

お菓子業界に革命を起こしたチョコ。アイスブラックサンダーもオススメです。

第7位:チロルチョコ(チロルチョコ)

 

チロルチョコ

参照元http://www.tirol-choco.com/

一つとして同じ味のないチロルチョコはお菓子の世界では永遠のベストセラー。

第6位:森永製菓(チョコボール、ダースなど)

 
森永製菓

参照元http://www.morinaga.co.jp/index.html

12個もあるチョコを食べ続けても飽きない美味しさは森永製菓の一人勝ちですね。

第5位:ブルボン(アルフォート、ブランチュールなど)

 

ブルボン

参照元http://www.bourbon.co.jp/

クッキーとチョコが合わさったハーモニーがこんなに美味しいとは衝撃的でした。

第4位:江崎グリコ(ポッキー、ギャバなど)

 

江崎グリコ

参照元http://pocky.jp/

毎日食べても飽きません。日本が世界に誇るお菓子の代表例ですね。

第3位:ネスレ(キットカットなど)

 
ネスレ

参照元http://www.nestle.co.jp/

バレンタインデーと同じ時期に訪れる受験シーズンでは願掛け的に食べれるのが嬉しいですね。

第2位:ロッテ(ガーナ、コアラのマーチなど)

 

ロッテ

参照元http://www.lotte.co.jp/products/brand/ghana/top.html

甘過ぎず苦過ぎず程よい甘さのガーナチョコは世代を超えて愛されていますね。

第1位:明治(ミルクチョコレート、たけのこの里など)

 
明治

参照元http://www.meiji.co.jp/

全てはここから始まったと言っても過言ではない不思議な安心感をミルクチョコは齎してくれますね。

どれも、長い歴史のあるブランド名やお菓子名で人々に長く愛されていますよね。

美味しいから、食べると幸せな気持ちになれるから、多くの人々に愛されます。

特別な日に、特別な人には、特別なものを…と思う気持ちは大事です。

でも、もっと大事なのは、その人を思う心です。その心が伝わると、美味しくって幸せな気持ちを双方味わうことができます。

10代女子達が本命に渡す!?人気チョコはこちら!

それではバレンタインデーに10代女子達にから人気の高いチョコレートブランドをご紹介します!

本命チョコに渡すもよし、友達同士で食べるもよし、自由に選んで楽しんでください♪

ゴディバ

 

 

バレンタインデーに人気のあるチョコレートと言えば、ゴディバですね。

バレンタインデーシーズンに合わせて新作のチョコレートが販売されるアイデアも斬新ですね。

10代女子ならずとも、バレンタインデーに人気のチョコとして不動のブランドですね。

ピエール・マルコリーニ

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ピエールマルコリーニ Pierre Marcolini セレクション 8個入り …
価格:5200円(税込、送料無料) (2017/3/2時点)

 

ゴディバと同じくらい有名なベルギー発チョコブランドといえば?

ピエールマルコリーニですね。

日本限定発売となったハンドメイドボックスのチョコはバレンタインデーに人気チョコとしてランクインすること間違いなしですね。

ノイハウス

 

 

同じくベルギー発バレンタインデーに人気のチョコと言えばノイハウス。

クラシックなチョコの味わいを楽しむならベルギーチョコという定説が確立されつつありますね。

10代の女子達からバレンタインデーに人気のチョコとして選ばれる理由がわかりますね。

ピエール・エルメ・パリ

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ピエール・エルメ・パリ】ボンボン ショコラ 14個詰合わせ
価格:5670円(税込、送料別) (2017/3/2時点)

 

スイーツ王国フランスの風を浴び、日本でも脚光を浴びてるチョコレートがピエール・エルメ・パリ。

フランスの菓子職人の緻密なデザインが表現されたアーティスティックなチョコレートですね。

10代女子が本命に選ぶチョコとして、バレンタインデーに人気チョコとして選ばれる理由は味とデザインが決め手ですね。

ジャン・ポール・エヴァン

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パリのチョコレート屋さん [ ジュウ・ドゥ・ポゥム ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/3/2時点)

 

こちらも同じくフランスからやって来たオシャレなチョコレート、ジャン・ポール・エヴァン。

ゴディバやベルギーチョコのようなビターなチョコを渡すより、オシャレで繊細なチョコの味が好きな方には喜ばれる一品。

オシャレ好きな10代女子がバレンタンデーに人気なチョコとして選ぶのがジャン・ポール・エヴァンのチョコだとしたら理由がわかりますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

バレンタインデーに10代女子から人気のチョコを特集してみました。

チョコを通じて世界が平和になることを願って、町中に愛があふれるといいですね。

Sponsored Link

最後までご覧いただきありがとうございます