発泡酒ってマズいですよね、

発泡酒が注がれたグラスに鼻を近づけると、

何とも言えない薬品臭さを嗅いでしまい、

発泡酒が原因で気分が悪くなった方は、

割と多いのでは?

 

発泡酒はワインやウィスキーなど、

天然資源を原材料に用いて作られた、

お酒の種類の中では本来存在しない飲料ですし、

税収確保のために作られた発泡酒は、

世界中を見渡しても日本にしか存在しない、

歪なアルコール飲料です。

ビールを模倣して酒税を確保するために、

麦芽比率を低くしてその隙間に人工甘味料や、

化学薬品を投入させビールの亜流として、

様々な種類の発泡酒を誕生させた、

日本の飲料メーカーはある意味では天才かもしれません。

 

ただ、

そんなマズい発泡酒を飲み続けるのには、

限界がありますしそもそも適正な麦芽比率で作られ、

税収の柱にもなっているビールが存在する以上、

決して味覚面では越えることが出来ない比較対象が、

根付いているのでどうあがいても発泡酒が、

ビールに勝つ=ビール以上に発泡酒の味が支持される、

こんな事は起こるはずもありませんね。

 

今回は発泡酒がクサくてマズいのはなぜか?

クサくてマズい発泡酒悪酔いしたりアレルギーになったり、

デメリットだらけなのかを紹介!!

Sponsored Link

発泡酒はなぜクサくてマズいのか?

発泡酒はなぜクサくてマズいのか?

検証していきましょう!!

 

そもそも発泡酒がマズいと言う多くの声が、

存在するのはビールと言う比較対象が存在し、

ビールと比較すると発泡酒はマズくてクサイと言う、

大前提が存在しますね。

 

 

発泡酒が臭くてマズいのはなぜ?味覚編

ビールがなぜ美味いか?と言うメカニズムも、

科学的に実証済みであるために、

発泡酒のマズさが浮き彫りになっているため、

もしビールがこの世に存在して居なければ、

発泡酒の立ち位置ももしかしたら、

もう少し異なって居たかもしれないですし、

発泡酒自体も当然この世には、

存在していなかったかもしれないですね。

ビール自体日本発祥のお酒ではなく、

日本で初めてビールが製造されたのは、

江戸時代であったと言う文献が、

確認されているため日本で初めてビールを醸造した、

人物が現代の発泡酒を仮に見たとしたら、

科学進歩の発展の目覚ましさに驚いている事でしょう。

 

ただそこにビールと同じ様な旨みを発泡酒に宿す、

醸造法が確立されていれば何も問題はないでしょうが、

発泡酒はビールと製造方法が違うため、

ビールと同じ味やうまさを求めてしまうのは、

土台無理な話なのは既にご理解頂いているでしょう。

ビールに比べて発泡酒に含まれている麦芽量が、

少ない上にそこへ合成甘味料や食品添加物を含み、

製造された発泡酒をマズく感じるのは、

天然の麦芽を使用し作られたビールの味に、

慣れている人からすれば当然の感覚と言えますね。

 

職場や友人同士の飲み会で小額をケチって、

ビールを発泡酒にするのは間違ってもおすすめできません。

 

なぜなら発泡酒がクサいと感じるのは、

自宅で発泡酒を飲む時よりも居酒屋や、

外食時に飲食店で提供される発泡酒を、

口に運んだ時に感じることが多いからなのです。

 

 

発泡酒がマズくてクサイのはなぜ?臭い編

発泡酒はクサいと外食時に感じた事が、

あると言う方は発泡酒を提供した飲食店側の、

衛生管理に問題があって生じたアクシデントでしょうが、

それ以外に例えばスーパーなどで購入した、

缶の状態の発泡酒を自宅で飲もうとした時、

クサいと感じたならやはりそれは発泡酒に含まれた、

合成甘味料から生じる薬品臭さかもしれません。

発泡酒に含まれている人工甘味料やは広義として、

食品添加物のカテゴリーに分類されるかと思いますが、

食品添加物は界面活性剤を代表とする様に、

本来混ざり合うことのない水と油を混ざり合わせるなど、

自然界では不可能な物質を人工的に作り上げる際に、

重宝される化学物質ですね。

 

しかし食品添加物が含まれた飲食物を、

摂取する事で人体に悪影響を及ぼす副作用が、

表面化し疾病につながると言う厄介な問題は、

すでに常識的に認知されている知識です。

もちろん発泡酒も例外ではなく、

発泡酒に含まれている合成甘味料も、

もちろん食品添加物なのでその副作用として、

発泡酒で晩酌した翌日は顔がむくんでいたり、

ビール本来の匂いではない酒臭さが残ったりと、

発泡酒を飲む事は百害あって一利なしなので、

今すぐ発泡酒を断酒し炭酸水かビールに変え、

体調管理を徹底させたいところですね。

 

そしてそれ以上に問題なのは、

発泡酒のマズさより発泡酒に含まれている、

食品添加物や人工甘味料と言った、

化学合成された物質が人体に及ぼす悪影響です。

Sponsored Link

発泡酒はなぜ悪酔いする?

