学生社会と大人社会の間にある高校生。

 

子供から大人へと脱皮する第一のステップとして、

アルバイトも出来る年齢になり、

お金を稼ぐことの大変さを体感出来る年代になってきた高校生にとって、

お年玉は天からの授かりものと思えるくらい、

嬉しいご褒美になるんではないでしょうか?

 

今回は高校生に渡すお年玉の平均を紹介!

高校生のお年玉の使い道も紹介

Sponsored Link

高校生のお年玉平均はいくら?

お年玉と一言で言っても、大人から見れば憂鬱なイベントですし、

子供から見れば年に一度のボーナスがもらえる嬉しいイベんですね。

そんな年に一度お年玉と言うボーナスがもらえるのも高校生活が最後かな〜

とぼんやり想像している高校生のみんなも多いと聞きます。

高校生活を卒業したら就職して社会人になる人生もあれば、

大学生になって学業とアルバイトを両立しながら生活する人生、

どちらか2択を迫られている以上、そう思うのは必然ですよね。

そんな大人の階段を登り始める高校生活を満喫するために

年の初めのお正月にもらえるお年玉の平均はいくらくらいなんでしょうか?

 

 

高校生のお年玉平均額はこちら!

まずは、高校生を子供や親戚に持つ20歳以上の1,548人の大人世代から回答を得た、

2015年のお正月は高校生にお年玉をいくら渡すか?平均金額の調査結果を発表します!

1位¥5,000〜¥10,000未満(39.5%)

2位¥10,000〜¥15,000未満(20.6%)

3位あげない(15.2%)

4位¥4,000〜¥5,000(13.6%)

5位¥3,000〜¥4,000(3.7%)

と言う結果になっております。

 

注目なのは第3位の「あげない」という回答が15.25%あったというのが驚きですね!

やはり高校生ともなればお年玉を与えないという親御さん、親戚の方もいらっしゃる様です。

裏を返せば、アルバイトができる年齢にもなり、経済的自立が出来る様にもなり、

一人前の大人として扱われる様になったと言う喜ばしいことでもありますね。

また住信SBIの調査によると、2012年に高校生が受け取ったお年玉の平均額は

1人辺り¥8,473

という結果が出ていました。

 

小学生や中学生と違い大人扱いされる様になる高校生にとって、

お年玉を受け取る金額は¥10,000以内が妥当なようですね。

Sponsored Link

高校生が貰ったお年玉の使い道は?

大人へのステップを踏む第一歩として高校生活を意識しながら過ごす男女から見れば、

お年玉の使い方もやはりどう言う風に使うかセンスが問われるところですね。

高校生の男子と女子によっては、

お年玉の使い方が別れるという調査結果もまた面白いところですね。

男子高校生が使うお年玉の使い道はゲームソフトやブルーレイレコーダー、

楽器やCDと言った趣味にお年玉を使う傾向が強いのに対して、

2012年の新春にgirls research pressが調査した

ギャル女子高生達のお年玉の使い道が以下の通りです

1位:洋服や福袋を購入(55.%)

2位:貯金(5.1%)

3位:化粧品を購入(4.9%)

もう完全に大人の女性が普段消費するお金と変わらないお年玉の使い方ですね(笑)

洋服や化粧品購入への諸費がほとんどなのに対し、

2位の貯金に5.1%お年玉を回してる所がギャル女子高生達の気休めですね(笑)

ただ、やはり男子高校生と違って、美しさに対してお年玉を使うところは、

立派な一人前の女性と言う感じがしますね。

お金の使い方も大人になるにつれてバランスよく消費できると良いですよね(^^)

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

高校生ともなればアルバイトも出来る年齢になり、

徐々に大人の世界に足を踏み入れつつある年代ですよね。

 

これからはお年玉をもらう側から、

あげる側へとチェンジしていく高校生の皆さんや、

お年玉をいくら渡すか考えている親御さん、

大人世代の方への参考になれば幸いです。

 

今回は高校生に渡すお年玉の平均を紹介しました!

高校生のお年玉の使い道の参考にしてみてください!

Sponsored Link

最後までご覧いただきありがとうございます。