発泡酒はなぜクサくてマズい原因を紹介した後は、

発泡酒はなぜ悪酔いするのかと言った点に、

フォーカスしてみましょう。

 

 

発泡酒はなぜ悪酔いする?

そもそも悪酔いとはなんなのか?

悪酔いと二日酔いがごっちゃになって、

区別が付いていない人も中に入るのでは?

要するに体内に宿っている分解酵素が、

合成甘味料や人工化合物を分解しきれず、

嘔吐や吐き気などの症状を表面化させます

 

まさに発泡酒が作られる過程で用いられる、

食品添加物などが悪酔いを引き起こしている、

直接の原因だと考えられますね!!

 

発泡酒が人体に悪影響を及ぼす原因が、

多用されている食品添加物による副作用として、

顔がむくみ過剰なアルコール臭を発する、

悪酔いが顕著に感じられた以内の分解酵素が、

処理できないほどの人工甘味料が含まれているなど、

書き出すとキリがないくらいのデメリットが、

発泡酒を飲む上で襲いかかって来ますし、

それら以上に最も問題視されている、

発泡酒を飲む上での最大のデメリットが、

まだ残されています。

 

それは遺伝子組み換えトウモロコシが、

発泡酒の原料として、

使用されていたと言う事実です。

遺伝子組み換え物質を含んだ飲食物を、

人体で消化した事で発生する悪影響は、

むくみや悪酔いなどの日ではないくらい、

凄まじいものです。

 

発がん性物質が含まれていたり、

アレルギーを誘発したり女性であれば、

妊娠した際胎内に宿った赤ちゃんが、

奇形児になってしまったりと、

人体に致命的な欠損を生んでしまうほどの、

悪影響を及ぼす遺伝子組み換えトウモロコシを、

使用した発泡酒が発見されたと言う時点で、

懸命な消費者は発泡酒を購入する事なく、

断酒か別の飲料を選び事でしょう。

Sponsored Link

いかがでしたか?

 

人工甘味料や化学調味料で作られた発泡酒は、

ビール好きやお酒好きな人からすれば、

到底受け付けられるものではないですね。

 

飲料メーカーがビールの亜流として作った、

発泡酒は天然のホップを主原料に作られた、

ビールに敵う訳がなくビールが飲みたいけど、

高くて買えないという方向けに作られたお酒なので、

ビールと製造方法が異なる以上ビールと同じ、

飲料感覚を求めるのは無理がありますね。

 

結論からいうと発泡酒は飲まない方がいいです。

 

発泡酒を多めに買い溜めてしまったけど、

マズくて飲むのを放棄してしまった方は、

上記した発泡酒カクテルを作り、

発泡酒ではない別のお酒として飲めますし、

ビールが飲みたいけど高くて買えない方は、

安易に発泡酒を買って妥協するのをやめて、

炭酸水を買って飲む事で炭酸感を味わえるので、

ちょっとした禁酒効果にもつながります。

参照元http://diamond.jp/

そして発泡酒が作られたメカニズムとして、

最も気をつけないといけないのが、

糖質オフや糖質フリーと言ったキャッチコピー。

 

あたかも発泡酒を飲んでも太らないかの様に、

錯覚してしまう巧妙なキャッチコピーですが、

それは真っ赤なウソ。

 

ビールと比べて糖質を抑えて作られた発泡酒は、

糖質を抑えるために加えられた食品添加物が、

山盛り混入されて居ます。

ビールが買えない→発泡酒を買う→悪酔いする

飲みすぎる→病気になる

 

ビールより安い発泡酒を買ったおかげで、

太ったり痛風になってしまうと言う、

漫画みたいにバカげた実話を作らない様に、

発泡酒を飲むくらいならビールか炭酸水を買って、

心地よい飲酒ライフを送りましょう!!

 

今回は発泡酒がクサくてマズいのはなぜか?

クサくてマズい発泡酒悪酔いしたりアレルギーになったり、

デメリットだらけなのかを紹介しました!!

Sponsored Link

最後までご覧頂きありがとうございます